本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第6回 プロジェクトマネージャーに意味のある経験とは(2004.06.25)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆修羅場!?

 この問題については、意見をお持ちの方も多いだろう。こういう議論をすると必ず出てくるのが、修羅場である。特に、プロジェクトマネジャーの経験のある人が人材育成の担当になると、修羅場をくぐる重要性を主張することが多い。もちろん、修羅場をくぐる経験が重要であることはいうまでもない。

 そこで、OJT、修羅場の重要性を説くことを期待されている方も多いかと思うが、あいにくそうではない。

 その代わりに、みなさんにひとつの質問をしてみたい。あなたの同僚、部下、後輩、先輩、パートナーなどの中で、若いときからプロジェクトの中で異端だった人(もっと簡単に言うと、プロジェクトマネジャーの言うことなど聞かず、ひたすら、自分のやり方でやっていた人。かつ、成果を出している人)を一人頭に思い浮かべてほしい。たぶん、一人や二人はいるだろう。思い浮かんだだろうか?思い浮かんだら、その人がプロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーとしてうまくやっているかどうかを分析してみてほしい。

 ほとんどはノーだと思う。それどころか、人事上、プロジェクトマネジャーになる職位までたどり着いていないケースも少なくないのではないだろうか。

◆プロジェクトマネジメントされる経験の重要性

 これらのことは何を意味しているのだろうか?プロジェクトにメンバーとして参加し、プロジェクトマネジメントの枠組みの中で活動するという経験が、プロジェクトマネジャーになったときに、重要な意味を持つことを意味しているのではなかろうか。

 著者はよく、会社に入って2〜3年目でプロジェクトマネジメントの「され方」を教えればよいと主張しているが、これは将来、プロジェクトマネジャーになるためではなく、プロジェクトマネジメントの中で働くこと、あるいは、プロジェクトマネジャーの気持ち、考えを知ることが、組織としてのプロジェクトマネジメントの成熟度を向上させるために不可欠だと考えているからだ。その端的な例が進捗報告で、メンバーが進捗報告の仕方を熟知していなければ、意味のある進捗管理などできるはずがない。言い換えると、メンバーが、プロジェクトマネジャーが求める進捗報告とはどういうものかを知らなければ、プロジェクトマネジメントなどできるはずがない。そして、これはプロジェクトのキックオフミーティングで、報告フォーマットを配っておけばOKというような単純な話ではない。

 こんな例はいくらでもあるが、本題と外れるので、話を元に戻す。この例を見てもわかるようにプロジェクトマネジャーにとって意味のある経験とは、「プロジェクトマネジャーとしての経験だけ」ではないことは明らかだ。

 pmstyleは、プロジェクトマネジャーの育成や、プロジェクトマネジメントのコンサルティングの経験を通じて得られた知見から、このような経験を、4つのカテゴリ、13の経験に整理している。ここでは、これを紹介しておく。

 カテゴリには、「業務上の経験」、「他人とのつながり」、「修羅場」、「そのほか」の4つがある。そして、それぞれのカテゴリにおいて

(1)業務上の経験
  ・エンジニア、セールス経験
  ・リーダー経験
  ・ゼロからのスタートプロジェクト
  ・プロジェクト建て直し
  ・視野の変化

(2)他人とのつながり
  ・ロールモデルの獲得
  ・価値観の刺激

(3)修羅場
  ・プロジェクトの失敗
  ・プロジェクトマネジャーの交代
  ・メンバーの成果の問題
  ・キャリアチェンジ

(4)そのほか
  ・研修
  ・個人的な問題

といった経験を取り上げている。それぞれの経験の意味は次回説明するが、さっと見ていただいても、如何に多様な経験がプロジェクトマネジャーに影響を与えているかがわかるだろう。

◆関連するセミナーを開催します
この講座は、コンセプチュアル思考について学ぶ講座です。
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考のポイントと活用〜VUCA時代の思考法   ◆7PDU's
  日時・場所:【ZOOM】2021年 02月 25日(木)〜26日(金)
                   13:30-17:00(13:20入室可)
        ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
        ※少人数、双方向にて、個人ワーク、ディスカッションを行います
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_thinking.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                           
  【第1日】コンセプチュアル思考に慣れる
   1.コンセプチュアル思考のイメージ(アイスブレーク、講義)
   2.コンセプチュアル思考を実践してみる(個人ワーク)
   3.コンセプチュアル思考の原理を学ぶ(ワークの振返り、講義)
  【第2日】コンセプチュアル思考を活用する
   4.コンセプチュアル思考の実際(講義)
   5.コンセプチュアル思考で変化に対応する
    (個人ワーク、グループディスカッション)
   6.コンセプチュアル思考で不確実性に対応する
    (個人ワーク、グループディスカッション)
   7.コンセプチュアル思考を応用した活動(まとめ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入門編はこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時・場所:【ZOOM】2021年 02月 16日(火)〜02月 17日(水)
            13:30-17:00(13:20入室可)
        ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
        ※少人数、双方向にて、演習、ディスカッションを行います
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【カリキュラム】
  1.コンセプチュアルスキルとは
  2.本質を見極める
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルスキルでこれからの行動が変わる〜ケーススタディ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、コンセプチュアル・マネジメント購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。オンライン開催も可能です。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

コンセプチュアル・マネジメント

ビジネス書の杜 令和

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは