本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第3回 大局と分析の行き来でエクセレントな現場を創る(2017.06.15)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆トヨタ生産方式とは

今回は、日本のイノベーションの中で国際的な影響を与えたという点では、ベスト3に入るのではないかと考えられるトヨタ生産方式について分析してみたいと思います。

トヨタ生産方式は、「豊田式汽力織機」の「自働化」と、トヨタ自動車の「ジャスト・イン・タイム」を柱とするマネジメント方式です。生産管理の考え方というより、経営思想だといってもよいでしょう。

「自働化」は1950年代に考案されたもので、ニンベンのついた自働化とも呼ばれます。機械自身に異常の有無を把握する機能を組み込むことにより、機械異常が発生した場合には機械及びラインを停止し、後工程への不良品の供給を回避する考え方です。

「ジャスト・イン・タイム」は、1960年代に考案されました。生産工程の各段階に、必要なものを、必要な時に、必要な量だけ運ぶことにより、造りすぎのムダをはじめとするさまざまなムダを排除し、リードタイムの短縮化とともに生産効率の改善を実現しようとする考え方です。

トヨタ生産方式は、これらを動かす「人」を育成することにより初めて実現するものであり、これまでの常識にとらわれない意識改革が重要と考えられています。


◆トヨタ生産方式が語る生産活動の本質

このような発想をするには、生産作業だけではなく、生産活動の本質は何かを熟考する必要があります。自働化もジャスト・イン・タイムも現場の実態に注目し、発案された手法のように見えますが、それだけではありません。

いずれも、生産現場で起こっている問題が、工場全体、あるいは経営に対してどういう問題なのかを考えた上で、それを解決することによって現場の問題を解決していることが分かります。

ジャスト・イン・タイムであれば、造りすぎのムダ以外に

・手待ちのムダ
・運搬のムダ
・在庫のムダ
・動作のムダ
・不良・手直しするムダ
・加工のムダ

といったムダを排除しています。

このようなことが出来るのは、生産現場で起こっている問題を、生産活動、あるいは経営活動の問題という大局的な視点を考慮しているからです。これは、コンセプチュアル思考で考えている大局的/分析的の軸を使った思考法に他なりません。




日本では現場で仕事をしている人たちは、自分の見える範囲にしか興味を持たず、それ故に大局的な視点からの発想が苦手です。

このような傾向の中で異彩を放っている企業の一つがトヨタですが、トヨタも現場主義の企業だと認識されています。しかし、本当の現場主義は、大局的な視点と現場の分析的な視点を持ち、行き来しながら、現場の方策を決めることだということが、トヨタを見ているとよくわかります。このために実践しているのが、WHYによる(問題の)本質の掘り下げです。

このような方法は特にオペレーションのイノベーションには非常に有効な思考法だと考えられます。


◆関連するセミナーを開催します
PMstyleのコンセプチュアルスキルの総合セミナーです。コンセプチュアルスキルの基本とそれを実現するコンセプチュアル思考が2日間で学べます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアルスキルの基本           ◆(14PDU's)
  日時・場所:【東京】2018年 12月 13日(木)〜 14日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            国際ファッションセンター(東京都墨田区)
        【大阪】2019年 02月 18日(木)〜 19日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_practice.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
   1.コンセプチュアルスキルとは
   2.コンセプチュアル思考
   3.本質を見極めるスキル
   4.洞察力を高める
   5.応用力を高める
   6.思考をコンセプチュアルにするツール
   7.コンセプチュアルが行動を変える
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは