本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第22回 プロジェク目的・目標とビジネス要求(2018.08.17)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

    第19回 プロジェクトの本質をとらえたプロジェクト課題(1)

  • 第20回 プロジェクトの本質をとらえたプロジェクト課題(2)
    第21回 プロジェクトの目的を決める
    (第21回から続く)


    ◆目的・目標と要求

    第19回〜第21回ではコンセプトからプロジェクトの目的・目標を決定する考え方と手順について解説しました。第22回〜第24回では、コンセプトから落としていくもう一つの要素である成果(物)の要求について考えたいと思います。

    まず、最初は、目的や目標と、成果物に対する要求をどのように位置づけていくかを考えてみます。たとえば、情報システムの開発プロジェクトであれば多くの場合、目的は成果物を実現することによって達成できます。目的を達成するための目標はシステムの開発とそのためのコストや時間などの数値に限られることが多いからです。

    これに対してビジネスモデルの構築プロジェクトでは、情報システムという成果物の構築ですべて片付くわけではありません。ビジネスモデルの構築のためのさまざまな作業を実施する必要があります。これらは目標として設定しますが、必ずしも成果物として定義されるとは限りません。余談になりますが、これができないことが日本の企業が情報システムを使ったビジネスモデル構築ができないと言われています。

    さて、では、次のストーリーを読んでください。

    <ストーリー1>

    キックオフに続き、第2回のミーティングが開催された。参加者はプロジェクトリーダーの藤田とコンサルタントの徳田、加えて、プロジェクトの中心メンバーと予定している芦田だ。キックオフミーティングでは

    『口コミによって販売を促進できる仕組みをネットユーザー全員に提供する』
    『我々の商品の利用者が、利用したことがない人に商品の良さを伝える仕組みを提供する』

    という課題解決コンセプトを決め、またこれに対して、プロジェクトの目的として

    『利用者が商品の良さを伝え、購入を促し、それを聞いた人が利用し、また別の人に推奨する好循環を起こす』

    を定義した。その上で、目標として以下の2つを設定した。

    『帆布製品の口コミSNSの実現』
    『帆布製品のネット販売の仕組み作り』

    藤田はこのままプロジェクト憲章を作るつもりだったが、徳田は

    「プロジェクト憲章を作る前に、プロジェクトに対する要求をもう少し、明確にしておいた方がよいと思います」

    というアドバイスをした。

    「要求は開発の中で明確にしようと思っていますが、なぜ、この段階で明確にした方がいいのですか」

    と藤田。徳田は

    「確かにシステムを開発することが決定しているプロジェクトだと要件定義はプロジェクトの実施段階でいいでしょう。ただ、今回はプロジェクトの課題にシステムの構築を入れておらず、ひょっとするとシステムを作らないかもしれない。すると、目的や目標を達成するために何をすればよいかが不確定になるので、目的や目標とは別に、要求を明確にすることによって両輪でプロジェクトを進めていくのがよいと思います。」

    と説明した。

    <ストーリー1終わり>

    まず、最初に要求にはどのようなものがあるのかを整理しておきます。一般にプロジェクトに対する要求は以下の3つが考えられます。

    (1)ビジネス要求
    (2)プロジェクト要求
    (3)成果物要求

    ビジネス要求は、ビジネスニーズやビジネス戦略上の必要性です。大抵の場合、ビジネス要求はコンセプトを介して、プロジェクト目的に反映されます。

    プロジェクト要求は、プロジェクトで実現してほしいことで、スコープ、納期、予算、その他のプロジェクト目標です。そして、3つ目の成果物要求はプロジェクトで作る成果物の仕様になります。プロジェクトの要求の洞察はこの3つの視点から行われることになります。

    前回説明しましたように、プロジェクトの目的は目標を達成することによって実現されますが、目標の一つに成果物を開発することが位置付けられるケースが多くあります。

    その場合、目標としては、例えば、

    「顧客の要求するシステムを開発する」
    「ユーザーの要求する製品を開発する」

    といった形で要求を明確にすることが含まれてきます。つまり、プロジェクトの目的と要求の関係はどちらかが主ではなく、相互に影響を与えるものになりますので、ここでは前回触れましたが、目的と要求を並行して考えることにします。

    ただし、上に述べましたように、プロジェクトの目的にはビジネス要求が影響していることを考慮しておいてください。


    (続く)

    ◆関連するセミナーを開催します
    ━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆コンセプチュアルプロジェクトマネジメント
        〜コンセプチュアル思考でプロジェクトを動かす      ◆7PDU's 
      日時:2018年 09月 27日(木)〜28日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
      場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区) 
      講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
      詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
      主催 プロジェクトマネジメントオフィス,共催PMAJ
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      【カリキュラム】                     
      1.概念的に考えて、具体的な行動をする
      2.本質を見極めるスキル
      3.洞察力を高める
      4.顧客の要求の本質を見極める
      5.コンセプトを創る
      6.コンセプトを実現する目的と目標の決定
      7.要求の本質を見抜いたスコープ定義
      8.本質的な目標を優先する計画
      9.プロジェクトマネジメント計画を活用した柔軟なプロジェクト運営
      10.本質的な問題解決
      11.経験を活かしてプロジェクトを成功させる 
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは