本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第4回 コミュニケーション(1)〜5つのコミュニケーションスキル(12/06/12) 3/3

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人

◆オープンエンドの問いかけをする

オープンエンドクエスチョンとは、

・そのとき、何があった?
・そのとき、どう感じた?
・あなたならどう考える?

など相手に自由に答えさせる質問である。これに対して、イエスかノーかの質問はクローズエンドクエスションという。

オープンエンドの質問をすることによって、相手に十分にしゃべらせ、いろいろなことを聞き出すことができるし、また、そのようなコミュニケーションが信頼関係の構築につながっていく。

ただし、質問をうまくしないと、話が発散してしまうことがあるので注意する必要がある。

◆メッセージを追跡する

コミュニケーションをしている際に、さまざまな事情により、話が分断されてしまうことがある。このような場合に、その対話をそのままにしておくことは、信頼関係の崩壊につながる恐れがある。

話が分断されたときには、もう一度、必ず、前の話に戻して、対話を続けていくことを忘れてはならない。


◆リフレーミング

チームで議論しているような場合に、話が堂々巡りになってしまうようなことが珍しくない。たとえば、

スケジュールが遅れている
→残業時間を増やそう
→疲れるので同じこと
→人を入れよう
→慣れるまでは却って大変

こんなときに、なぜ、スケジュールを取り戻したい理由を考える。顧客に迷惑をかけないことだとすれば、議論を

現在の状況で顧客に迷惑をかけないためにはどうすればよいか

という視点に変えてみる。すると、たとえば、顧客側の進行を考えて、それに合せてリリースするという方法が見つかるかもしれない。

この5つのスキルがあれば、プロジェクトにおける対人的なコミュニケーションはなんとか乗り越えることができる。

←前へ
次へ→

◆コミュニケーションマネジメントのセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆チームコミュニケーションによるプロジェクトパフォーマンスの向上◆(3.5PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 03月 08日(金)13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 12月 21日(金)13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pmo_communication.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.コミュニケーションとは何か
 2.プロジェクトにおけるコミュニケーションとマネジメント
  【エクスサイズ】コミュニケーションの難しさを体感する
 3.チームパフォーマンスの向上
  【エクスサイズ】チームコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PMstyleメールマガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは