本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第9回 有力なカレンシー ほめる(2008.11.28)

インフルエンス・テクノロジーLLC  高嶋 成豪


 人をほめるのは簡単ではありません。昨日のセミナーでも「ほめるのは難しいよね」
という話しになりました。あるリーダーは、「私は部下をほめたことがありません」と断言しました。他の多くの方も同意していましたから、「職場でほめる」のは、まれなのかもしれません。  でも、この「ほめる」が、カレンシーとして効くんですね。

(ほめる、の効用)  私たちは、影響力のメカニズムを「カレンシーの交換」と考えて、プロジェクト運営に応用しようとしています。  つまり、
「リーダーであるあなたが、メンバーが価値を感じる何か(これをカレンシーと呼びます)を渡す 
 → あなたからカレンシーを受け取ったメンバーは、「ありがたい」と思う 
  → メンバーはあなたにお返ししなければならない、と感じる 
   → あなたはメンバーの力を引き出せる」というプロセスです。

ここでは、お互いに価値あるカレンシーを交換して、仕事を前に進めているというわけです。  このカレンシーの交換は、自然に意識しないでやっていますから、まずは現実がどうなっているか、チェックしてみましょう。
 一般的に「ほめる」のは、強化と呼ばれる作用につながると考えられています。つまり、
「ほめられた 
 → あ、これでいいんだ、と気づく 
  → 繰り返す」というステップです。

また、ほめられることで、リーダーに認められたという感覚をもたらすこともできます。認められると安心するのは、ほとんどのメンバーにとって共通です。
リーダーであるみなさんと、メンバーとの信頼関係を築くうえでも大切でしょう。 これに加えて、私たちは「ほめる」をメンバーが価値を感じるカレンシーと考えます。ほめられたメンバーにとって、「嬉しい」「ありがたい」と感じることなのです。
実際、次のようなメンバーにとっては、ほめられることが、特に大きなカレンシーとなるでしょう。

1 自信がない。自分の仕事ぶり、技術に自信がない。だからほめられると安心するようなメンバー。しばしば、自信たっぷりに見えるものの、本心は心配していることがあります。たとえば、自分の技術そのものには自信があるが、このプロジェクトにあっているかどうかがわからない、ということはよくおこります。

2 本人の予想以上にハードワークしている。内心「なんでこんなにやらなきゃならないんだよ」などと思っているメンバー。これはメンバーの心の中でハードと思っているかどうかです。リーダーが見てハードかではありません。

3 自分はチームに貢献している、と思っているメンバー。例えば、他のメンバーを助けているようなとき、他のメンバーがもっていない専門知識を使ったとき、このプロジェクトのために新たに勉強したり、試行錯誤したとき、など。  大事なことは、タイミングです。 すっかり自信喪失してしまってからでは、ほめられても耳に入らないでしょう。「これでいいのかな」という顔をしているときに、うまくいったらほめてあげればいいのです。
また、なるべく具体的によかった点を褒めてあげた方がいい、とも言われています。

 いずれにしても、表情を見ながら「相手の心を動かせたかな」とチェックしましょう。ほめるのは、ほめること自体に価値あるのではなく、メンバーの心に届いて初めて価値があるのです。ちょっとでも顔がほころんだと思ったら、そのままカレンシーを貯めておくとよいでしょう(即座に何かを頼んだりすれば、あまりにもわざとらしいですよね)。それがメンバーのやる気になるし、やがて、無理をお願いしたいときに受け入れてもらいやすくなるのです。ですから、結果的にほめ上手な人は、協力が得られやすい。私はリーダーはどんどんほめてしまったらいいと思います。

(ところが、ほめるのは難しい・・・)  とはいえ、先述のようにみなさんあまり人をほめない。なぜか。いろいろな理由が考えられますが、私は相手に対する嫉妬心のようなものがあると思っています。  先日女性ばかりの職場のリーダーたちとこの話しをしていました。嫉妬心はないか?と尋ねたところ、とても正直なリーダーの方が、「私が彼女をほめないのは、嫉妬心があるから。いわれて気づきました」と答えました。彼女の方が売れる、お客さんの評判がいい、かわいい、など、嫉妬を覚える理由なんてたくさんあります。  このような話は、エンジニアの世界にもないとは思えません。彼の方が技術力がある、彼女はお客さんの受けがいい、など。そう思うとなかなかほめられない。これは、とても自然な気持ちの働きだと思います。でもリーダーとして、メンバーの力を引き出すチャンスを失っていることも確かなのです。それは残念だな。どうしましょうか?

 私はまず、リーダーはいちエンジニアとは違う、としっかり認識することから始めたいと思います。エンジニアは技術力で仕事している。だから、自分もエンジニアだと思っていると、メンバーと技術で勝負したくなってしまう。しかし、リーダーは役割が違います。リーダーはメンバーの技術力を結集して勝負しているんです。ですから、いち技術者としてすぐれているかどうかは、メンバーの時ほど問われません。むしろ、プロジェクト全体とかマネジメント能力、さらにはお客様のビジネスを理解していることの方が重要です。メンバーと同じ土俵で勝負してはいけないのです。  次に、メンバーをほめることができないときに、「いま、嫉妬心が湧いているかもしれない」と考えましょう。ほめられないのは、仕方ないです。エンジニアとして枯れていない証拠です。それもいいじゃないですか。「自分にはほめられない」と思ったら、クールに相手を持ち上げましょう。「何がよかったの?」と具体的に訊いてあげると、それだけで本人は自信を持てるようになるものです。「みんなにも教えてあげてよ」などというのも、直接ほめていないものの、自信を持たせるカレンシーになります。

 リーダーがメンバーをほめるだけでなく、メンバー同士がほめあうようになると、強いチームができます。これは「カレンシーの交換」から見て当然です。「ほめる」とビジネス上の情報、技術情報が交換されて、メンバー全体がレベルアップしていくからです。職場やリーダーをみれば、情報共有されているかどうか、見当がつくのはこういう理由からです。こんど大学の授業で「ほめ、ほめアワー」をやります。クラスメート同士でほめあわせるのです。これだけでクラスも活気づきますから、きっとみなさんのチームにも役立ちますよ!

◆「影響力の法則(R)」を使ったセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時・場所:【ZOOM】2020年 09月 28日(月)13:30-17:00(13:20入室可)
           〜2020年 09月 29日(火)13:30-17:00(13:20入室可)
       ※ZOOMによるオンライン開催です。2日間に分割して開催します
       ※少人数、双方向にて、ディスカッション、ロールプレイを行います
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 https://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】

1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・ステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
2.ステークホルダーの特定・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー影響グリッド
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習2)ステークホルダーリスト
3.影響力の法則(R) ・影響力とは何か?
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画するステップを学ぶ
 ・(演習3)カレンシーを考える
4.概念的に考えて具体的に行動する・コンセプチュアルスキルとは
 ・本質を見極める
 ・洞察力を高める
5.ステークホルダーと良い関係を作る・WinWinの関係
 ・信頼を得る
 ・チームを結束させる
 ・(演習5)期待と要求のロールプレイ
6.まとめ
 ・(演習6)カレンシーを再考する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

高嶋 成豪    インフルエンス・テクノロジーLLC マネージング・パートナー

人材開発/組織開発コンサルタント。インフルエンス・テクノロジーLLC.マネージング・パートナー。ゼネラル・モーターズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどで人材開発に従事。現在リーダーシップ、コミュニケーション、チームビルディング、キャリア開発のセミナーを実施し、年間約1000名の参加者にプログラムを提供している。ウィルソンラーニング・ワールドワイド社によるリーダーシッププログラム、LFG(Leading for Growth:原著はコーエン&ブラッドフォード両博士の共著“Power Up”)のマスター・トレーナー。2007年『影響力の法則 現代組織を生き抜くバイブル』(原題“Influence without Authority”)を邦訳。コーエン&ブラッドフォード両博士から指導を受け、「影響力の法則」セミナー日本語版を開発。日本で唯一の認定プロバイダー。筑波大大学院教育研究科修了 修士(カウンセリング) 日本心理学会会員 ISPI(the International Society for Performance Improvement)会員 フェリス女学院大学講師

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

LINE認証済アカウント友だち追加


スマホでQRコードをスキャンしてくださ

サイト内検索

お薦めする書籍 書籍プレゼント

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修(5名以上から)に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは