本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMstyle公開セミナー(お客様の声)

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プロジェクトマネジメント、PMO、プログラムマネジメント、ポートフォリオ、マネジメント、リーダーシップについての最先端のセミナーを『 プロジェクトをビジネスのエンジンにする 』をテーマに、開催しています。

お客様の声 

カテゴリー お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果) ご参加セミナー
物の考え方や思考法について 常々、論理的思考が弱いと思っていたのですが、システム思考とクリティカルシンキング等、他の方と演習ができて良かったです。また、直観からスタートして、論理を組み立てる、論理は説明・検証のためと言われて、目からウロコが落ちる思いでした。 コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法
「例えがでてこない考え(アイデア)は、考えられていない」そのことが一番しっくりきた言葉でした。 クリティカルシンキング入門
more  
体系化、頭の整理について 今までなんとなくやっている事が形になり、理解できるようになった気がします。誰もが納得する『主観』というのは、腑に落ちました。 コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法
日々、直感的にやっていることであるが、それを系統立てて、振返ることができて、頭の整理ができた。また、ステークホルダーの範囲については、新たな認識を持てたことが良かった。 プロジェクトを成功させるステークホルダーマネジメント
more  
コンセプチュアルスキルについて 特に後半のエクスサイズを通して、コンセプチュアルに思考する上で何が足りなかったか、説明していただき、理解が深まりました。表面的には似たようなことを考えているつもりでも、思考の範囲や深さが違うことで本質が正しく見極められないことがよくわかりました。今後の業務に積極的に取り入れていきます。 コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル
プロジェクト監査のポイントが理解できました。監査も俯瞰して見るので、コンセプチュアル思考に興味を持った。 プロジェクト監査の理論と実際
more  
ヒントや気づきがあった
これからの取り組みについて
良いセミナーだと思いました。大きな仕事の変化を起こせるきっかけとできそうです。 コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル
【ZOOM】このセミナーを通じ、本質をおさえた問いを意識しながら、具体的な行動に落とし込む過程を体験することができ、業務への活用のヒントを得ることができました。今後も業務で活かしていきたいと思います。 コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法
more  
具体的な活用法や実業務に使えることについて PMBOK(R)を読んでも、なかなか実感として湧いてこないというのがこれまであり、従って、具体にプロジェクトでどう実現すれば良いのかが良くわかりませんでしたが、1つ1つ具体のイメージに落とすことができました。 プロジェクトを成功させるステークホルダーマネジメント
具体的な話が多く、イメージしやすかった。
研修1日を通じて考え方を学ぶことができました。普段から意識して考え方を頭に入れながら、会議や打ち合わせに臨みたいと思います。 クリティカルシンキング入門
実践的で、実務にも応用できる内容だと感じました。 プロジェクト知識マネジメント〜質の高い振返りでプロジェクトを変える
自分が実施しているプロジェクトに適した振返り方法が学べた。
入門編の知識について、具体的な活用法が理解できた。 コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法
【ZOOM】5つの軸の中で、思考が自然と、自由に行き来できるようになるまでには、相当訓練が必要と感じましたが、このスキルを身に着けたら、今までとは違う、一皮むけた成果が出せるような気がしますので、仕事の中で意識して使っていきたいと思いました。 コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル
【ZOOM】コンセプチュアルという、形のない概念の世界を考える良い機会となりました。このセミナーを通じ、本質をとらえるための思考を意識でき、具体的な行動をイメージすることが、以前よりスムーズにできたと感じています。今後も実務で活かしていきたいと思います。
本質を見極めることの重要性に改めて気づかされました。すぐに見につくスキルでは無いと思うので、業務に取り入れて反復して習得したいと思います。
問題、本質を考えるうえで、観点整理に利用できそう。業務の中でこの観点を取り入れて、スキル向上に努めたい。 コンセプチュアルスキルの基本
プロジェクトが複雑化する中で、本質をとらえる方法がとても参考になった。今後のプロジェクトに活かしたい。 コンセプチュアルなプロジェクトマネジメント
「コミュニケーション監査」があるということを知ることができたので、自社で活用してみたいと思いました。(トラブルプロジェクトは、上下のコミュニケーションが悪くなることが多いので・・・) プロジェクト監査の理論と実際
プロジェクト監査の要点や手法を学べた。明日からの実業務で活かしたいと思う。
プロジェクト監査は、曲りなりに当社も実施していることがわかった。重要なのは、目的を監査を受ける側に伝えることと感じた。
実際の監査の経験も聞け、実践的なセミナーであり、参加した目的を達成できたと考えます。
例などを交えて説明していただけたので、理解しやすかった。演習を実施できたため、理解度が増し、これからの実務に役立てると思いました。 プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方
参考書などではわかりづらく、学習が進まなかったところが一気に理解でき、加速して業務に落とし込めそうです。
非常に勉強になりました。PMP取得後、振り返りをして役立てそうです。直接、実業務にも使える内容でした。
実務で使用できる内容でした。PMBOK(R)の良い復習になりました。
自分が直面している「PMOの立上げと運営」を分かり易く講義いただき、とても役立つ講習だった。事例演習で講習の理解が深まった。 事例に学ぶPMOの立上げと運営
自身が担っているプロジェクトにリンクさせ、拝聴しました。イメージできる部分多く、非常に参考になりました。 プロジェクトマネジメント手法の確立と標準化
PM標準ガイドの作成に従事しているので、大変役立ちました。
大筋の内容は理解できる。ただ、自社(自部署)に持ち帰り、実践するためには工夫が必要である。→根本的に、プロジェクト自身(体制)を考え直すのも、一手かもしれない。 マルチプロジェクトマネジメント
【ZOOM】現在行っているPMO業務において、現状プロセスから改善を行っていくにあたってできていないことを確認することができた。リスク事象の捉え方を見直すことができた。また社外のPMOの方と接するのが初めてだったため、新鮮であり貴重な時間だったと感じた。 リスクに強いプロジェクトと組織を作る
知識習得、ツール習得、ポイントの理解について 自分の頭がクリティカルに程遠かったため、良い刺激になった。疑うことの大事さに気づかされ、かつ、スキルも学べた。管理者層では必須のスキルと感じました。 クリティカルシンキング入門
普段は主にPOとしてプロジェクトに参画しているので、その組織によって「求められるPMO」が異なる、ということが認識できたのが、良かったです。どうすれば、価値が出せるのか(効果的に)、認められるのか、という観点も学べました。(90日変革モデルや機能一覧など) 事例に学ぶPMOの立上げと運営
more  
システム思考、KJ法、ブレーンライティング、KPTなど具体的なツールについて システム思考を初めて知ったが、非常に有効でわかりやすいと感じた。これを機会にさらに勉強してみたい。 コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法
因果ループ作成の演習がコンセプチュアルな思考のヒントになった。コンセプチュアルシンキングの重要性を再認識した。 コンセプチュアルプロジェクトマネジメント講座
more  
少人数、ワークショップ形式、質問しやすい、ロールプレイなど演習内容について 実際に自分で考えるワークショップの時間があり、理解を深めることができた。ワークショップでは、講師と十分な討議ができる環境が良かった。 コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法
エクスサイズが多い点が良い。また、少人数で、質問がしやすく、議論できるところが良い。 クリティカルシンキング入門
more  
良かったなどの感想について プロジェクト計画書にこめられた魂のようなものを実感できました。 プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方
テキストが良い。網羅的な内容となっている。 プロジェクトマネジメント手法の確立と標準化
more

コンセプチュアルスキル診断

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。オンライン開催も可能です。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

コンセプチュアル・マネジメント

ビジネス書の杜 令和

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは