本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第164話:プロジェクトはアートか工場か(2020/02/10)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆プロジェクト区分

これまでいろいろと試行錯誤してきた問題に、プロジェクトの性格づけがある。プロジェクトの性格の区分は、区分によってプロジェクトマネジメントの考え方や手法が変わってくるので、プロジェクトマネジメントの前提であり、ポイントだともいえるが、VUCA時代に適した区分はなかなか悩ましい問題である。

例えば、2011年に上梓した著書

プロジェクトマネジメントの基本」(日本実業出版社)

では

・業務革新プロジェクト
・機能別革新プロジェクト
・経営企画プロジェクト

と区分しているし、また、メルマガ等でよく使っているのは

・イノベーションプロジェクト
・改善プロジェクト

という区分である。VUCA時代を迎えて、これ以外にも何種類か区分の方法を試みているが、一長一短でこれというのがなかったのだが、最近、若宮和男さんが書かれた

ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法」(実業之日本社、2019)

を読んでいて、ひょっとするとプロジェクト区分の決定版になるのではと思ったのが、

・工場
・アート

という区分だ。この本ではプロジェクトについてこのような区分をしているわけではなく、もう少し大きく、パラダイムとしてこのような区分ができると主張している。これは、

「工場パラダイムは「おなじ」が価値になり、アートパラダイムは「ちがい」が価値になる」

という考え方だ。


◆工場パラダイムとアートパラダイム

もう少し、詳しく説明すると、工場パラダイムでは「たくさんおなじ製品をつくれるのがよい工場であり、一方でちがいが生まれるとそれは不良品とされ、欠陥として扱われる。これに対して、アートにおいては「他の作品が暗黙のうちに従っている常識を疑い、他の作品とはまったくちがう作品のあり方」を求める。アートの価値はこのちがいにあるという。そして、「おなじは悪」であると考える。

これからの時代は他にはないちがいがつくれなければならないと主張している。

この主張の例として興味深いエクスサイズが示されているので、紹介しておこう。簡単なエクスサイズで、確認はせずに記憶だけで以下の質問に答えてくれというものだ。

Q1:いまあなたが使っているスマートフォンはなんですか。
   またそのメーカー名は?
Q2:いまあなたの部屋で使っている箱ティッシュはなんですか。
   またそのメーカー名は?

著者はティッシュペーパーは決めているので両方とも答えられたが、Q1に答えられる人がQ2に答えられる人よりは多いだろう。ニーズという観点で考えるとどちらも変わらないか、ひょっとするとティッシュの方が上かもしれないが、こういう差が出てくる。
その源泉が「ちがい」だというのがこのパラダイムに秘められた意味である。若宮さんは、この背景には「他のもので替えが効かないかどうか」(代替不可能性)であると言っている。確かにどの通りだ。


◆工場型プロジェクトとアート型プロジェクト

このようなパラダイムでプロジェクトを分けるとどうなるのだろうか。大雑把にいえば、従来のプロジェクトの進め方やスペックとできるだけおなじにすることで価値を生み出そうとするのが工場パラダイムのプロジェクト(工場型プロジェクト)であり、ちがいによって価値を生み出そうというのがアートパラダイムのプロジェクト(アート型プロジェクト)である。

異なる見方をすれば、設定した目標どおりにすることによって成果物を作り出すのが工場型プロジェクトであり、目的を実現するために設定した目標を積極的に変える(ちがいをつくる)ことによって成果を生み出すのがアート型プロジェクトである。


◆VUCA時代のプロジェクトの在り方

もう少し、細かく見ていこう。

現実に、プロジェクトマネジメントで求めているものは工場型プロジェクトであることが多い。つまり、

初期に決められた目標どおりに成果物をつくるのが成功プロジェクトであり、つくらないのは失敗プロジェクトである

と考えている。もちろん、このような性質のプロジェクトもある。しかし、プロジェクトの立上げ、あるいは初期計画の段階で決めたスペック通りの成果物をつくりあげても、考えていたものと異なるという指摘をされ、評価されないケースが増えてきている。

このような問題が起きている背景には、ビジネスのVUCA(Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧))がある。プロジェクトの成果物を使うビジネスの変動性が高くなってきて、プロジェクトで目標を明確にし、短期間で開発しても、完成したときにはニーズに合わない製品になっていたり、使えない道具になっていたりするのだ。

このような時代には、プロジェクトの成果物と成果の関係をよく考える必要がある。成果物はプロジェクトの目標になるものだが、その背景には成果になる目的がある。つまり、成果を上げるためには、初期に決めた成果物という目標を達成することではなく、目的を実現するためにどんどん目標を変えていくことが不可欠になる。


◆目標と目的の関係

このようなプロジェクトでポイントになるのは、ちがいである。一般に目標設定するときには、何か新しい要素があってもできるだけこれまでの実績のあるやり方やスペックを踏襲したいという考えがある。言い換えると、他のプロジェクトと同じようにプロジェクトを進めていきたいという考えがある。

ここで重要なポイントは、プロジェクトとは目標を達成するために行っているわけではなく、目的を実現するために行っているということだ。

この問題は、プロジェクトマネジメントによって解消されている。つまり、プロジェクトマネジメントによって目的を実現するためにもっとも効果的なプロジェクト目標を設定し、その目標を達成するためにプロジェクトをマネジメントすることになっている。もちろん、その目標が達成できれば目的が100%実現できることは少なく、目標は考えられる範囲で目的への貢献が最大になると主要ステークホルダーの間で合意したものである。

これはプロジェクトの成果で考えると、プロジェクトマネジメントはプロジェクトの成果を最大にできるとステークホルダーとの間で合意した成果物であるといえる。この議論は、別の記事を読んで欲しい。

【PMスタイル考】第158話:プロジェクトの成果と成果物

◆アート型プロジェクトの目標はゼロベースで考えた方がよい

このように捉えたときに、目的をできるだけ実現するためには、目標設定をゼロベースで考えた方がよい。従来のやり方でどれだけ新規性に対応できるかと考えるのではなく、目的実現により大きく貢献をするためには、どこに新規性を持たせるかも含めて、ゼロベースで考える。従来のやり方と変えることによって、より大きな目的実現を目指す。言い換えると、従来の目標設定と異なる目標を設定することにより、目的の実現に貢献する。

ところが現実によく行われているのは、新規性に対して、初期にステークホルダーとの間で従来の目標設定を参考にして、目標設定に合意したら、目的は脇に置き、目標達成に全力を尽くすという進め方をしているプロジェクトが多いのだ。

これでは、プロジェクトの環境が変わったときに、目的の実現に貢献の少ない成果物しかできない。実際に上に述べたように、目標を達成したのに目的が実現できていないと評価されるプロジェクトが増えている。

このように、アート型プロジェクトは、目標をどんどん変えながら、目的を実現していかなくてはならないプロジェクトである。つまり、

他のプロジェクトが暗黙のうちに従っている常識を疑い、他のプロジェクトとはまったくちがうプロジェクトのあり方を求める

のがプロジェクトマネジメントの基本になるのだ。


◆アジャイルプロジェクトマネジメントもアートで!

最後に少し、視点を変えて、アジャイルプロジェクトマネジメントについて考えておきたい。アジャイルプロジェクトマネジメントは本来、アート型プロジェクトのマネジメントの方法である。つまり、成果物の仕様をどんどん変えながら、プロジェクトの目的を実現し、プロジェクトの成果を上げるのがアジャイルである。

しかし、現実にはそうなっていないことが少なくない。ジグゾーパズルのようにあらかじめつくりたいものがあり、それを試行錯誤するためにアジャイルの仕組みを使っているケースが多いのだ。

上のパラダイムでいうと、工場パラダイムのプロジェクトマネジメントになっているケースが多い。これでは、VUCAの時代に対応できない。

VUCA時代に対応するには、マネジメント手法に関係なく、プロジェクトをアート型だと認識し、アートパラダイムのプロジェクトマネジメントを行っていくことが不可欠である。

◆アート型を実施するために必要な思考法を取得するセミナーをご案内します。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆クリティカルシンキングを活用したプロジェクトマネジメントの実践 ◆7PDU's
  日時・場所:【ZOOM】2020年 12月 10日(木)~11日(金)
                   13:30-17:00(13:20入室可)
        ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
        ※少人数、双方向にて、演習、ディスカッションを行います
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/critical_practice.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                           
   1.クリティカルシンキングトレーニング
    【講義】仕事の本質を考え、関係者として、評価する
    【エクスサイズ】現状を疑う
    【エクスサイズ】問題を疑う
    【エクスサイズ】視点を変え、別の可能性を追求する
   2.クリティカルシンキング応用(1)~要求分析
    【講義】本質要求を探す
    【エクスサイズ】顧客の現状認識を疑う
    【エクスサイズ】顧客の要求を疑う
    【エクスサイズ】顧客の要求の本質を追求する
   3.クリティカルシンキング応用(2)~リスクマネジメント
    【講義】クリティカルシンキングとリスクマネジメント
    【エクスサイズ】プロジェクト計画を疑う
    【エクスサイズ】プロジェクト目標を疑う
    【プロジェクト】クリティカルシンキングでプロジェクト計画を見直す
   4.クリティカルシンキング応用(3)~ステークホルダーマネジメント
    【講義】ステークホルダーを多面的に分析する
    【エクスサイズ】リスクからステークホルダーを特定する
    【エクスサイズ】ステークホルダーの影響力を疑う
    【エクスサイズ】視点を変え、ステークホルダーの意識を変える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入門編はこちらです。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆クリティカルシンキング入門             ◆7PDU's
  日時・場所:【ZOOM】2020年 12月 01日(火)~12月 02日(水)
           ~2020年 08月 21日(金)13:30-17:00(13:20入室可)
        ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
        ※少人数、双方向にて、演習、ディスカッションを行います
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/critical.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                           
   1.クリティカルに考えるとは
   2.ロジカルシンキング
   3.何を疑うのか(合理性)
   4.何を疑うのか(内省)
   5.クリティカルシンキングの4ステップ
   6.具体的状況におけるクリティカルシンキング演習
   7.クリティカルシンキング総合演習
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PMstyleメールマガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。オンライン開催も可能です。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

コンセプチュアル・マネジメント

ビジネス書の杜 令和

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは