本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第80回 差別化とイノベーション(2015.06.17)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆リニュアルに向けて

イノベーション戦略ノートは、イノベーションに関するネタであればなんでもアリのノート記事として書いてきたが、誌面刷新を機に、もう少し、イノベーションの戦略・視座に絞った内容にしようと思う。

リニュアル第1回は差別化について。


◆イノベーションと差別化

イノベーションと差別化の関係は複雑である。差別化の結果がイノベーションになることもあるし、差別化により些細な機能の競争に陥り、ガラパゴス化してしまうこともある。

差別化という言葉には、競争相手がまだ提供していないものを提供するというニュアンスが含まれている。従って、差別化する要素はまだ世にない可能性が高い。

つまり、イノベーションである可能性が高い?

問題はここだ。新しいものを提供すればイノベーションなのか?新しいことは一つの必要条件ではあるが、十分条件ではない。


◆サムスンの曲面型スクリーンに見る落とし穴

スマートフォンでサムスンが投入した曲面型のスクリーン(エッジスクリーン)機能がある。これは技術的には画期的なものであるが、ほとんど実用に供していない。極論すれば、デザインの一環だと言ってもよいだろう。

サムスンがこのスクリーンを投入した目的は差別化だと思われ、確かに(技術的には)新しいものだが、これを以てイノベーションだとは思えない。

何が欠けているかというと、価値なのだ。イノベーションはユーザーに新しい価値を提供することだ。その点において、曲面型のスクリーンはほとんど新しい価値を提供していない。

これが差別化の落とし穴である。


◆差別化と新しい価値の提供はイコールではない

実は一昔前の、モノが十分にいきわたっていない時代には、

差別化=新しい価値の提供

であった。実際に、新しく提案される機能には価値があったし、それがユーザーの購買行動の前提だといってもよかった。

ところが、この前提が崩れてきた。すべての製品に最低限必要な機能があることを前提に、ユーザーの購買行動が、自分たちが欲しいものを買うという風に変わってきた。
これが、ガラパゴス現象を引き起こしている。


◆イノベーションは本質の差別化で起こす

今、イノベーションが注目されているのはどういう背景がある。新しいモノや機能を提供するだけでは不十分で、新しい価値を提供しなくてはならない。新しい価値の提供はイノベーションそのものである。

ただし、差別化という行動は競争の中では避けることができない行動であることも事実だ

すると、イノベーションの議論は差別化を前提にしたものになる。その場合にポイントになるのは、製品の本質である。

製品の本質において差別化することが不可欠なのだ。

たとえば、サムスンのスマートフォンのカメラは素晴らしく高機能だし、使いやすい。スマートフォンという製品の本質を考えたときに、カメラで映像を撮影し、共有するというのは本質の一つだといえ、イノベーションと呼ぶに値する。

こういうイノベーションを積み上げていくと、サムスンのスマートフォンも復活の余地があるのだろう。


◆関連するセミナーを開催します
この講座は、コンセプチュアル思考とその実践について学ぶ講座です。
自身の業務やマネジメントを創造的、かつ、高品質にしたい方にお勧めのセミナーです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルスキル実践           ◆(14PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 06月 19日(水),06月20日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            国際ファッションセンター(東京都墨田区)
        【大阪】2019年 02月 15日(金),02月22日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【カリキュラム】
 【第1日】思考編
 1.コンセプチュアルスキルとコンセプチュアル思考
 2.本質を見極めるスキル
 3.コンセプチュアル思考の5軸
 4.コンセプチュアル思考による本質の見極め
 5.コンセプチュアル思考が行動を変える
 【第2日】行動編
 1.コンセプチュアルスキルが必要な局面とは
 2.顧客や市場の要求の本質を分析し、実現する
 ・(ワークショップ)ケーススタディにおいて本質的要求を探す
 3.新しい方法や製品を考える
 ・(ワークショップ)本質要求に対する課題の本質を見極め、実現の方法を考案する
 4.コンセプチュアルなファシリテーションを行う
 ・(ワークショップ)新しい方法を考える際のファシリテーション演習
 5.トラブルを解決する
 ・(ワークショップ)実現の際に発生したトラブルの本質を考え、根本的に解決する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入門編はこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門~本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 11月 20日(水)10:00-18:00(9:40受付開始   
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2019年 10月 23日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.コンセプチュアルスキルとは
  2.本質を見極める
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルスキルでこれからの行動が変わる~ケーススタディ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは