本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMstyle公開セミナー  東京・大阪で開催します


コンセプチュアルスキル実践 ご受講された方の声  お申込み  開催決定通知メール送付


本セミナーは2日間で構成していますが、第1日目は、思考編、第2日目は行動編です。思考編のみ、行動編のみの受講も可能です。

第1日目【思考編】
リーダーはビジョンやコンセプト、グランドデザインや戦略、ビジネスモデルや計画など、見えないものに挑むことが求められます。このため、リーダーがコンセプチュアルスキルを実践するには、

本質を把握し、価値を判断し、全体像を描きながら、創造的かつ、生産的な問題解決や意思決定をする
「コンセプチュアル思考」
が不可欠です。

コンセプチュアル思考では、本質を見極め、展開するために、抽象と具体のような両極にある視点を組み合せて思考します。たとえば、具体的な事象を抽象化してみて、そこから新しい具体的な事象を考えることによって新しいアイデアを生み出すという風に、抽象と具体を行き来しながら思考します。ここで、抽象と具象を思考軸と呼びます。
コンセプチュアル思考で使う思考軸には

  ・抽象と具象
  ・主観と客観
  ・直観と論理
  ・大局と分析
  ・長期と短期

の5つがあります。本講座では、これらの5つの軸によって、

本質を把握し、価値を判断し、全体像を描きながら、問題解決や意思決定をする

方法を解説し、エクスサイズによって体験します。

さらに、これらの軸を自由自在に組み合わせる思考を行う手法として

  ・概念化
  ・クリティカルシンキング
  ・システム思考
  ・統合思考

を紹介し、実際に問題解決や意思決定が創造的、かつ、生産的になる体験をします。

あなたも「コンセプチュアル思考」を身につけ、見えないものに挑む「コンセプチュアルリーダー」を目指しませんか?
受講者には、講師著書『コンセプチュアル思考』を配布します。

第2日目【行動編】
行動編はコンセプチュアルスキルを活用した行動をどのように行うかを考え、議論・体験する講座です。
行動編ではこの中で、リーダーやビジネスパースンに特に重要だと考えている

・顧客や市場の要求の分析と実現
・トラブルの解決
・新しい方法や製品の発案
・コミュニケーションのファシリテーション

の4つに焦点を当て、これらの行動をコンセプチュアルに行うにはどうすればよいかを考え、体験します。これらの4つのテーマに共通するのは

「本質に着眼し、本質から考え、具体的な行動に落とし込んでいく」

ということです。

要求分析では、顧客の要求の本質を見極め、本質要求をどのように実現していくかを学びます。

新しい方法や製品の考案では、シーズの本質と本質を解決する方法(課題)を考え、課題を実現する既存の具体的な方法や製品を考えます。そして、それらを統合し、システムとして実現する方法を学びます。

ファシリテーションでは、チームやグループのディスカッションの本質を見極め、本質を外れないようにコミュニケーションをファシリテートする方法を体験します。

トラブル対応では、トラブルを引き起こしている本質的な問題や課題の本質を探し、創造的な解決策でトラブルに対処する方法を学びます。

行動編は、コンセプチュアルスキルを活用して、どのように行動を変えていくかを考えたい人にお薦めしたい講座です。


※本講座は、「コンセプチュアルスキル基本」と「コンセプチュアル思考」の2講座を統合し、さらに、コンセプチュアルスキルの応用を加えたものになっています。行動編のみの受講は、これまでに、「コンセプチュアル思考」、「コンセプチュアルスキルの基本」をご受講いただいた方にお勧めします。
※2日間受講の方は、2日目のご受講の際には、1日目のテキストのご持参をお願いいたします。。


ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。


PMPの方へ
本コースは、14PDU(Category Type : A Technical: 2,Leadership:8,Strategic:4)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、PDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PMPの方がサブカテゴリー別にPDU数を入力するのは、2017年12月1日以降です。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
【第1日】思考編
1.コンセプチュアルスキルとコンセプチュアル思考
2.本質を見極めるスキル
3.コンセプチュアル思考の5軸
4.コンセプチュアル思考による本質の見極め
(1)概念化
(2)5軸の統合
(3)システム思考
(4)クリティカルシンキング
5.コンセプチュアル思考が行動を変える

【第2日】行動編
1.コンセプチュアルスキルが必要な局面とは
2.顧客や市場の要求の本質を分析し、実現する
 ・(ワークショップ)ケーススタディにおいて本質的要求を探す
3.新しい方法や製品を考える
 ・(ワークショップ)本質要求に対する課題の本質を見極め、実現の方法を考案する
4.コンセプチュアルなファシリテーションを行う
 ・(ワークショップ)新しい方法を考える際のファシリテーション演習
5.トラブルを解決する
 ・(ワークショップ)実現の際に発生したトラブルの本質を考え、根本的に解決する
日時・場所
【東京】2018年 12月 07日(金),12月14日(金) 10:00-18:00(9:40受付開始)
    国際ファッションセンター(東京都墨田区)アクセス
【大阪】2019年 02月 15日(金),02月22日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
    大阪市中央公会堂(アクセス) (大阪市北区)
※会場は変更になる場合がありますことをご了承ください
受講料
【2日間受講】思考編+行動編
・PMstyle+プラチナ会員: 80,000円(税別) ※書籍「 コンセプチュアル思考」込み
・PMstyle+ゴールド会員: 90,000円(税別) ※書籍「 コンセプチュアル思考」込み
・非会員: 100,000円(税別) ※書籍「 コンセプチュアル思考」込み
【第1日目のみ受講】思考編
・PMstyle+プラチナ会員: 40,000円(税別) ※書籍「 コンセプチュアル思考」込み
・PMstyle+ゴールド会員: 45,000円(税別) ※書籍「 コンセプチュアル思考」込み
・非会員: 50,000円(税別) ※書籍「 コンセプチュアル思考」込み
【第2日目のみ受講】行動編
・PMstyle+プラチナ会員: 40,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 45,000円(税別)
・非会員: 50,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
3名様以上でのお申込の場合、開催を確定します。
また、5名様以上の場合、ご希望日程の開催や企業研修にて、お受けします。お問合せください。
※個人受講割引について(複数名割引との併用はできません)

受講料を個人で負担される場合、50%引きとさせていただきます。備考欄に「個人受講割引」とご記入ください。お支払は事前振込またはクレジット支払のみになり、請求書は発行いたしません
申込期間
1週間前までお申込みを受付いたします。東京は2018年11月30日まで、大阪は2019年02月08日までです。早割(20%オフ)の対象期間は、東京は2018年11月7日まで、大阪は2019年01月15日までです。
対象
マネジャー、リーダー、プロジェクトマネジャー 
講師
好川哲人(有限会社エムアンドティ取締役、株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表取締役)MBA
技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。
定員
12名(最小実施人数 5人)
応募者が5人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

受講者の声(掲載をご了承いただいた方の受講後のアンケートコメント)

  • とても良いセミナーでしたが、自分の今後に活かすためには、繰り返し使って覚える必要があり、難しさを感じました。スキルアップのため、利用したいと思います。(S 様)
  • 普段、重要と感じていることが再確認できました。ツールについては、使いこなせるか、今後業務の中でトライしてみたいです。(K 様)
  • 「コンセプチュアルスキル」の言葉は聞いていたが、具体的な考え方、対応の仕方について、本講義で理解を深められることができた。仕事の上で実践し効果を検証していく。(A.H 様)
  • 問題、本質を考えるうえで、観点整理に利用できそう。業務の中でこの観点を取り入れて、スキル向上に努めたい。(Y 様)
  • 普段、頭の中で考えている思考を体系づけて、勉強できる良い機会となりました。これからも、頭の中だけではなく、文章、図表を活用して思考する習慣を作りあげていきたい。(H 様)
  • コンセプチュアルスキルの全体像を知ることができました。まだ、コンセプチュアルスキルを学ぶとっかかりです。(A 様)
  • コンセプチュアルスキルを持つことで、「考える」ことがより深く楽しくなると思います。(F 様)
  • 事前に本を読んでいたので、理解が深まりました。自分の考えを整理するための軸を今は使いこなせていないので、これからの仕事の中でトレーニングをしてみたいです。(M 様)

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*  【東京】2018年12月07日(金),12月14日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編+行動編
 【東京】2018年12月07日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編 
 【東京】2018年12月14日(金) コンセプチュアルスキル実践*行動編 

 【大阪】2019年02月15日(金),02月22日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編+行動編
 【大阪】2019年02月15日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編 
 【大阪】2019年02月22日(金) コンセプチュアルスキル実践*行動編
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
  

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、メールにてお知らせし、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*  【東京】2018年12月07日(金),12月14日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編+行動編
 【東京】2018年12月07日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編 
 【東京】2018年12月14日(金) コンセプチュアルスキル実践*行動編 
 【大阪】2019年02月15日(金),02月22日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編+行動編
 【大阪】2019年02月15日(金) コンセプチュアルスキル実践*思考編 
 【大阪】2019年02月22日(金) コンセプチュアルスキル実践*行動編
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは