本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第1回 リーダーシップ(1)〜4つのリーダーシップの役割(2012.05.15) 3/3

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人

リーダーシップ(2)〜リーダーシップの活動

リーダーシップ(3)〜リーダーシップの行動

◆リソースのテコ入れ

プロジェクトマネジャーには基本的にリソースに関する権限がないことが多い。多くのプロジェクトマネジャーがこの点に不満を漏らしているが、実は、プロジェクトマネジャーの優劣を決める人とのポイントはここにある。

優れたプロジェクトマネジャーはリーダーシップを発揮し、ラインマネジャーと交渉し、希望にかなうリソースを確保する。

このリーダーシップ行動は、一見交渉力によるもののように見えるかもしれないが、実はそうとばかりは言い切れない。ラインマネジャーの意見を聞くと、リソースを出したいプロジェクトマネジャーと、出したくないプロジェクトマネジャーがいるという人が圧倒的に多い。その違いが出てくるのが、リソースを獲得した後の行動である。

プロジェクトマネジャーは獲得したリソースに対して、以下のようなリーダーシップ行動をとらなくてはならない。

・メンバーの強みと弱みを素早く見つける
・メンバーの弱みの改善や、長期的な育成には関わらず、強みを活かす
・一度、決定したロール&レスポンシビリティをむやみに変更しない
・チームの成果と個人の貢献については、認め、報奨する


◆動機を高める

時代が変わってきたとはいえ、ラインマネジャーにとって部下を動機付ける最大の武器は評価である。その意味で、あまり、難しくはない。というと怒られそうだが、プロジェクトマネジャーとの対比でいえばそういえるだろう。プロジェクトマネジャーにとって、メンバーの動機づけは極めて難しいテーマである。

この点において優れたプロジェクトマネジャーの多くはそのパーソナリティによるところが大きい。

プロジェクトマネジャーがメンバーの動機づけをするとすれば、

・このプロジェクトに参加することのキャリア上の意味を話し合いする
・対人的コミュニケーションを通じて、メンバーに動機を与える

といったことである。

ここで、注意しておいてほしいのは、プロジェクトのゴールを明確にするとか、自分の貢献が分かるようにするといった類の話は有効な場合もあるが、万能ではないということだ。これらの手法には、メンバーがやる気があることが前提になっている。しかし、多くのメンバーは、自分の意にそぐわないプロジェクトであったり、意にそぐうかどうかすらよく分からないままにプロジェクトに配属され、仕事が始まる。このような前提で動機づけを考える必要がある。

※この連載で、ラインマネジャーという言葉は、ファンクショナルマネジャーと、オペレーショナルマネジャーの両方を指す言葉として使う。日本語でいえば、組織職、あるいは組織マネジャーという言葉が近い。

  ←前へ  
次へ→

◆関連セミナー
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす      ◆(7PDU's)
  日時:2020年 02月 17日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_innovation.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
  1.変革(イノベーション)におけるコンセプチュアル思考の役割
  2.イノベーションのおけるコンセプチュアル思考の活用例
  3.コンセプチュアル思考によるイノベーションプロセス
   3.1 要求/アイデア/ジョブ/を概念化し、価値(本質)の概念モデル(コンセプト)を作る
   3.2 概念モデルのさまざまな実現方法を考える
   3.3.実現方法を評価する
  4.イノベーションプロジェクトのプロジェクトの進め方
  5.コンセプチュアルイノベーションワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆概要セミナーはこちら
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆マネジメントをコンセプチュアルにする          ◆(7PDU's)
  日時:2019年 11月 18日(月)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_management.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
  1.コンセプチュアルではないマネジメントの問題点
  2.コンセプチュアルなマネジメントのポイント
  3.コンセプチュアル・マネジメントの仕組みづくり
  4.コンセプチュアルなマネジメントの効果
  5.ワーク:自身のコンセプチュアル・マネジメントの仕組みを創る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PMstyleメールマガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは