本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第1回 リーダーシップ(1)〜4つのリーダーシップの役割(2012.05.15) 2/3

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人

リーダーシップ(2)〜リーダーシップの活動

リーダーシップ(3)〜リーダーシップの行動

◆ステークホルダの特定

ステークホルダの特定は、プロジェクトマネジメントの活動としておこなわれることが多い(たとえば、PMBOK(R)はマネジメントプロセスとして明記されている)。リーダーシップ行動として求められるのは、どのようなステークホルダが、プロジェクトにどのような要求と期待をもっているかを常に、気を配っておくことである。

つまり、以下のような行動が必要になる。

・ステークホルダを素早く見つけ、プロジェクトへの要求と期待を常に把握しておく
・ステークホルダとの間に人間的な信頼関係を築く
・個々のステークホルダの流儀に合せて、コミュニケーションをとっていく
・問題に遭遇したとき、よりよい解決策を探して、多様なステークホルダの意見を、自発的に取り入れていく。


◆指揮系統の問題

プロジェクトを実行する際に、もっとも厄介な問題は、組織の問題かもしれない。組織の問題はプロジェクト側の関心としてはメンバーの時間の使い方、それも、月間の時間とかではなく、日々の時間の使い方であり、その背景にあるのが所属組織の指揮系統の問題や、複数のプロジェクトに参加している場合の輻輳の問題である。

基本的にこの問題の特効薬はない。リーダーシップとしてまず考えるべきことは、「曖昧さに対して、寛容になる」ことだ。よくよく考えてみると、「管理」的な視点からみれば、非常に深刻な問題なのかもしれないが、仕事という面から見れば、そんなに深刻な問題ではない(所属元が悪意を持って統制していない限り)。そう考えれば、放っておけばよい。自信がないプロジェクトマネジャーは動く。動くとややこしくなるばかりだ。マトリクス組織で、どちらの業務の優先するかなど、答えはないからだ。

その中で、メンバーに対して

・メンタリングをする
・日常業務に対して、ボランティア的な支援をする
・適切な業務の進め方に対して、率直な意見を述べる

といったくらいはしてもよいかもしれない。ただし、良かれと思ってしたことに、背びれ尾びれがついて、揉め事になることもあるので、細心の注意が必要だ。


◆関連セミナー
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす      ◆(7PDU's)
  日時:2019年 07月 22日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_innovation.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
  1.変革(イノベーション)におけるコンセプチュアル思考の役割
  2.イノベーションのおけるコンセプチュアル思考の活用例
  3.コンセプチュアル思考によるイノベーションプロセス
   3.1 要求/アイデア/ジョブ/を概念化し、価値(本質)の概念モデル(コンセプト)を作る
   3.2 概念モデルのさまざまな実現方法を考える
   3.3.実現方法を評価する
  4.イノベーションプロジェクトのプロジェクトの進め方
  5.コンセプチュアルイノベーションワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆概要セミナーはこちら
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルな組織を創るマネジメント         ◆(7PDU's)
  日時:2019年 06月 17日(月)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_management.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
  1.コンセプチュアルではない組織の問題点
  2.コンセプチュアルなマネジメントのポイント
   2.1 質問型の組織を創る
   2.2 コンセプチュアルな組織活動のプラニング
   2.3 ステークホルダーへのコンセプチュアルな対応
   2.4 コンセプチュアルな人材育成
   2.5 コンセプチュアルな組織文化の構築
  3.コンセプチュアルなマネジメントの効果
   3.1 顧客を理解する
   3.2 生産性を上げるマネジメント
   3.3 組織のダイバーシティを高める
   3.4 イノベーションを起こす
   3.5 プロジェクトを成功させる
  4.コンセプチュアルマネジメントで
       コンセプチュアルな組織を創る仕組みワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PMstyleメールマガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは