本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMO研修 開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

No31. トラブルの起源を特定する特性要因図《一般》(2015.09.01)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

【目的】問題解決を行うために、問題の原因を特定する

【用途】現状の問題について、その起源を確定する

【効用】発生している問題だけではなく、潜在している問題の根本原因を特定する

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆トラブルの起源を特定する

プロジェクト期間中には、様々な問題が発生します。それらの問題解決には、問題の根本原因を特定する必要があります。

そのツールとして、特性要因図が良く使われますが、魚の骨に似ているので、「フィッシュボーンダイアグラム」、発案した石川馨さんにちなんで「石川ダイアグラム」とも呼ばれています。

特性要因図を使うタイミングはいろいろありますが、

・課題管理
・スケジュールコントロール
・コストコントロール
・スコープ変更管理
・リスク対応計画
・プロセス改善
・創造的問題解決
・失敗分析

などを行う際に根本原因を突き止めるために使います。

チームメンバーやその問題によって影響を受けるステークホルダーが集まり、ステークホルダーそれぞれの言葉で、状況を延べ、それぞれがそれらの状況を理解するところから始めます。

そして、ブレーンストーミングなどで、可能な限り、問題に対する原因を抽出し、そして、それらを例えば、次の大分類に分類します。

【大分類】
・スコープ
・スケジュール
・人的資源
・コスト
・組織

特性要因図では、問題点を魚の頭の部分に記載し、そこから背骨の線を引き、そして背骨から大骨の線を引き、大分類をラベル化して記載します。

ブレーンストーミングで出てきた原因は、分類された大骨から中骨の線を引き、その線上に記載します。さらに分類される原因があれば、中骨から小骨の線を引き、その線上に記載します。そして、足りない骨はないか、そこから分類される骨はないかを検討します。

大分類から引くことのできる中骨は、例えば、以下の項目になり、これらは、問題の原因となるものですので、リスク特定のチェックリストとしても使えます。

【スコープの中骨】
・スコープ変更で保有していないスキルが必要になる
・新技術が要求される

【スケジュール】
・他業務の割り込み
・作業遅れ

【人的資源】
・スキルのミスマッチ
・個人的な衝突

【コストの中骨】
・予算カット
・タスクに必要なリソースが限度を超える

【組織の中骨】
・組織の再編成
・レイオフ

このように、原因を図式化することで、頭の整理をする、また、チームで図式化することで、合意を得るためにも便利なツールです。

システム思考のループ図や、KJ法による整理など、どれも、付箋にまず原因などを記載し、それを図式化することで、今、見えていない原因に気づくことができるツールです。

PMの道具箱

 第77回 システム思考のツール:因果ループ図

 第79回 発想法のツール:KJ法


◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆クリティカルシンキング〜考え抜く技術             ◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2018年 03月 29日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 12月 18日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
       【名古屋】2017年 06月 27日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
            名古屋国際センター(名古屋市中村区)
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/critical.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                           
   1.クリティカルに考えるとは
   2.ロジカルシンキング
   3.何を疑うのか(合理性)
   4.何を疑うのか(内省)
   5.クリティカルシンキングの4ステップ
   6.具体的状況におけるクリティカルシンキング演習
   7.クリティカルシンキング総合演習                  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは