本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第7回 現実からの遊離(2020.04.17)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代
  • はてなブックマークに追加

    ◆現実からの遊離

    PMstyleでは、「クリティカルシンキング入門」セミナーを定期的に実施しています。
    その中では、クリティカルシンキングのポイントとして、次の3つのポイントを解説しています。

    1.7つの心構え
    2.合理性を疑う
    3.思考を疑う

    本連載では、上記のポイントについて、身近なことで使う例を取り上げています。本号では、「3.思考を疑う」の中の、「現実からの遊離」として、独りよがりの考えにならないようにするための話を取り上げます。

    現在の状況では、外での飲み会や打合せをすることができなくなりました。また、研修、公開セミナーも同様です。そこで、オンライン呑み会なるものをたびたび、行っています。また、セミナーもオンラインZOOMセミナーを開催することにしました。

    昨日のオンライン女子会では、PC2名、スマホ2名、タブ1名の参加でした。タブ参加の人は在宅勤務でパソコンはあるのですが、シンクライアントのため、非常に重く、また、セキュリティの観点からカメラ、ソフト的に使うことができません。

    私は勘違いしていたのですが、シンクライアントとは、CPU、メモリ、OSはパソコンにあり、ディスクとアプリがクラウドだと思っていました。が、その方のシンクライアントは、画面表示までクラウドで作成し、それを表示しているだけだそうでした。

    「えっ、それってダム端末のこと?」と思わず、聞いてしまいましたが、ダム端末の意味が他の人には全く通じず、キャラ端(GUIに比べて、文字だけ送信の端末)と言うひともいて、ダム端末は、ずいぶん昔の言葉なのかもしれません。
    また、「バロース」製ホストコンピュータを使用していた為、IBM系、国産系とは言葉が全く異なるのかもしれません。

    クライアントサーバが当たり前の世代には、シンクライアントは新鮮かもしれませんが、結局、巡り巡って、昔に戻ったのかな、と私は思ってしまいます。

    ファッションの流行でも30年で元に戻る、会社は30年と言われ続けていますので、30年が一つのサイクルなのかもしれません。ただし、全く同じ位置に戻るのではなく、少なからず、上へ行っているようです。30年前の自分の経験をそのまま使っていたのでは、上へは行けません。
    30年前とは異なる、新しいアイデアを考えて、上へ行くのです。新しいアイデアをどのように考えるのかは、別として、ここでは、そのアイデアについて、突飛な、誰も理解できないような「現実から遊離した」アイデアではないのか、クリティカルシンキングで疑ってみましょう。

    一つ目のポイントは、「たとえば?」と具体例を考えてみることです。その具体例がでてこなかったり、全く本質が外れた例しかない場合は、そのアイデアは理屈だけのものであると疑いましょう。

    二つ目のポイントは、そのアイデアから何かを享受する人、そのアイデアを実行すると影響を受ける人になりきって、そのアイデアを考えてみることです。
    上司や部下、顧客、エンドユーザになりきり、その人の立場でその人の価値観で、考えてみます。そこで、そのアイデアによって、メリットを受けるかどうかを考えることで、アイデアを評価します。

    クリティカルシンキングは、自分の考えを疑う思考法です。
    自分だけでは、疑う範囲が狭いため、他の人になりきったり、具体例を考えることで、現実からの遊離を防ぎましょう。

    ◆関連するセミナーを開催します
    ━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆クリティカルシンキング入門             ◆7PDU's
      日時・場所:【ZOOM】2020年 12月 01日(火)〜12月 02日(水)
                       13:30-17:00(13:20入室可)
            ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
            ※少人数、双方向にて、演習、ディスカッションを行います
      講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
      詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/critical.htm
      主催 プロジェクトマネジメントオフィス
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      【カリキュラム】                           
       1.クリティカルに考えるとは
       2.ロジカルシンキング
       3.何を疑うのか(合理性)
       4.何を疑うのか(内省)
       5.クリティカルシンキングの4ステップ
       6.具体的状況におけるクリティカルシンキング演習
       7.クリティカルシンキング総合演習              
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

Youtube始めました。チャンネル登録お願いします。

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてください

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。オンライン開催も可能です。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは