本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第29回 コンテキストを共有する(2)(2019.11.19)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代

◆コンテキストを共有する(2)
これまで、第23回〜25回に、同窓会を開催するためのステークホルダーマネジメントについて、書きました。

第23回 幹事は調整役か?推進役か?(1) (2) (3)

いろいろ、調整するということは、多数決で決めるのではなく統合という考え方で、アイデアを抽象化し、概念において調整と言いますか、みんなが賛成するアイデアを構成するということが重要ですよね。

と、いろいろ、すったもんだがあったのですが、同窓会は無事開催され、瞬時に学生時代に戻り楽しくすごすことができました。

これまでいろいろあっても、わだかまりは一切なく、不平不満を素直に口に出すことができ、それは、自分の考え方がおかしいよ、と言われたり、おかしいと言われても、気分を害することなく、そうかもしれない、と反省することができました。

全て、学生時代を一緒に過ごした、同じ学問を習った、同じ経験をした、というコンテキストの共有があるから、相手の言うことにノイズが乗ることもなく、正確に理解できたようです。

その中で、これまで、ずっと疑問だったことをみんなに質問してみました。

入学してからは、2年間は教養課程で、3年生から専門課程になり、異なる校舎に通うのですが、その専門課程の校舎にて、入学時に学科のオリエンテーションがあり、その中で、自己紹介がありました。

自分は何を話したのかをさっぱり覚えていないのですが、ある方が言ったことを鮮明に覚えています。

「ロケット打ち上げは、○○工学の粋だということを聞き、自分はこの大学この学科には、ロケットを打ち上げるために来ました。」

え〜、そんなことを考えてきたんだ!すごい!
と思ったのですが、この大学がロケット打ち上げに関連したという話は全く聞いたことがありませんので、どういうこと?とも思いました。

ただ、先生方がどんなコメントをされたのかも覚えていませんので、その話がどうなったのかも不明です。もしかすると、卒論などでロケット打ち上げを取り上げたのかもしれません。

そして、その自己紹介をした人が誰だったのかも覚えていませんので、その話を同窓会でしてみました。「誰?」「正直に申告して!」

でも、自分が話したことも覚えていませんので、その人も覚えていなかったのかもしれません。

そして、その話自体を覚えていた人も、少数でした。ほとんどの人は、そんなことあったかなあ。。でした。

が、覚えていた人は、割と仲の良かった人でした。仲の良い人は、やはり、琴線に響くポイントが同じで、だから仲が良いんだなあ、と感慨ひとしおです。

つまり、仲があまり良くない人とは、琴線が異なるため、話が全く合わず、下手すると異なる意味で話をとられてしまう場合があり、だから、仲があまり良くないということになります。

やはり、相手のコンテキストは何なのか、を考え、相手の世界を理解することに自分が努めることがステークホルダーマネジメントの第1歩ということですね。

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ステークホルダーエンゲージメントマネジメント◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2020年 02月 21日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2019年 11月 22日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
  1.ステークホルダーエンゲージメントマネジメントとは何か
  2.ステークホルダー分析の手法
  3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
  4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
  5.ステークホルダーと交渉する
  6.ステークホルダーエンゲージメントを計画する
  7.ケース
   ・顧客とのよい関係を作る
   ・上位組織を動かす
   ・チームを結束させる
  8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
影響力に特化したセミナーはこちらです。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時・場所:【東京」2019年12月19日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2020年 01月 23日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・ステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
2.ステークホルダーの特定・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー影響グリッド
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習2)ステークホルダーリスト
3.影響力の法則(R) ・影響力とは何か?
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画するステップを学ぶ
 ・(演習3)カレンシーを考える
4.概念的に考えて具体的に行動する・コンセプチュアルスキルとは
 ・本質を見極める
 ・洞察力を高める
5.ステークホルダーと良い関係を作る・WinWinの関係
 ・信頼を得る
 ・チームを結束させる
 ・(演習5)期待と要求のロールプレイ
6.まとめ
 ・(演習6)カレンシーを再考する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは