本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

No64. プロジェクトチームのマネジメント《一般》(2019.04.08)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

【目的】プロジェクト作業(アクティビティ)を完了するために必要なチームを作る

【用途】プロジェクトのパフォーマンスを向上するため

【効用】カオスやコンフリクトが減り、速く、コストオーバーすることなく進む

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆プロジェクトチームのマネジメント
本プロセスは実行プロセスであり、すでにプロジェクト作業に必要な人的リソースについては、人的資源計画で計画されています。
そして、チーム編成、チーム育成にて、プロジェクトチームは、タックマンが提唱したプロジェクト・チーム形成の4段階モデル(成立期、動乱期、安定期、遂行期)において、成立期(メンバーの役割と責任が決まる)、動乱期(スコープについて理解は進むが、メンバーは不安とコンフリクトを経験している)の状況です。

チーム育成においては、安定期(プロジェクト目標に向かって統合されたチームとして作業)へ移行していることがベストですが、なかなかそのような状況になることは稀です。そこで、チームのマネジメントによって、安定期から遂行期(チームは高度に統合され、自律的なチームになってる)へ移行させることを行います。

チーム形成の4段階モデルについては、下記のコラムをご参照ください。

 PMの道具箱 第7回 チーム形成の4段階モデル

プロジェクトチームでは、それぞれが自律したチームメンバーであることが、より良い成果に直結します。チームメンバーが、個々の役割と責任を自覚し、また、自分はチームに対して、何が貢献できるのかを考えることが必要です。

そのためには、まず、プロジェクトチームの目的、ビジョンなどを自分たちが創ること、問題(コンフリクト)発生時には、チームで解決すること、など、プロジェクトの成果を上げるために、チームで行うことが重要ポイントです。そのことにより、個々の役割と責任が明確になり、個々のスキルアップや考え方の変遷、ダイバーシティによる気づきなどにより、チームに貢献できることがどんどん広がり、そのことによりパフォーマンスが向上し、より良い成果に直結していきます。

そして、それらのことは、チームメンバーのコロケーション(作業場所の終結)、フェースツーフェースミーティング(たとえ、グローバルチーム・バーチャルチームであっても2カ月に1回は会うことが推奨)などで、実現していきます。

アジャイルチームがチーム作り、振り返りによる成長、チームによる作業の進行を、朝会、週一の振り返り会などで行っていることと同様ですね。

そして、プロジェクト開始時における重要なポイントは、プロジェクトインフラストラクチャーの中に、これらのことを決めておくということです。

もちろん、プロジェクトインフラストラクチャーは、いったん決めたら、絶対に変更すべきではない、というものではありません。

アジャイルプロジェクトマネジメントであれば、プロジェクトインフラストラクチャーであっても、変えた方がチームや顧客にとって良い場合は、どんどん変えていきますし、そのことも振り返りでの重要なテーマです。

つまり、変更するということは、最初に決めておかないと変更ではありません。最初に決めるとおくことが重要、ということです。

プロジェクトインフラストラクチャーについては、下記コラムをご参照ください。

 PMstyle Kit No6. プロジェクトインフラストラクチャー(グランドデザイン)

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆チームコミュニケーションによるプロジェクトパフォーマンスの向上◆(3.5PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 04月 25日(木)13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2019年 10月 24日(木)13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pmo_communication.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.コミュニケーションとは何か
 2.プロジェクトにおけるコミュニケーションとマネジメント
  【エクスサイズ】コミュニケーションの難しさを体感する
 3.チームパフォーマンスの向上
  【エクスサイズ】チームコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは