本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第52回 続・イノベーティブなリーダーとは(2014.09.10)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆イノベーションは誰が進めるのか

第48回でイノベーティブなリーダーは何をするのかという問題を、マネジメントとリーダーシップという視点から書いてみた。簡単にいえば、マネジャーは問題解決をするが、イノベーティブなリーダーは課題解決をするという違いがある。

今回はこの問題をもう少し深堀してみたい。

この話を議論するには、まず、イノベーションは「誰が」、「どのように」進めていくのかという問題を考えていかなくてはならない。


◆イノベーションは一人ではできない

大抵のイノベーションは一人ではできない。多くの人のコラボレーションになることが圧倒的に多い。その中でイノベーティブリーダーはどのような役割を果たすのだろうか?おそらく、イメージとして多いのはジョブズのようなイメージではないかと思う。

もちろんそういうリーダーシップがないとは言わないが、そういうリーダーシップでアップルのようにすごいものを創れるのはリーダーが天才的な場合だけだろう。

多くの場合はそうではなく、コレボレートする人がいろいろなアイデアを出し、チームとしての思考に貢献しなくてはすごいイノベーションは実現しない。つまり、イノベーションに関わるすべての人がリーダーシップを発揮し、主体者としてイノベーションに貢献しなくてはならない。

つまり、イノベーションには場が必要なのだ。


◆イノベーションには場が必要である

このような認識の下でイノベーティブリーダーは何をするのか?

参加者の一人としてアイデアを出したりすることはあるかもしれないが、イノベーションの場を作ることが役割である。

これはファシリテーションをするということだけを意味しているわけではない。むしろ、もっと積極的に、イノベーションをするんだという雰囲気を作ったり、イノベーションの価値観を浸透させる。その中で、自らが率先して動く。

イノベーションにはミッション(ビジョン)がある。具体的なテーマは偶発的なものかもしれないが、ミッションは決して偶発ではない。

そして、ミッションにつながる目的や価値観が重要になる。イノベーティブリーダーが場を作る役割として必ずやらなくてはならないことは、ミッションにつながる目的や価値観をメンバーに持たせることである。


◆メンバーに問い、目的や価値観を共有する

そのために有効な方法はメンバーに対して問うことだ。

・自分たちのイノベーションは源泉は何か
・イノベーションはどこから始まるのか
・イノベーションはどのようなものか

といった問いかけをし、話し合う場を作る。そうして目的意識を持たせ、価値観を共有することによって、メンバーの力を十分に引っ張り出すことがイノベーティブリーダーの役割である。

イノベーションであろうとあるまいと、日本人のチームは欧米と比べて、リーダーシップが集中し、リーダーに頼りっぱなしになる傾向があるのは周知のことである。この問題はあまり議論されないが、明らかにイノベーションが起こらない一つの理由になっている。上に述べたように、イノベーションは一人ではできないからだ。

この傾向を改め、みんながリーダーとなってイノベーションを起こすだのという雰囲気や風土を創れるのがイノベーティブ・リーダーの値打ちである。


◆プロジェクトを作るか、場を創るか

実はこの議論はオペレーションプロジェクトでもある。そのプロジェクトを行っている戦略があり、その中でプロジェクトの目的を決め、プロジェクトを進めていく。これはプロジェクトリーダーの役割である。

この議論とイノベーションの議論が違うのは、メンバーに対して個々に目標を与えるかどうかである。目標を与えることができれば、あとは目標を管理しながらプロジェクトを進めることである。

ところがイノベーションの場合は、目標を与えることは好ましくない。メンバーの持つポテンシャルを殺してしまう可能性があるからだ。そこで、目標ではなく、価値観を共有し、目的と価値観の範囲で、メンバーにリーダーシップを期待する。

リーダーはプロジェクトを作り、イノベーティブリーダーは場を創る。この違いは極めて大きい。

◆関連セミナー
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす      ◆(7PDU's)
  日時:2019年 07月 22日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_innovation.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
  1.変革(イノベーション)におけるコンセプチュアル思考の役割
  2.イノベーションのおけるコンセプチュアル思考の活用例
  3.コンセプチュアル思考によるイノベーションプロセス
   3.1 要求/アイデア/ジョブ/を概念化し、価値(本質)の概念モデル(コンセプト)を作る
   3.2 概念モデルのさまざまな実現方法を考える
   3.3.実現方法を評価する
  4.イノベーションプロジェクトのプロジェクトの進め方
  5.コンセプチュアルイノベーションワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆概要セミナーはこちら
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルな組織を創るマネジメント         ◆(7PDU's)
  日時:2019年 06月 17日(月)  10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区))
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_management.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
  1.コンセプチュアルではない組織の問題点
  2.コンセプチュアルなマネジメントのポイント
   2.1 質問型の組織を創る
   2.2 コンセプチュアルな組織活動のプラニング
   2.3 ステークホルダーへのコンセプチュアルな対応
   2.4 コンセプチュアルな人材育成
   2.5 コンセプチュアルな組織文化の構築
  3.コンセプチュアルなマネジメントの効果
   3.1 顧客を理解する
   3.2 生産性を上げるマネジメント
   3.3 組織のダイバーシティを高める
   3.4 イノベーションを起こす
   3.5 プロジェクトを成功させる
  4.コンセプチュアルマネジメントで
       コンセプチュアルな組織を創る仕組みワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは