本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第38回 PMBOK(R)ガイド最新版(2)(2021.04.27)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


◆PMBOK(R)ガイド最新版(2)

前号では、第7版の概要について、述べました
  第37回 PMBOK(R)ガイド最新版(1)

さて、PMIJ(R)サイトの4月6日のお知らせでは、PMBOK(R)ガイド第7版が、8月1日に発売予定だそうです。
アラビア語、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、スペイン語の翻訳版も同時発売ですが、日本語版はその中には、入らないそうです。

PMBOK(R)Guide Seventh Edition リリース予定について
 https://www.pmi-japan.org/news/info/2021_04_06_20210406pmbok7.php
PMI(R)サイト
 https://www.pmi.org/pmbok-guide-standards/about/current-projects


第6版までは、主にウォーターフォールプロジェクトを取り上げていましたが、プロジェクト要件が時間とともに変化する可能性が大きくなってきたため、アジャイルフレームワークが必要とのことで、第7版では、予測的、アジャイル、ハイブリッド、ウォーターフォールのアプローチにて、顧客価値の提供がプロジェクトマネジメントの重要なポイントとして挙げています。

第6版のアプローチは、HOWが中心であり、WHAT、WHYではなかったそうです。しかし、第7版では、原理原則が重要であり、マインドセット、アクション、行動、熟考(リフレクション)が重視されています。そして、それらの対象は、プロジェクトの成果物、アジャイル、リーン、顧客中心設計(UCD:ユーザ中心設計ではありません)などです。

その他、異なる点は、以下の通りです。
┌───────┬────────────┬────────────┐
│       │第6版         │第7版(ドラフト版)  │
├───────┼────────────┼────────────┤
│PMBOK(R)   │プロセス重視      │プロジェクト成果重視  │
│ の体裁   │プロセスをインプット、ア│ツール、手法、フレームワ│
│       │ウトプット、ツールと技法│ークだけではなく、成果に│
│       │で定義する       │影響するドメインを重視 │
├───────┼────────────┼────────────┤
│ターゲット  │主にプロジェクトマネジャ│プロジェクトに関係するチ│
│       │ー           │ームメンバーとチームの役│
│       │            │割、プロジェクトリードを│
│       │            │重視          │
│       │            │スポンサー、プロジェクト
│       │            │オーナーも含む     │
├───────┼────────────┼────────────┤
│版の改訂   │前のバージョンを元に改訂│価値提供活動を反映する原│
│       │し、増えていく     │理・原則        │
├───────┼────────────┼────────────┤
│テーラリングの│テーラリングの参照   │特定のテーラリングガイダ│
│ガイダンス  │特定のガイダンスではない│ンスを提供       │
└───────┴────────────┴────────────┘

特に、第6版では、HOWのみを述べていたわけではなく、プログラムマネジメントやポートフォリオマネジメントと関連して、WHYやWHATについて、冒頭で十分に解説されていました。しかし、プロセス、ツールと技法などに頁を大きく割かれていたため、それらが陰に隠れていたということです。

そのため、PMBOK(R)ガイドから、インプット、ツールと技法、アウトプットの記載がなくなり、それらは、スタンダードプラス(Standards Plus:インタラクティブデジタルコンテンツプラットフォーム)に掲載されることになりました。
現時点では、スタンダードプラスは、PMI(R)会員であれば、ログイン後、アクセスすることができます。ただし、英語のみであり、現在は第6版のプロセスなどが記載されています。

PMstyleでは、顧客中心プロジェクトマネジメントや、リフレクション、成果についてを、従来からメルマガ記事として取り上げています。コラムとして,PMstyleサイトにアップしていますので、ぜひ、ご覧ください。また、セミナーでも取り上げ、演習にて確認いただいています。


PMの道具箱
  第32回 カスタマードリブンチーム

PMスタイル考
  第21話:CDPM:カスタマードリブンプロジェクトマネジメント

  第38話:リフレクションというスタイル

  第48話:経験から如何に学ぶか

  第158話:プロジェクトの成果と成果物


◆第7版を先取りし、コンピテンシー強化セミナーに参加しませんか?
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆PM養成講座(全5回)             ◆(25PDU's)
  日時・場所:【ZOOM】2021年 10月 07日(木)13:30-16:00(13:20入室可)
            〜2021年 12月 02日(木)13:30-16:00(13:20入室可)
       ※ZOOMによるオンライン開催です。
       ※事前にビデオ講義+個人演習(2.5時間)があります。
       ※少人数、双方向にて、演習、グループディスカッションを行います
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/pmlist40.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
 ※Youtube関連動画「PMコンピテンシーとは」「プロジェクトマネジャーのためのシステム思考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【カリキュラム】
   第1回顧客対応力を身につける
       【ZOOM】2021年 10月 07日(木)13:30-16:00
   第2回戦略的計画作成力を身につける
       【ZOOM】2021年 10月 21日(木)13:30-16:00
   第3回プロジェクト完遂力を身につける
       【ZOOM】2021年 11月 04日(木)13:30-16:00
   第4回プロジェクト品質実現力を身につける
       【ZOOM】2021年 11月 18日(木)13:30-16:00
   第5回チームをまとめる力を身につける
       【ZOOM】2021年 12月 02日(木)13:30-16:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。PMstylebiz

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。オンライン開催も可能です。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

コンセプチュアル・マネジメント

ビジネス書の杜 令和

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは

ほっと一息。小説コーナー

【アリス賞:三席】『鉄塔の美男、ポートタワー』