本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第81回 オープンイノベーション(2015.07.08)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人

これまで何度かオープンイノベーションという概念に触れてきたが、あまりきちんと説明していなかったので、今回説明しておきたい。

◆オープンイノベーションとは

オープンイノベーションは、2003年にカリフォルニア大学バークレー校のヘンリー・チェスブロウ教授が提唱した新しいイノベーションの概念で、自社技術だけでなく他社や大学などが持つ技術やアイデアを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや革新的な研究成果、製品開発につなげるイノベーションである。

外部の知識をどのようにうまく使うのかがポイントで、内部と外部の知識の有機的な結合が必要になる。

◆なぜ、オープンイノベーションが必要なのか

オープンイノベーションが必要な背景としては、まず開発リードタイムやライフサイクルが短くなっていることがあげられる。すべてを自前で開発していたのでは追いつかないし、収益に結びつかなくなっている。そのようなリスクを回避するためには、オープンイノベーションが不可欠である。

もっとポジティブな理由としては、アイデアや特許は単一で利用するより複数で利用した方が効果的であるという認識ができてきたことがあげられる。また、アイデアを複数の市場に展開できるとメリットもある。


◆オープンイノベーションの方法

一口にオープンイノベーションと言ってもいくつかの方法がある。論理的に考えても、以下の3つの方法がある。

(1)外の技術を活用する
(2)自社の技術を開放する
(3)長期的なアライアンスから新しい価値創造を図る

(1)は外部の知識を組織内に取り込み、企業のイノベーション活動を活発にする方法である。(2)は異なる市場にアイディアを拡張したり、知的財産や技術販売するなどして、外部環境とのチャネルを持つ方法である。(3)は(1)と(2)の合わせ技で、、補完的な企業と継続的なアライアンスを組み、価値共創を図るという方法である。


◆オープンイノベーションのメリット

これらのオープンイノベーションによって得られるメリットは以下のようなものである。

・幅広い最新の情報にアクセスできるので、急速な技術変化に対応できる
・開発時間を短縮できる。開発時間の短縮は人件費削減(20%程度)につながる
・開発した未使用資源・保有資源(技術)が金銭的な利益を生む
・外資系企業では短期的評価が重視されるので特に有効だといわれる
・社内経営資源の棚卸ができ、自社強みをクローズし、それ以外を外に求める戦略をとれる
・製品開発戦略を再構築できる
・外部との交流により担当者の緊張感を保つことができ、組織の活性化につながる


◆オープンイノベーションの課題

また、オープンイノベーションの課題には以下のようなものがある。

・探索コストが増える
・外部だけではなく、内部でも調整コストが増える
・信頼関係の構築をどうするか。連携相手が本当に信頼できるかわからない
・技術の流出が起こる
・組織としてコアコンピタンスが低下する
・自社内に技術は必要ないのではないかとの考えから研究開発部門の自己否定になる

オープンイノベーションにおいては、これらの課題があることを認識し、うまく折り合いをつけながら進めていく必要がある。


◆関連するセミナーを開催します
この講座は、コンセプチュアル思考とその実践について学ぶ講座です。
自身の業務やマネジメントを創造的、かつ、高品質にしたい方にお勧めのセミナーです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルスキル実践           ◆(14PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 06月 19日(水),06月20日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            国際ファッションセンター(東京都墨田区)
        【大阪】2019年 02月 15日(金),02月22日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【カリキュラム】
 【第1日】思考編
 1.コンセプチュアルスキルとコンセプチュアル思考
 2.本質を見極めるスキル
 3.コンセプチュアル思考の5軸
 4.コンセプチュアル思考による本質の見極め
 5.コンセプチュアル思考が行動を変える
 【第2日】行動編
 1.コンセプチュアルスキルが必要な局面とは
 2.顧客や市場の要求の本質を分析し、実現する
 ・(ワークショップ)ケーススタディにおいて本質的要求を探す
 3.新しい方法や製品を考える
 ・(ワークショップ)本質要求に対する課題の本質を見極め、実現の方法を考案する
 4.コンセプチュアルなファシリテーションを行う
 ・(ワークショップ)新しい方法を考える際のファシリテーション演習
 5.トラブルを解決する
 ・(ワークショップ)実現の際に発生したトラブルの本質を考え、根本的に解決する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入門編はこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 11月 20日(水)10:00-18:00(9:40受付開始   
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2019年 10月 23日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.コンセプチュアルスキルとは
  2.本質を見極める
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルスキルでこれからの行動が変わる〜ケーススタディ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは