本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第4回 研究開発部門の人びと(1)(2016.08.16)

インフルエンス・テクノロジーLLC  高嶋 成豪


 第1回 みんな『互いに』わかっていない

 第2回 営業部門の人びと

 第3回 スタッフ部門の人びと

研究開発部門と言っても、置かれている立場は様々です。開発部門は製品企画を含むライン寄り。研究所は、会社によっては開発を担っているものの、多くは基礎的な研究をしています。
以前、ある会社の研究部門の研究者が、研究所に成果主義は馴染まない、と力説してくれました。すぐには結果が出ないのだから、単年で評価するのは間違っていると。
その大手化学品メーカーでは、最近研究所にも明確な成果を求めるようになったそうです。彼の言うとおりかもしれません。一方同じ会社の開発部門のマネジャーに求められるのは、営業上の成果でした。

これまでにも述べてきたように、「影響力の法則」では、影響力は「交換」、「ギブ&テイク」です。何を「ギブ」すれば、こちらが望む何かを「テイク」できるかが、影響力発揮の鍵になります。そこで、交換を進めるために相手にとって何が価値あるかを探ります。

影響力の法則』(コーエン&ブラッドフォード著 2007年 税務経理出版)

ところで交換は、だいたい同じぐらいの価値であると成立します。
初対面のだれかが、一方的にタダで何かをしてくれと言ってきたら、何を馬鹿なことをと思いませんか?
私も講演料が安すぎると感じたら、仕事を引き受けられません。これは立場が逆でも同じです。こちらがギブするものにあまり価値がないと感じられたら、相手は動かないでしょう。

そこで交換する価値が同じぐらいであることを表すために、この価値のことをカレンシーと呼ぶことにしました。カレンシーとは通貨のことです。
例えば、今日の為替レートは1ドル102円です。レートが決まっているから、簡単に交換できます。仕事の現場では、いろいろな価値が交換されます。
例えば、専門能力と報酬、努力と励まし、ビジョンとやる気、気遣いと敬意など、様々です。
カレンシーを意識すると、「これで、同じぐらいの価値があるかな」と考えることができ、いろいろ交換しやすくなります。

そこで「影響力の法則」では、影響力を「カレンシーの交換」と呼びます。

カレンシーの交換で気をつけたいのは、否定的なカレンシーの交換です。

嫌な思いをしたひとが、仕返しをするのが一例です。カレンシーは良いものばかりではなく、否定的なカレンシーも交換されるのです。
また意識していないのに、否定的なカレンシーを相手に渡している人がいます。その人は、なんで相手が反発するんだろう、と思っていることでしょう。

以前、あるメーカーの開発部門のプロジェクトマネジャーで、研究所の所長が協力してくれなくて困っている、という方がいました。彼はもともとは研究所の出身です。だから、うまくいきそうなものですが、研究所が出してくる新製品の開発に必要なデータの解析が甘く、しばしばやり直しとなってスケジュールが遅れるというのです。

この技術者は、大変優秀な方でした。日本のトップレベルの大学で博士号をとってもいました。これまでに素晴らしい研究成果をあげており、彼の論文は世界の研究者に引用されたほどです。
でもすごく優秀だからいい仕事ができる思うのは、考えが浅いですよ。このプロジェクトマネジャーは、自分でも気付かずに、否定的なカレンシーを所長に渡していたのです

(次回に続く)

◆「影響力の法則(R)」を使ったセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時・場所:【ZOOM】2020年 09月 28日(月)13:30-17:00(13:20入室可)
           〜2020年 09月 29日(火)13:30-17:00(13:20入室可)
       ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
       ※少人数、双方向にて、ディスカッション、ロールプレイを行います
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】

1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・ステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
2.ステークホルダーの特定・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー影響グリッド
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習2)ステークホルダーリスト
3.影響力の法則(R) ・影響力とは何か?
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画するステップを学ぶ
 ・(演習3)カレンシーを考える
4.概念的に考えて具体的に行動する・コンセプチュアルスキルとは
 ・本質を見極める
 ・洞察力を高める
5.ステークホルダーと良い関係を作る・WinWinの関係
 ・信頼を得る
 ・チームを結束させる
 ・(演習5)期待と要求のロールプレイ
6.まとめ
 ・(演習6)カレンシーを再考する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

高嶋 成豪    インフルエンス・テクノロジーLLC マネージング・パートナー

人材開発/組織開発コンサルタント。インフルエンス・テクノロジーLLC.マネージング・パートナー。ゼネラル・モーターズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどで人材開発に従事。現在リーダーシップ、コミュニケーション、チームビルディング、キャリア開発のセミナーを実施し、年間約1000名の参加者にプログラムを提供している。ウィルソンラーニング・ワールドワイド社によるリーダーシッププログラム、LFG(Leading for Growth:原著はコーエン&ブラッドフォード両博士の共著“Power Up”)のマスター・トレーナー。2007年『影響力の法則 現代組織を生き抜くバイブル』(原題“Influence without Authority”)を邦訳。コーエン&ブラッドフォード両博士から指導を受け、「影響力の法則」セミナー日本語版を開発。日本で唯一の認定プロバイダー。筑波大大学院教育研究科修了 修士(カウンセリング) 日本心理学会会員 ISPI(the International Society for Performance Improvement)会員 フェリス女学院大学講師

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてくださ

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは