本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第3回 過去の不愉快な経験を克服する(2009.05.15)

インフルエンス・テクノロジーLLC  高嶋 成豪


 前回は、利害の対立を越えて、協力関係を築くために、共通の利害を見つけようと書きました。今回は、過去の不愉快な経験を克服する、です。

 過去の不愉快な経験は、相手が敵に見える“3大要因”のひとつです。ひとたび嫌な思いをすると、その思いを変えるのはなかなか容易ではありません。一例は、世界中で頻発する宗教、民族の対立です。遠い第三国にいる私にとって、当事者の感情は推測するしかありません。しかし、彼らが「相手との関係で不愉快な経験をした → また嫌な経験をするに違いない → 嫌な思いをする前に相手に思い知らせてやろう」と考えるのは、容易に想像できます。こうして紛争はつきないのでしょうか。

 このような紛争は、仕事の現場でもときどき見られます。民族間の紛争と違うのは、「・・・→ 嫌な思いをする前に、相手に思い知らせてやろう」に加え「嫌な思いをするぐらいなら、相手にしないでおこう」という選択肢があることでしょうか。いずれにせよ、他部門の誰か、顧客、上司・・・。以前不愉快な思いをした相手は、敵に見えがちです。
「経理部のあいつは、以前忙しいときに細かい注文をつけてくれた。おかげで計画より遅くなってしまったよ」
「あのお客は、いつもクレームばかりつけるんだ。あんな客には売りたくないね」
「時間かけて準備したプランなのに、うちの課長ときたら何も言わずに突き返してくるんだ。どうせ今度もそうさ。どうして私の仕事の邪魔をするんだろう」

 そして、しばしば相手に対する否定的な仮説の立証を試みます。たとえば問題が起きないように丁寧に説明するかわりに、再び相手がクレームを言ったり拒否することを導いてしまうのです。

<プロダクトマネジャーを敵にまわした営業マネジャー>
 消費財メーカーの若き営業マネジャー秋田氏は、新製品の導入プロモーションについてプロダクトマネジャー清川氏とミーティングを持つ予定だった。早期に詳しい製品情報がほしかったし、担当する地区の販売では他の営業マネジャーに負けたくなかった。

 しかし、秋田氏にとって清川氏は苦い思い出のある人物だ。昨年の新製品導入の際は、情報提供を求めたにもかかわらず返答がなく、結果はいまひとつ。ところが秋田氏のライバルの営業マネジャーには、十分な新製品情報が届き、担当地区での導入に成功したのだ。この一件で、秋田氏は清川氏に対して不信感を抱くようになった。「なにが気に入らなかったんだろう。私のところには情報をよこさないで、あいつにだけ情報提供するなんて。清川さんは私を信頼していないんだろうか・・・」

 その後清川氏に会いにくくなり、話す機会が減っていることに気づいた秋田氏だったが、そのまま忘れていた。あれから1年、再び清川氏だ。穏やかに臨もうと思っていた秋田氏だったが、昨年のことを思い出すと、いらいらしてきた。私のことをよく思っていないのではないか。つい緊張する。すると、伝えようと思っていた新製品成功への決意など、すっかり吹っ飛んでしまい、口数も減ってしまう。いい歳してよくないな、と思いながらも、ひとたびいらだちを感じると、なかなか止められない。

 それから2日、清川氏からの情報はまだ届かない。これではプロモーションプランが滞ってしまう。メールして催促しなければ!「やはり、彼は私をあまりよく思っていないようだ。いくら超多忙とはいえ、もっと早く反応してくれてもいいのに。本当にやりにくい!」

 清川氏の方はといえば、秋田氏の様子から、それほど急いでいないのかと考え、また多忙のうちに、対応が遅れている様子だった。別に秋田氏に悪い感情を抱いているわけではなかった。ただ、そうしているうちに優先順位が下がってしまっていたのだ。それなのに、秋田氏から「感情的なメール」を受け取るとは!戸惑っているのは清川氏だ。


対応と考え方
 まずは、相手から何を得たいのかを定めることが肝要だ。どのような協力を得られればよいのだろう。
 そのうえで、相手の置かれている状況を客観的に検討しよう。つまり、相手は本当にこちらに敵意を持っているのだろうか。そうかもしれない。しかし、まだ確認できていないことである。確認できていない事態に振り回されるのはよろしくない。以前カウンセリングのトレーニングを受けたとき、事実でないことに振り回されるのは、憂鬱(抑鬱)のもとだ、言われていた。

 その解消のひとつの方法が事実の収集だ。冷静になって客観的に見ていけば、事実はそんなにひどいものではないかもしれない。たとえば、清川氏も秋田氏を嫌っているのではない。ただ、忙しさにかまけていた、あるいは秋田氏の意図を誤解していただけではないか。


 さらに、相手の立場を考えてみよう。担当する新製品の発売を控えたプロダクトマネジャーは、多忙を極めているだろう。彼は何にプレッシャーを感じているのか?秋田氏の依頼の優先順位を下げてしまうのはなぜか?他の営業マネジャーが、清川氏を強力にプッシュしているのではないか。客観的に見ていけば、手の打ちようが見つかるだろう。仮に見つからなかったとしても、相手の置かれている状況を考えていくだけで、相手に対する敵意や苦手意識は低減する。一般的に、知らない相手のことはよく思わない傾向がある。逆に知れば知るほど、友人になれるのだ。敵と思っていた相手と、一杯飲みに行ったら友人になったりするではないか。相手の置かれている状況を理解するのは、過去を克服するチャンスになる。


まとめ 敵とであったときこそ、事実を検討しよう。相手の立場に立ってみよう。それだけで、相手に対する敵意は薄らぎ、協力を得られるようになる。

◆「影響力の法則(R)」を使ったセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時・場所:【ZOOM】2020年 09月 28日(月)13:30-17:00(13:20入室可)
           〜2020年 09月 29日(火)13:30-17:00(13:20入室可)
       ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
       ※少人数、双方向にて、ディスカッション、ロールプレイを行います
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】

1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・ステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
2.ステークホルダーの特定・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー影響グリッド
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習2)ステークホルダーリスト
3.影響力の法則(R) ・影響力とは何か?
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画するステップを学ぶ
 ・(演習3)カレンシーを考える
4.概念的に考えて具体的に行動する・コンセプチュアルスキルとは
 ・本質を見極める
 ・洞察力を高める
5.ステークホルダーと良い関係を作る・WinWinの関係
 ・信頼を得る
 ・チームを結束させる
 ・(演習5)期待と要求のロールプレイ
6.まとめ
 ・(演習6)カレンシーを再考する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

高嶋 成豪    インフルエンス・テクノロジーLLC マネージング・パートナー

人材開発/組織開発コンサルタント。インフルエンス・テクノロジーLLC.マネージング・パートナー。ゼネラル・モーターズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどで人材開発に従事。現在リーダーシップ、コミュニケーション、チームビルディング、キャリア開発のセミナーを実施し、年間約1000名の参加者にプログラムを提供している。ウィルソンラーニング・ワールドワイド社によるリーダーシッププログラム、LFG(Leading for Growth:原著はコーエン&ブラッドフォード両博士の共著“Power Up”)のマスター・トレーナー。2007年『影響力の法則 現代組織を生き抜くバイブル』(原題“Influence without Authority”)を邦訳。コーエン&ブラッドフォード両博士から指導を受け、「影響力の法則」セミナー日本語版を開発。日本で唯一の認定プロバイダー。筑波大大学院教育研究科修了 修士(カウンセリング) 日本心理学会会員 ISPI(the International Society for Performance Improvement)会員 フェリス女学院大学講師

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてくださ

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは