本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第14話 イノベーティブリーダーの思考法(6)〜抽象と具象の行き来(2013.07.12)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆問題は具体的に見えるとは限らない

イノベーティブ・リーダーの思考法の第3回で視点を変えるという話をした。その中で、抽象度を変えるという方法を紹介したが、この方法はイノベーティブ・リーダーにとって非常に重要な思考法なので、もう一度、詳しく説明しておきたい。

第3回でも述べたように、問題が起こったと直面するのは、目の前で困りごとがあったときである。第3回の例であれば、顧客から追加要求があったが、予算はない。追加要求のような問題はたいてい、そこで起こった問題ではなく、潜在的に存在していて、なんらかのタイミングで発覚することが多い。その意味では、洞察力の問題かもしれない。


◆抽象的に考えることによって問題が起こる前に予見する

では、どうすれば目の前で起こる前に予見できるのか。おそらく多くの人が頭に思い浮かべるのは「経験」であろう。たとえば、当該の顧客は過去の仕事で何度も同じような要求を繰り返していれば、今回もあるだろうという想像はつく。あるいは、この顧客に限らず、この仕様のシステムであればこの機能は必要だろうという洞察もある。

このように目の前の問題として生起する前に洞察するには、自分の経験や、人から得た情報をなどを抽象化し、その情報から察することが必要である。

ただし、抽象的な情報から判断するだけでは十分ではない。たとえば、この顧客は「一旦決めた要求仕様を変更する」という抽象的な情報があったとしよう。だから今回も変更すると考えるのは早計である。なぜ、変更するのか?という疑問がわく。


◆抽象と具体を行ったりきたりする

そこで、もう一度、過去の具体的な話に戻ってみると、Aシステムの時には要求をまとめたあとで、A部門トップからシステムを更新することに対する途中で横やりが入った。BシステムのときにはB部門が要求抽出に対応せずシステム部門がまとめたため、テストまで本当の要求が聞けなかったという事情があった。要するに、変更の起点になっているのはユーザ部門である。

そこで、問題をユーザ部門とシステム部門の調整がうまくいかずに、進めていくので、要求が変わると抽象化できる。そう考えてみると、今回のシステム化の対象になるのはC部門で、C部門にはもとシステム部門にいたSさんが取り纏めなので、これまでと同じパターンはないと考えてもよい。

このように抽象化するだけはなく、その情報から今回はどうなるかを具体的に想像してみる、さらには今回の具体的な状況は抽象化された状況に当てはまっているかどうかを考えるというように、抽象と具象の間を行ったりきたりしながら、現実には起こっていないことや、目に見えていないことに考えを巡らせることによって、リーダーとして、より適切な判断や行動することが可能になるのだ。


◆抽象化することによって、具体的な手段の幅を広げる

もう一つの抽象と具象を行き来する問題解決の例を紹介しておく。このテーマは「抽象化することによって、具体的な手段の幅を広げる」ことである。まず、こんなケースを考えてみてほしい。

【ケース】
京都で帆布製バックを製造販売しているA社は観光客を中心に人気があり、80%の売り上げが観光客だった。

ある日、社長が「わが社もインターネットに直販サイトを作り、京都に来たときに買ってくれる人以外にも広く商品を使って貰いたい」と言い出した。そこで営業マネジャーのMさんは異業種交流会の活動でよく知っているウェブデザインを手がけるS社の社長に相談した。しかし、S社の見積もりはA社で考えている予算の倍で、他を探しても予算内では納まらないと思うよと言われた。

このケースで、あなたがMさんだったらどう対応するだろうか?

社長が言っていることは、システムをインターネットに直販サイトを作るという具体的な要求である。これをそのまま、受け止めてしまうと予算が足らない。

そこで、社長がやりたいことを抽象化してみるのだ。この場合のヒントは、社長の言葉にある「広く商品を使ってもらいたい」という言葉だ。これ自体を要求だと考えてもいいし、もう少し、具体的にして「観光客以外の人にバックを売る」と考えてもよい。

仮に前者だと考えると、直販サイトを作らなくても、

・雑誌とタイアップして、京都に来る観光客にA社のバックを徹底的にPRする
・インターネットに情報提供用のサイトを作る
・モールを使って販売する
・地元の観光協会とタイアップしてバックを無料レンタルする

など、いくらでも社長の思いを実現する方策のアイデアは出てくるだろう。

◆関連するセミナーを開催します
この講座は、コンセプチュアル思考とその実践について学ぶ講座です。
自身の業務やマネジメントを創造的、かつ、高品質にしたい方にお勧めのセミナーです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルスキル実践           ◆(14PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 03月 05日(火),03月06日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            国際ファッションセンター(東京都墨田区)
        【大阪】2019年 02月 15日(金),02月22日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【カリキュラム】
 【第1日】思考編
 1.コンセプチュアルスキルとコンセプチュアル思考
 2.本質を見極めるスキル
 3.コンセプチュアル思考の5軸
 4.コンセプチュアル思考による本質の見極め
 5.コンセプチュアル思考が行動を変える
 【第2日】行動編
 1.コンセプチュアルスキルが必要な局面とは
 2.顧客や市場の要求の本質を分析し、実現する
 ・(ワークショップ)ケーススタディにおいて本質的要求を探す
 3.新しい方法や製品を考える
 ・(ワークショップ)本質要求に対する課題の本質を見極め、実現の方法を考案する
 4.コンセプチュアルなファシリテーションを行う
 ・(ワークショップ)新しい方法を考える際のファシリテーション演習
 5.トラブルを解決する
 ・(ワークショップ)実現の際に発生したトラブルの本質を考え、根本的に解決する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入門編はこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時・場所:【東京】2019年 04月 17日(水)10:00-18:00(9:40受付開始   
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2019年 05月 22日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【カリキュラム】
  1.コンセプチュアルスキルとは
  2.本質を見極める
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルスキルでこれからの行動が変わる〜ケーススタディ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは