本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第53回 ステークホルダー一覧表(2013/10/04)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


◆ステークホルダー一覧表

PMBOK(R)第5版では、いよいよ、ステークホルダーマネジメントが新しい知識エリアになります。

PMBOK(R)ガイドは、1996年に第1版が発行され、4年ごとに改訂され、2008年に第4版(英語版)、日本語版は2009年に発行されていますが、その間、プロセス数には増減がありましたが、知識エリアはずっと9つでした。
そして、第5版にて10になりました。

また、英語版の第5版はすでに発売されているのですが、残念ながら、日本語版は年末発売だそうで、まだ入手することができません。

PMI会員の方は、第5版の1部分がダウンロードできるようです。
PMI本部の会員サイトにログインし、PMBOK(R)第5版のJapaneseをクリックするとダウンロードできます。ただし、その1部分も文章は日本語なのですが、図が英語のままです。

そこでは、ステークホルダー知識エリアのプロセスは以下の4プロセスでした。

1.ステークホルダー特定(立上げプロセス群)
2.ステークホルダー・マネジメント計画(計画プロセス群)
3.ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント(実行プロセス群)
4.ステークホルダー・エンゲージメント・コントロール(監視コンロトールプロセス群)

要は、どんなステークホルダーがいて、ステークホルダーのニーズや期待を満足させるための計画をたて、実行し、コントロールしましょう、ということなのだと思います。(日本語版がまだ、手元にありませんので、はっきりしたことはまだ不明です)

ここでの、ポイントは、ニーズや期待を満足させる活動は、コミュニケーションと密接な関連があるということです。

PMstyleでは、以前から実施していますPM養成講座にて、1つのセッションとして、ステークホルダーマネジメントを取り扱っています。
その中では、ステークホルダー一覧表をステークホルダー特定のアウトプットであるステークホルダー登録簿に準拠した計画文書として演習を行ってきました。

その演習では、

「さあ、ステークホルダーを特定しましょう」

とフリーで行うのではなく、以下の着眼点からステークホルダー(プロジェクトと利害が関係する人やグループ)を特定し、ステークホルダー一覧表を作成します。

・プロジェクトの資金承認者
・プロジェクト要求の承認者
・技術的意志決定の承認者
・要求の変更承認者
・スケジュールの変更承認者
・・・他15項目

そして、次に、ステークホルダー影響グリッドを作成し、マネジメントすべきステークホルダーについての行動計画を作成します。

PMの道具箱 第10回 ステークホルダー影響グリッド

そして、それを実現していくコミュニケーション計画に展開していきます。

PMの道具箱 第29回 コミュニケーション・マネジメント計画書

ステークホルダーマネジメント計画書については、次回にします。

◆顧客(ステークホルダー)に関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時・場所:【Zoom】2022年 06月 16日(木)〜 17日(金)13:30-17:00(13:20入室可)
     【Zoomナイト】2022年 10月 07日(金)14日(金) 19:00-21:00(18:50入室可)+3時間
        ※Zoomによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
        ※ナイトセミナーは、事前学習3時間あります。
       ※少人数、双方向にて、ディスカッション、ロールプレイを行います
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
2.ステークホルダーの特定
 ・(演習2)ステークホルダーリスト
3.影響力の法則(R) ・影響力とは何か?
 ・(演習3)カレンシーを考える
4.概念的に考えて具体的に行動する・コンセプチュアルスキルとは
 ・本質を見極める
 ・洞察力を高める
5.ステークホルダーと良い関係を作る
 ・(演習5)期待と要求のロールプレイ
6.まとめ
 ・(演習6)カレンシーを再考する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

お薦めする書籍 書籍プレゼント

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。PMstylebiz

メルマガ購読

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

ブログ

PMstyleプロデューサー

コンセプチュアル・マネジメント

ビジネス書の杜 令和

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは