本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMstyle公開セミナー東京・大阪にて開催    


A4プロジェクトマネジメント〜OODAで自律的に動く アンケートコメント  お申込み  開催決定通知メール送付 公開セミナーお問合せ

ビジネスの不確実性が増し、アジャイルなビジネス活動が求められるようになってきました。これに伴い、情報化や商品開発においても、取り回しの効く小さな規模のプロジェクトを多く実施することにより、柔軟に変化に対応していくことが求められています。

このようなプロジェクトを成功させるには、プロジェクトマネジメントは、プロジェクトのガバナンスを維持するために必要な最低限の計画を作成し、プロジェクトを柔軟に進めていく必要があります。A4プロジェクトマネジメント〜OODAで自律的に動くの重要な5つの要素
最低限の計画とは

・オーナーシップ
・タイムライン
・コスト
・目標
・タスク

の5つです。簡単にいえば、オーナーシップが明確にされたタスクと目標の関係を明確にしながら、各タスクのオーナーが時間とコストの制約の中でプロジェクトを進めていくようなプロジェクトマネジメントであり、A4一枚にて、計画を作成し、作業の進捗を管理します。

そして、このようなプロジェクトマネジメントの場合、タスクオーナーは責任を持って、かつ自律的に自分のタスクを進めていく必要があるとともに、今まで経験したことの繰り返しではなく、不確実性の高い作業をこなしていかなければ、タスクオーナーとして責任を果たすことができなくなってきています。そこで、タスクオーナーの作業の進め方にOODAサイクルを取り入れることで、臨機応変にタスクを完遂できることを目指します。

OODAサイクルは、米軍により機動戦に対応するために開発されたもので、

Observe(観察):とにかくよく相手を観察する
Orient(方向づけ):過去の経験や知識を総動員して、何をすべか状況判断をする
Decide(決心):決心する
Act(実行):実行する

の4ステップからなるマネジメントサイクルです。その背景には孫子の兵法やトヨタ経営方式があるといわれています。
本セミナーでは、重厚長大なプロジェクトマネジメントではなく、オーナーシップを重視し、A4のSPMシート1枚にて計画・進捗管理し、タスクは、担当者が自律的にOODAサイクルで動く・進めていくシンプルなプロジェクトマネジメントを習得できる講座です。


ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。


PMPの方へ
本コースは、
7PDU(Category Type : A Technical: 2,Leadership:4,Strategic:1)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、PDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PDU数の登録も、サブカテゴリー別に入力します。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
1.プロジェクトに必要なマネジメント
2.目的・目標を5つの質問で確認する
3.目標からタスクを洗い出し、計画を作成する
4.OODA概要
5.OODAで自律的に動く
日時・場所
【東京】2019年 12月 20日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
    ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)アクセス
【大阪】2020年 02月 07日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
    大阪市中央公会堂(アクセス) (大阪市北区)
※会場は変更になる場合がありますことをご了承ください
受講料
・PMstyle+プラチナ会員: 30,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 35,000円(税別)
・非会員: 40,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
3名様以上でのお申込の場合、開催を確定します。
また、5名様以上の場合、ご希望日程の開催や企業研修にて、お受けします。お問合せください。
※個人受講割引について(複数名割引との併用はできません)
受講料を個人で負担される場合、50%引きとさせていただきます。備考欄に「個人受講割引」とご記入ください。お支払は事前振込またはクレジット支払のみになり、請求書は発行いたしません。
申込期間
申込は、前日まで受付します。早割(20%オフ)の対象期間は、東京開催は、2019年11月20日まで、大阪開催は2020年1月07日までです。  
対象
プロジェクトに関係する人 
講師
鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
定員
12名(最小実施人数 5人)
応募者が5人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

受講者の声(掲載をご了承いただいた方の受講後のアンケートコメント)


お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日* 【東京】2019年12月20日(金) A4プロジェクトマネジメント~OODAで自律的に動く
【大阪】2020年02月07日(金) A4プロジェクトマネジメント~OODAで自律的に動く
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*  【東京】2019年12月20日(金) A4プロジェクトマネジメント~OODAで自律的に動く
 【大阪】2020年02月07日(金) A4プロジェクトマネジメント~OODAで自律的に動く
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

↓↓↓ 公開セミナーについてのお問合せ ↓↓↓

公開セミナーのお問合せを承ります

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。

セミナー開催日* 【東京】2019年12月20日(金) A4プロジェクトマネジメント~OODAで自律的に動く
【大阪】2020年02月07日(金) A4プロジェクトマネジメント~OODAで自律的に動く
お問い合わせ内容*
お名前*
会社名*
E-Mail*
電話番号*
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、メールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。
後ほど、メールまたはお電話にて、お問い合わせ内容について、ご連絡いたします。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは