本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMstyle公開セミナー 東京で開催します。


「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践

プロジェクト組織プロジェクトでは、プロジェクトマネジャーとメンバーやベンダーの間には指示命令系統がありません。また、顧客や上司、他部署の部門長などに、指示命令をすることは、もちろんすることができません。ですが、プロジェクトに影響を与える、もしくは、プロジェクトから影響を受けるステークホルダーの支援・協力を得ることがプロジェクトマネジメントでは不可欠です。

ステークホルダーの影響そのため、プロジェクトの各局面で関わるステークホルダーは、プロジェクトマネジャーにとっては悩みの種であり、ステークホルダーが協力してくれなかったために、計画が妨げられることも少なくありません。ステークホルダーに、どのように対応すればよいのでしょうか?

難しいステークホルダーを味方につけて、彼らの力を活用するために、メンバーや社内の各部門だけではなく、上位者や顧客に対しても、積極的に働きかけることで、ステークホルダーを動かしているプロジェクトマネジャーがいます。この動かす力が「影響力」です。

ステークホルダーの協力本セミナーでは、プロジェクトにおけるステークホルダーマネジメントについて、解説し、演習にて、ステークホルダーの特定を理解します。
そして、プロジェクトの各局面でステークホルダーを動かし、彼らの力を活用するために「影響力の法則(R)」を活かしたステークホルダーマネジメントの方法を学び実践計画をたてていきます。

本セミナーを受講することで、ステークホルダーに対する影響力を高め、協力者にする計画をたてることができるようになります。

「影響力の法則(R)」の解説・演習は、「影響力の法則(R)」セミナーの日本で唯一の認定プロバイダーであるインフルエンス・テクノロジーLLCの高嶋氏が講師を担当します。

ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。


PMPの方へ
本コースは、7PDU(Category Type : A Technical: 1,Leadership:5,Strategic:1)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、PDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PMPの方がサブカテゴリー別にPDU数を入力するのは、2017年12月1日以降です。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・プロジェクトマネジメントとは
 ・プロジェクトでステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
 ・ステークホルダー影響グリッド
2.ステークホルダーの特定
 ・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習)ステークホルダー・マトリクス
3.影響力の法則(R)
 ・影響力とは何か?
 ・(演習)影響力が発揮されない問題の検討
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
4.交換のステップ
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画する
  ステップを学ぶ
5.交換の検討
 ・立上げ、計画、チームマネジメント、コントロール、終結の各局面
  を切り抜ける交換の事例を検討する
6.現実のプロジェクトの検討
 ・(演習)現実のプロジェクトの検討
   全体で2ケースを検討し、その後グループで各自のケース効果を
   あげるために討議する
 ・(演習・個人)ステークホルダーマネジメントの計画
7.振り返り
日時
2017年 08月 25日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
場所
ちよだプラットフォームスクウェア(アクセス)(東京都千代田区)
受講料
・PMstyle+プラチナ会員: 35,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 40,000円(税別)
・非会員: 45,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
申込期間
前日までお申込みを受付いたします。
早割(20%オフ)の対象期間は、2017年7月25日までです。
対象
プロジェクトリーダー,プロジェクト・マネジャー,ステークホルダーマネジメントを行いたい人 
講師
高嶋 成豪(人材開発/組織開発コンサルタント。インフルエンス・テクノロジーLLC.マネージング・パートナー)
ゼネラル・モーターズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどで人材開発に従事。現在チームリーダーシップ、キャリア開発のセミナーを実施し、年間約1000名の参加者にプログラムを提供している。2007年『影響力の法則 現代組織を生き抜くバイブル』(原題“Influence without Authority”)を、2010年『Power Up 責任共有のリーダーシップ』(原題"Power Up")を邦訳。コーエン&ブラッドフォード両博士から指導を受け、「影響力の法則」セミナー日本語版を開発。日本で唯一の認定プロバイダー。筑波大大学院教育研究科修了修士(カウンセリング) 日本心理学会会員 国際リーダーシップ協会(ILA)会員 フェリス女学院大学講師

鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
定員
20名(最小実施人数 10人)
応募者が10人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
インフルエンス・テクノロジーLLC
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*   2017年08月25日(金) 「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、メールにてお知らせし、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*   2017年08月25日(金)「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは