本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。


コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす  ご受講された方の声 お申込み   開催決定通知メール送付 公開セミナーお問合せ  セット受講はこちら

多くの企業が自社の事業を成長させるためにイノベーションに取り組んでいますが、なかなか、成果に結びつきません。この状況に対して、戦略やアプローチなど、さまざまな原因が指摘されていますが、その中のひとつに思考方法の問題があります。

イノベーションは既存のアイデアや技術の組み合わせだという認識があり、そのようなアプローチをとるケースが少なくありませんが、なかなかよいアイデアが生まれません。その理由は、具体化された商品ベースのアイデアや技術を組み合わせようとしていることにあると思われます。

もう少し、アイデアや技術の意味合いを考え、概念的なレベルで思考できれば、もっとよい成果が生まれてくることが期待できます。

一方で、そのようなレベルで考えても商品やサービスに結びつかないという問題意識があり、それ故にできるだけ具体的な商品や技術レベルで考えたいという現実もあります。

このような状況を打破するためには、概念と具体の行き来をしながら物事を考えていくコンセプチュアル思考が有用です。すなわち、既存のアイデアを概念化し、概念的なレベルのアイデアの組み合わせで新しいアイデアを生み出し、その上でさまざまな形に具体化(商品化、サービス化)していきます。

本講座では、まず、コンセプチュアル思考をどのようにイノベーションの創出に活用できるかを説明し、いくつかそのようなイノベーションの例を示します。その上で、コンセプチュアル思考を用いたイノベーションプロセスを解説し、さらにはイノベーションへの取り組みプロジェクトの進め方を解説します。

これらを簡単な演習を交えて進めた上で、総合演習としてコンセプチュアル思考を用いたイノベーションのワークショップを行います。

本講座を受講することにより、

・イノベーションの創出のイメージが明確になる。
・商品イノベーションに限らず、業務の進め方のイノベーションもイメージできるようになる

といった効果が期待できます。

【参考記事】
【PMスタイル考】第130話:イノベーションにおけるコンセプチュアルスキルの役割

【PMスタイル考】第134話:イノベーションはビジョンから!〜イノベーションの本質


ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。

PMPの方へ
本コースは、
7PDU(Category Type : A Technical: 1,Leadership:3,Strategic:3)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、PDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PMPの方がサブカテゴリー別にPDU数を入力するのは、2017年12月1日以降です。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
1.変革(イノベーション)におけるコンセプチュアル思考の役割
 ・コンセプチュアル思考でイノベーションのニーズを見極める
 ・コンセプト創造とコンセプト実現
 ・ジョブ理論とコンセプチュアル思考
2.イノベーションのおけるコンセプチュアル思考の活用例
 ・直観と論理の軸の活用例
 ・大局と分析軸の活用例
 ・抽象と具象軸の活用例
3.コンセプチュアル思考によるイノベーションプロセス
 3.1 要求/アイデア/ジョブ/を概念化し、価値(本質)の概念モデル(コンセプト)を作る
 3.2 概念モデルのさまざまな実現方法を考える
 3.3.実現方法を評価する
4.イノベーションプロジェクトのプロジェクトの進め方
 ・イノベーションのニーズを見極める
 ・イノベーション機会を作る
 ・イノベーションを実行する
5.コンセプチュアルイノベーションワークショップ
場所
国際ファッションセンター(東京都墨田区)アクセス
※会場は変更になる場合がありますことをご了承ください
日時
2019年 01月 22日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)
受講料
・PMstyle+プラチナ会員: 40,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 45,000円(税別)
・非会員: 50,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
3名様以上でのお申込の場合、開催を確定します。
また、5名様以上の場合、ご希望日程の開催や企業研修にて、お受けします。お問合せください。
申込期間
前日までお申込みを受付いたします。早割(20%オフ)の対象期間は、2018年12月22日までです。
対象
・イノベーションの担当者
・イノベーションプロジェクトのプロジェクトリーダー
・イノベーションの実務に関わる人 
講師
好川哲人(有限会社エムアンドティ取締役、株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表取締役)MBA
技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。
定員
12名(最小実施人数 5人)
応募者が5人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

受講者の声(掲載をご了承いただいた方の受講後のアンケートコメント)


お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*   2019年01月22日(火) コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
  

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、メールにてお知らせし、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*  2019年01月22日(火) コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、メールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

↓↓↓ 公開セミナーについてのお問合せ ↓↓↓

公開セミナーのお問合せを承ります

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。

セミナー開催日*  2019年01月22日(火) コンセプチュアル思考でイノベーションを起こす
お問い合わせ内容*
お名前*
会社名*
E-Mail*
電話番号*
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、メールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。
後ほど、メールまたはお電話にて、お問い合わせ内容について、ご連絡いたします。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは