本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。


コンセプチュアルな組織を創るマネジメント  ご受講された方の声 お申込み   開催決定通知メール送付 公開セミナーお問合せ  セット受講はこちら

かつてコンセプチュアルスキルは、経営・管理職に求められるスキルでしたが、今ではナレッジワーカー(知識労働者)であれば不可欠なスキルになってきました。

極論すれば、新入社員でもコンセプチュアルスキルは必要であり、コンセプチュアルスキルのレベルで仕事の成果が大きく変わってくるようになっています。

このような仕事の環境の中で、以下のような問題が出てきています。

・メンバーのコンセプチュアルスキルを如何に向上させるか
・組織やチームとしてコンセプチュアルスキルを如何に持つか

たとえば、組織の中で上位者が何を言っているかを理解するにはコンセプチュアルスキルが欠かせません。

もちろん、上位者もコンセプチュアルスキルが高く、具体的に指示することは必要ですが、ナレッジワーカーの仕事はは上位者の指示通りにやればうまく行くような仕事、あるいは上位者が最後まで道のりを見通せている仕事ではありません。

このような中で上位者はコンセプチュアルに方向性を示し、担当者はそれを解釈するようなコミュニケーションが必要になっています。

その典型的な例が、戦略です。戦略は抽象的なものです。上位者は戦略を示しますが、その実行として具体的に何をすればよいかは担当者が考える必要があります。

このようなコミュニケーションがうまく行くかどうかは組織の問題だと考えられます。その意味で、組織もコンセプチュアルであることが求められるようになってきたのです。

本セミナーでは、コンセプチュアルな組織を創る、つまり、

・組織のメンバーがコンセプチュアルな活動ができる
・組織やチームとしてコンセプチュアルな活動ができる

ためには、マネジメントはどうあればよいかを考えます。

【参考記事】
【コンセプチュアルスタイル考】第43話:コンセプチュアル・マネジメントという提案 〜コンセプチュアル・マネジメント宣言


ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。

PMPの方へ
本コースは、
7PDU(Technical: 1,Leadership:3,Strategic:3)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、PDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PMPの方がサブカテゴリー別にPDU数を入力するのは、2017年12月1日以降です。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
1.コンセプチュアルではない組織の問題点
 ・個人レベルの問題点
 ・チームレベルの問題点
 ・組織レベルの問題点
2.コンセプチュアルなマネジメントのポイント
 2.1 質問型の組織を創る
 2.2 コンセプチュアルな組織活動のプラニング
 2.3 ステークホルダーへのコンセプチュアルな対応
 2.4 コンセプチュアルな人材育成
 2.5 コンセプチュアルな組織文化の構築
3.コンセプチュアルなマネジメントの目標
 3.1 顧客を理解する
 3.2 生産性を上げるマネジメント
 3.3 組織のダイバーシティを高める
 3.4 イノベーションを起こす
 3.5 プロジェクトを成功させる
4.コンセプチュアルマネジメントでコンセプチュアルな組織を創る仕組みワークショップ
場所
国際ファッションセンター(東京都墨田区)アクセス
※会場は変更になる場合がありますことをご了承ください
日時
2018年 11月 15日(木)  10:00-18:00(9:40受付開始)
受講料
・PMstyle+プラチナ会員: 40,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 45,000円(税別)
・非会員: 50,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
3名様以上でのお申込の場合、開催を確定します。
また、5名様以上の場合、ご希望日程の開催や企業研修にて、お受けします。お問合せください。
申込期間
前日までお申込みを受付いたします。早割(20%オフ)の対象期間は、2018年10月15日までです。
対象
・組織をコンセプチュアルに変えたいと考えているマネジャー
・チームをコンセプチュアルにしたいと考えているリーダー、プロジェクトリーダー 
講師
好川哲人(有限会社エムアンドティ取締役、株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表取締役)MBA
技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。
定員
12名(最小実施人数 5人)
応募者が5人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

受講者の声(掲載をご了承いただいた方の受講後のアンケートコメント)

  • コンセプチュアルの重要性が、少し分かった。(N 様)
  • コンセプチュアルについて、概念と形象を往復し、本質を見抜くといったことが理解でき良かった。(S 様)

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*   2018年11月15日(木) コンセプチュアルな組織を創るマネジメント
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
  

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、メールにてお知らせし、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*   2018年11月15日(木) コンセプチュアルな組織を創るマネジメント
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、メールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

↓↓↓ 公開セミナーについてのお問合せ ↓↓↓

公開セミナーのお問合せを承ります

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。

セミナー開催日*   2018年11月15日(木) コンセプチュアルな組織を創るマネジメント
お問い合わせ内容*
お名前*
会社名*
E-Mail*
電話番号*
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、メールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。
後ほど、メールまたはお電話にて、お問い合わせ内容について、ご連絡いたします。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは