本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第15回 コミュニケーションって? (2009.11.13)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


前回までに、プロジェクトの計画として、WBS、スケジュール計画、予算計画の主な計画の作成とそれらにまつわるリスクの計画とトラッキングについて述べてきました。

今回は、コミュニケーションを取り上げます。

基本的にコミュニケーションの計画とは、プロジェクトがスムーズに進められるように、計画通り進められるように、目標を達成するためにどんなコミュニケーションを実施すべきかをそのルールとして、

・誰から
・誰へ
・どんな情報を
・どんなタイミングで
・どんな手段で
・(どれくらいお金をかけて)
・どうするのか

を決めておくものです。

通常、ルールの上から6つくらいまでは考えますが、最後のひとつを忘れがちです。

コミュニケーションは情報伝達だけだと思われがちですが、情報共有として、その情報を理解したかという点が重要です。

ドラッカーの言葉に、「聞くものがいなければコミュニケーションは成立しない」とあります。
伝えただけでは、例えば、「○月○日にこの情報を電話だお伝えしましたが・・・」
というのはコミュニケーションではない、ということになります。つまり、相手に聞く気がなければ、言っただけでは、コミュニケーションにならないということです。

なんだか、いつも子供に「この前、何度も言ったでしょ!!!」と怒っていた私としましては、頭の痛い、耳の痛い話ですが。

それでは、プロジェクト内において、コミュニケーションとして成り立つために、何を考えたらいいのでしょうか。それは、次回に。

◆コミュニケーションのセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンセプチュアル思考を活用したコミュニケーションの考え方と実践   ◆7PDU's
  日時・場所:【Zoom】2022年 12月 19日(月),20日(火)13:30-17:00(13:20入室可)
     【Zoomナイト】2023年 02月17日(金)24日(金) 19:00-21:00(18:50入室可)+3時間
        ※Zoomによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
        ※ナイトセミナーは、事前学習3時間あります。
        ※少人数、双方向にて、個人ワーク、ディスカッションを行います
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_communication.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
 ※Youtube関連動画
 「コンセプチュアルスキルとは」  「コンセプチュアルスキルで行動が変わる
 「上手な説明とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                           
  1.コンセプチュアルスキルでコミュニケーションを改善する
  2.説明を上手にする方法
  3.コンセプチュアルスキルを活かした交渉術
  4.ストーリーによって共感を得るコミュニケーション
  5.(エクスサイズ)50人とコミュニケーションをする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

お薦めする書籍 書籍プレゼント

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。PMstylebiz

メルマガ購読

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

ブログ

PMstyleプロデューサー

コンセプチュアル・マネジメント

ビジネス書の杜 令和

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは