本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第104回 プロジェクトファシリテーション(2)〜グラウンド・ルール(2017/10/13)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

◆プロジェクトファシリテーション(2)〜グラウンド・ルール

PMの道具箱シリーズでは、現在、書籍「ゲームストーミング」について取り上げています。

ゲームストーミング」(著:デイブ・グレイ他、出版:オライリー・ジャパン、監訳:野村恭彦、2011)

グラウンド・ルールは、会議などのその場のルールを会議の最初に全員で決め、会議に参加するという意識を高め、全員でそのルールに合意し、それをこの会議では守っていくという決意をする会議におけるチームビルディングであり、会議のファシリテーションとして、よく、知られています。

そもそも、グラウンド・ルールとは、野球場にはそれぞれの特別な事情があり、野球場ごとに決められたルールのことだそうです。例えば、ドーム球場など、天井にボールが当たった場合、野手が捕球すれば、アウト、外野の天井にボールが挟まった場合ホームランとか、球場ごとにルールが決められているそうです。

プロジェクトファシリテーションでは、会議だけではなく、プロジェクト期間中のグランド・ルールをプロジェクト初期のノーミング・セッション(チームビルディングの会議)にて、決めます。

ノーミング・セッションについては、こちらをご参照ください。

 PMの道具箱
  第102回 プロジェクトファシリテーション(1)〜ノーミング・セッション

そして、そのグラウンド・ルールを紙に書き出し、プロジェクト・ルームの壁に貼り出します。

例えば、
・メールタイトルに【プロジェクト名】を冒頭につける
・会議中は携帯の電源を切る
・会議での発言は簡潔に
・プロジェクトメンバー同士、必ず、挨拶をする

などなどです。

例えば、会議中に誰かが長々と発言したり、発言中に誰かが、発言を中断し横やりを入れた場合など、貼り出しているグラウンド・ルール(行動規範)をファシリテーターが読み上げたり、指し示したりすることで、本人に気づいてもらい、そのプロジェクトメンバーの成長を促し、また、そのことによって、チームのパフォーマンス向上を期待することができます。

言わば、行動規範であり、プロジェクト初期に目的・目標とともに全員で決めることで、チームビルディングを行い、プロジェクト期間中、行動規範を守ることで、チームのパフォーマンスを向上させるものです。

行動規範については、下記のコラムもご参照ください。

 「ひとつ上のプロマネ。」行動トレーニング
   第1回 「ひとつ上のプロマネ。」10の行動規範とは


 はじめてのプロジェクトマネジメント
   第33回 プロジェクトマネジャーの5つの仕事


 PMstyle Kit
   No11. メンバーからリーダーに「変化」する《PMstyle》


 小規模プロジェクトのプロジェクトマネジメント
   第2回 小規模プロジェクトの立上げプロセス


グラウンド・ルールは、大きく、次の3つに分かれます。

1.挨拶、服装、コミュニケーションのルールなどプロジェクトの運営ルール
2.会議でのルール
3.プロジェクトを楽しくするためのルール(会議ではお茶を飲む、水曜日は定時日など)

グラウンド・ルールはプロジェクトの特徴や参加するプロジェクトメンバーごとに異なりますので、特に、3.プロジェクトを楽しくするためのルールを参加するプロジェクトメンバーで考え、それを守ることによって、より、プロジェクトを楽しくし、そのことによるプロジェクトメンバーのモチベーション向上を図ることができるのではないでしょうか。

◆参考資料
ゲームストーミング」(著:デイブ・グレイ他、出版:オライリー・ジャパン、監訳:野村恭彦、2011)

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆チームコミュニケーションによるプロジェクトパフォーマンスの向上◆(3.5PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 03月 08日(金)13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 12月 21日(金)13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pmo_communication.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.コミュニケーションとは何か
 2.プロジェクトにおけるコミュニケーションとマネジメント
  【エクスサイズ】コミュニケーションの難しさを体感する
 3.チームパフォーマンスの向上
  【エクスサイズ】チームコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは