本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

PMstyle公開セミナー 東京・大阪で開催します。


プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方 ご参加いただい方の会社 ご受講された方の声 お申込み 開催決定通知メール送付

マネジメント計画の作り方本セミナーでは、プロジェクト計画書は、

(1)プロジェクトマネジメントの計画
(2)計画データ
(3)開発管理計画

で構成されていると考えています。

(3)開発管理計画は技術的な観点が多いため、本セミナーの対象からはずし、(1)(2)について取り上げています。

それでは、(1)(2)は何かと言いますと、

(1)はプロジェクトマネジメント活動の計画であり、
(2)は計画データはベースラインで、活動の詳細な計画です。

プロジェクト計画とは、まず、(1)で、PMBOK(R)Guideで言う各知識エリア、例えば、スコープ、タイム、コスト、品質、人的資源などのマネジメントの計画を作成し、次に、(2)で各知識エリアの詳細な計画、例えば、WBS、スケジュール(ガントチャートなど)、コスト・ベースラインを作成すると考えています。

本セミナーは、このように「プロジェクト計画書を作る」ことに焦点を当て、その中からプロジェクトマネジメントの基本やノウハウを一挙に学んで行こうというスタイルのセミナーです。
また、標準フォーマットなどで決まっている計画書において、
この項目はなぜ、記載するのだろうか?という、疑問にお答えするセミナーです。

プロジェクト計画書を書くためのノウハウ、使うためのポイントを解説した上で、そのポイントを確認しながらプロジェクト計画書を書く演習を行います。もちろん、手法が必要な部分は「ポイント」として手法の解説もします。プロジェクト計画書を書きながらプロジェクトマネジメントの仕組みが分かるように工夫されているセミナーですので、これからPMの学習をしようという人にも自信を持ってお奨めするセミナーです。


ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。

PMPの方へ
本コースは、
7PDU(Category Type : A Technical: 5,Leadership:1,Strategic:1)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、PDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PDU数の登録も、サブカテゴリー別に入力します。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
1.プロジェクト計画書作成プロセス
2.プロジェクト計画をデザインする
3.プロジェクト計画の骨組みを決める
4.プロジェクト活動計画書の書き方
5.予算計画書の書き方
6.リスク計画書の書き方
7.ステークホルダー計画書の書き方
8.コミュニケーション計画書の書き方
9.プロジェクト計画全体の整合と各計画書の調整
10.プロジェクト計画書の使い方と段階的詳細化
日時・場所
【東京】2017年 10月 17日(火)  10:00-18:00(9:40受付開始)
    ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)アクセス
【大阪】2017年 08月 28日(月)  10:00-18:00(9:40受付開始)
    大阪市中央公会堂(アクセス) (大阪市北区)
※会場は変更になる場合がありますことをご了承ください
受講料
・PMstyle+プラチナ会員: 30,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 35,000円(税別)
・非会員: 40,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
3名様以上でのお申込の場合、開催を確定します。
また、5名様以上の場合、ご希望日程の開催や企業研修にて、お受けします。お問合せください。
※個人受講割引について(複数名割引との併用はできません)
受講料を個人で負担される場合、50%引きとさせていただきます。備考欄に「個人受講割引」とご記入ください。お支払は事前振込またはクレジット支払のみになり、請求書は発行いたしません。
申込期間
前日までお申込みを受付いたします。
早割(20%オフ)の対象期間は、東京開催は、2017年09月17日まで、大阪開催は2017年7月28日までです。 
対象
プロジェクトに関係する人、マネジャー、リーダー、プロジェクトマネジャー 
講師
鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
定員
15名(最小実施人数 5人)
応募者が5人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

受講者の声(掲載をご了承いただいた方の受講後のアンケートコメント)

  • PMBOK(R)の複雑な知識体系を分かり易くまとめてくれているので、理解しやすかったです。演習の時間がきちんととられていたのも良かったです。特に、KJ法のところは印象深いです。社内でも積極的に活用していきたいです。(T 様)
  • 非常に勉強になりました。PMP取得後、振り返りをして役立てそうです。直接、実業務にも使える内容でした。(H 様)
  • とても参考になった。即日使います。(M 様)
  • 全体を見直すことができて、有意義でした。(H 様)
  • プロジェクトマネジメント導入用として、良い内容でした。(S 様)
  • 実務で使用できる内容でした。PMBOK(R)の良い復習になりました。(S 様)
  • 他の方と活発に意見が交わせたので、有意義でした。(T 様)
  • プロジェクト憲章の明文化など、計画にあたり必要となる資料のサンプルがわかり、役立ちました。(A.V. 様)
  • 本では難しく書いていることも、実際に演習してみると、頭で考えているぐらいを文書化する程度でも良いことに驚いた。(K.K. 様)
  • ブレインライティングは面白かった。実務でも使いたい。(T 様)
  • ステークホルダーマネジメントについて、追加されたことは聞いていましたが、具体的な内容を知らなかったため、有益でした。自社へ持ち帰って展開したいと思います。(S 様)
  • これまで考えていた範囲より広い内容でのマネジメントで、勉強になった。すぐに上手く運用するのは難しいが、積極的に取り入れたい。(Y 様)
  • 他の方の具体的な話や演習を通じて、全体的に理解しやすかった。基本から説明してもらえてので、とてもよかった。(Y 様)
  • 説明、環境すべて良かったです。(I 様)
  • 直近のプロジェクトで本日の内容を応用したいと思います。(N 様)
  • PMとして、もっと計画的に時間をかけるべきであると実感した。また、計画を誰もが理解できる形に落とすことが必須であることが良く判った。(Y 様)
  • 普段、体系だてて計画してなく、今日の研修は演習形式で考えられることができ、良かったです。(IT企業出身 様)
  • 段階的詳細化について、実践してみたい。(S 様)
  • 演習が楽しく、多くディスカッションでき、大変良かった。業種の違う方とのディスカッションは有益ですね。(H 様)
  • グループ演習により、多数の意見を聞くことができ、新たな発見もありました。今後も受講の機会を作りたいと思います。(H 様)
  • 全体としては、タイムリーな内容であり、予習・復習という観点で大変有意義でした。(M 様)
  • プロジェクト計画を立てるのに際し、まずは、計画をデザインするといった観点が大変参考になりました。(Y 様)
  • 体系的にプロジェクトマネジメントについて講義を受けれたのが良かった。また、自身の業務に照らしあわせることができ、不足部分が分かり、良かった。。(Y 様)
  • 計画することは、分かっていてもなかなか実践できないので、セミナーで学んだことをもとに実践したいと思います。(N 様)
  • 普段、会社でやっているのと違う切り口で学習できたので、勉強になりました。(K 様)
  • 実業務と直結しない内容もありましたが、プロジェクトマネジメントの手法を学べたと思います。また、ブレーンライティングは参考になりました。会社で使ってみようと思います。(K 様)
  • 参考になりました。目先の案件で実行してみたいと思います。(K 様)
  • 今、知りたいと思っていたPMの全体像が見えて良かったです。(M 様)
  • 知らなかったこと、管理できていないことが多くあり、とても勉強になりました。今後の管理で活かせるようにしていきたいです。プロジェクト管理の維持・継続は、改めて大変さを感じました。(S 様)

セミナーをご受講いただいた方の会社(敬称略)

  • FXプライム,IHI,JTB商事,NTTデータネッツ,NTTデータ三洋システム,NTTデータ東京SMS,STNet,TIS,TOKAIコミュニケーションズ,アイティークルー,アクセンチュア,アグレックス,アドソル日進,アマダ,インテック,インテリジェンス,エイダブリュエル,エヌアイデイ,エムイービー,オークリージャパン,大アPMエージェント,岡山村田製作所,オムロン,兼松エレクトロニクス,キユーピー,近畿鑑定地所,ケイテック,コニカミノルタ,コパイロツト,コンセント,サイバーウェア,三洋信販,シーボン,ジェイエスキューブ,新興プランテック,シンビアン,青年海外協力協会,セジデムデンドライト,ソニー銀行,ソフトバンクBB,ダイニチ工業,大陽日酸システムソリューション,ダッソー・システムズ,千葉ポリファイン,ディーコープ,テックファーム,テプコシステムズ,ディーオーエス,トーマツ環境品質研究所,ニコンシステム,日本ベーリンガーインゲルハイム,ニューシステムズテクノロジー,日進,ネクソン,ネットワンシステムズ,ヒューテック,ビーマップ,フコク,ホームページシステム,三菱電機,メタウォーター,メディアフォース,持田製薬,中西金属工業,中菱エンジニアリング,鉄道情報システム,島津製作所,東京エレクトロン,東京電力,東芝ソシオシステムズ,東電ホームサービス,日軽産業,日本SGI,日本オープンウェーブシステムズ,日本カードプロセシング,日本工営,日本総合研究所,日本デェイブレイク,古野電気,日立システムアンドサービス,日立ビジネスソリューション,日立公共システムエンジニアリング,日立情報通信エンジニアリング,日立製作所,日立電子サービス,日立電線,富士ゼロックス,富士ゼロックス愛知東,堀場製作所,明治安田システムテクノロジー,矢崎総業,ネフカ,理化工業
  • 「プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方(基礎編)」「プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方(実践編)」の受講者の方も含みます

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*  2017年10月17日(火)プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方:東京
 2017年08月28日(月)プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方:大阪
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、メールにてお知らせし、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*   2017年10月17日(火)プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方:東京
  2017年08月28日(月)プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方:大阪
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは