本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第106回 ゲームストーミング(9)〜誰が何をいつマトリクス(2017/12/13)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

◆プロジェクトファシリテーション(9)〜誰が何をいつマトリクス

PMの道具箱シリーズでは、現在、書籍「ゲームストーミング」について取り上げています。

ゲームストーミング」(著:デイブ・グレイ他、出版:オライリー・ジャパン、監訳:野村恭彦、2011)

本号では、閉幕のためのゲームであり、次のステップや今後の取り組み事項を明確に実行するためのゲームである、「誰が何をいつマトリクス」を取り上げます。

会議などで話し合いを行い、結論を出し、解決策に全員が合意し、誰がその解決策を実行するのかなどを明確に決めないまま会議を終了し、それで、終わったつもりになっていることはありませんでしょうか。

例えば、何か問題や課題が発生したため、関係者が集まり、解決策検討会議を行い、解決策に全員が合意しましたが、その解決策の実行において、

「時間がない」
「私はもともと反対だったよ」
「その作業を行うための相手先を私はあまり知らないので、その作業はできない」
「私は責任者ではないので」

などと、解決策の実行から責任逃れをしようとする人がいる場合があります。また、担当者を決めても、実際にはうやむらとなり、実行したどうかがわからないまま、なんとなく、終わってしまう場合があります。その場合は、課題、問題はそのままうやむやとそのまま残ってしまっていることになります。

全員で合意した解決策を実行し、確実に課題、問題を解決する方法として、作業内容が誰に適しているか、と「何を、誰がする」と決めるのではなく、「誰がする」から決める方法が、「誰が何をいつマトリクス」です。

まず、左の列に参加者全員(プロジェクトであればチームメンバー)の名前を記入します。解決策を実行するための行動(作業)を別の場所に列記し、各参加者に実行を約束できる行動(作業)はどれですか、と尋ね、その行動を名前の横の欄に記入します。そして、それをいつまでにするのかを決めてもらいます。つまり、そのことで、その行動に対して実行を約束してもらうわけです。

このように、自発的、自主的な課題、問題解決への関与を促進するために、「誰が」から考えます。
そうしますと、最後には、全く何も関与しないのが誰なのかが、名前の横が空白であることから全員の前で、明確になます。すると、通常、その方は、何か手伝いましょうか?という気持ちが自然と芽生え、そのことでチームへの貢献、関与が高まり、チームビルディングが促進され、本当のチーム、リアルチームに、より、近づきます。

リアルチームやチームによる問題解決は下記コラムを参照してください。

はじめてのプロジェクトマネジメント 第27回 リアルチームを作る

PMの道具箱 第51回 チームによる問題解決


「何を」ではなく、「誰が」から考えてみませんか?

  今後の取り組み事項(例)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌────────┬────────┬────────┐
│誰が(WHO) │何を(WHAT)│いつ(WHEN)│
├────────┼────────┼────────┤
│鈴木      │○○調査報告書を│12月25日までに │
│        │△△に提出する │        │
├────────┼────────┼────────┤
│好川      │顧客に□□をヒア│次週金曜日   │
│        │リングする   │        │
├────────┼────────┼────────┤
│橋詰      │○○調査に必要な│12月15日    │
│        │データを収集する│        │
├────────┼────────┼────────┤
│・・・     │・・・     │・・・     │
└────────┴────────┴────────┘

◆参考資料
ゲームストーミング」(著:デイブ・グレイ他、出版:オライリー・ジャパン、監訳:野村恭彦、2011)

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆チームコミュニケーションによるプロジェクトパフォーマンスの向上◆(3.5PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 03月 08日(金)13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 12月 21日(金)13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pmo_communication.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.コミュニケーションとは何か
 2.プロジェクトにおけるコミュニケーションとマネジメント
  【エクスサイズ】コミュニケーションの難しさを体感する
 3.チームパフォーマンスの向上
  【エクスサイズ】チームコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは