本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第28回 カレンシーとは何か(2019.10.29)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


10月11日(金)に、PMAJ関西例会にて、「影響力の法則(R)を活かすステークホルダーマネジメント」の話を1時間半しました。

影響力の法則については、こちらをご覧ください。

講義内容は、ステークホルダーマネジメント、影響力の法則(R)、概念的に考えて具体的に行動する、です。メインは、影響力の法則(R)ですが、1時間程度では全容を話す時間はありませんので、概要と演習中心に行いました。
影響力の法則(R)は、権限の及ばない人に動いてもらうために、互恵性(返報性:ギブアンドテイク)を使います。まず、自分が相手に何を渡すのか(ギブ)、それが相手の心の的に当たれば、相手は動いてくれる(テイク)ことになります。
演習では、次のステップで相手に渡すものを考えていただきました。

1.誰をどのように動かしたいか
2.これまで誰と何を交換したのか
 ・渡したものは相手の心の的に当たったかどうか
3.相手をどれくらい理解しているのか
 ・主要な役割と責任範囲
 ・仕事上のプライオリティ
 ・・・
4.カレンシー(交換価値:相手に渡すもの)は何か

演習は個人ワークで行い、その後、お隣同士の方で、簡単なセッションをしていただきましたが、やはり、関西の方は、すぐにお隣の方との話が活発に始まり、どうしても短時間で止めなければならず、とても、申し訳ありませんでした。

皆さん、どのように対応すれば良いのかわからないステークホルダーが多く、ある方は、年下の上司の方で、こちらに気を使って、直接ではなく遠回しに仕事を頼んでくる人がいる、直接言ってくれてこちらは全く気にしないのに。。とおっしゃっていました。
これから、いろいろなカレンシーを試してみます、ともおっしゃっていました。

そして、最後の挨拶で、PMAJ関西の担当の方が、「鈴木講師へのカレンシーとして拍手をお願いします。」とおっしゃったのがとても印象的でした。

普通は、講師にできるだけいい話をしてもらうために、カレンシーは最初に渡すべきだと考えがちなのですが、カレンシーは蓄積されますし、その担当や参加された方とこれで金輪際、死ぬまで会うことがない、というわけでもありませんので、講演最後にいただいたカレンシーは、次、お会いした時に大変有効でしょう。

カレンシーとは何か、また、どのように使うのか、を講義ではお話しましたが、すぐに実践いただいてとても嬉しく感じました。

これは、概念的に考えて、具体的に行動する、にもつながる話ですね。

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ステークホルダーエンゲージメントマネジメント◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2020年 02月 21日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2019年 11月 22日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
  1.ステークホルダーエンゲージメントマネジメントとは何か
  2.ステークホルダー分析の手法
  3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
  4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
  5.ステークホルダーと交渉する
  6.ステークホルダーエンゲージメントを計画する
  7.ケース
   ・顧客とのよい関係を作る
   ・上位組織を動かす
   ・チームを結束させる
  8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
影響力に特化したセミナーはこちらです。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時・場所:【東京」2019年12月19日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2020年 01月 23日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・ステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
2.ステークホルダーの特定・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー影響グリッド
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習2)ステークホルダーリスト
3.影響力の法則(R) ・影響力とは何か?
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画するステップを学ぶ
 ・(演習3)カレンシーを考える
4.概念的に考えて具体的に行動する・コンセプチュアルスキルとは
 ・本質を見極める
 ・洞察力を高める
5.ステークホルダーと良い関係を作る・WinWinの関係
 ・信頼を得る
 ・チームを結束させる
 ・(演習5)期待と要求のロールプレイ
6.まとめ
 ・(演習6)カレンシーを再考する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは