本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805


コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル ご受講された方の声 お申込み  開催決定通知メール送付

洞察力コンセプチュアルスキルは

周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、事柄や問題の本質を見極め、行動に活かしていくスキル

です。

この説明から分かるようにコンセプチュアルスキルのポイントは本質を見極めることにあり、さらに本質を思考や活動に活用することにあります。

この入門セミナーは、この2点に絞り、じっくりと学ぶセミナーです。まず、本質を見極める方法を学び、それを洞察や応用に活かす方法を演習を中心にして学びます。

PMstyleではコンセプチュアルスキル診断を提供しています。この診断において、本質の見極めがうまくできるボーダーラインを6点においています。診断結果が6点未満の方は、ぜひ受講してください。

ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。


PMPの方へ
本コースは、7PDU(Category Type : A Technical: 1,Leadership:5,Strategic:1)発行します。PMIの新CCR発表により、2015年12月1日以降、カテゴリーAのPDU証明には、サブカテゴリー別にPDU数を明記することになりました。
新CCRでは、PMP更新には、3年間で各サブカテゴリーごとに8PDU以上が必要です。
また、PDU数の登録も、サブカテゴリー別に入力します。
詳細は、PMIホームページまたは、PMI日本支部ホームページをご参照ください。

「PMI」、「PMP」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

プログラム

内容
1.概念的に考えて、具体的な行動をする
2.本質を見極めるスキル
3.洞察力を高める
4.応用力を高める
5.コンセプチュアルが行動を変える〜ケーススタディ
場所
ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区) アクセス
※会場は変更になる場合がありますことをご了承ください
日時
2016年 10月 20日(木)  10:00-18:00(9:40受付開始)
受講料
・PMstyle+プラチナ会員: 30,000円(税別)
・PMstyle+ゴールド会員: 35,000円(税別)
・非会員: 40,000円(税別)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
開催1カ月前までのお申込みにつきまして、20%引きとさせていただきます。開催確定後、20%引きの請求金額にて請求書をお送りします。
※複数名割引について(非会員のみ)
3名様以上でのお申込の場合、20%引きとさせていただきます。備考欄に、お名前をご記入ください。
3名様以上でのお申込の場合、開催を確定します。
また、5名様以上の場合、ご希望日程の開催や企業研修にて、お受けします。お問合せください。
※個人受講割引について(複数名割引との併用はできません)
受講料を個人で負担される場合、50%引きとさせていただきます。備考欄に「個人受講割引」とご記入ください。お支払は事前振込またはクレジット支払のみになり、請求書は発行いたしません。
申込期間
前日までお申込みを受付いたします。
早割(20%オフ)の対象期間は、2016年09月20日までです。
対象
コンセプチュアルスキルについて知りたい人、コンセプチュアルスキルを高めたい人 
講師
好川哲人(有限会社エムアンドティ取締役、株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表取締役)MBA
技術経営のコンサルタントとして、数々の新規事業開発や商品開発プロジェクトを支援、イノベーティブリーダーのトレーニングを手掛ける。「自分に適したマネジメントスタイルの確立」をコンセプトにしたサービスブランド「PMstyle」を立上げ、「本質を学ぶ」を売りにしたトレーニングの提供をしている。
定員
12名(最小実施人数 5人)
応募者が5人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

受講者の声(掲載をご了承いただいた方の受講後のアンケートコメント)

  • 良いセミナーだと思いました。大きな仕事の変化を起こせるきっかけとできそうです。(N 様)
  • 非常に面白かった。勉強になりました。(A 様)
  • 最後の応用の演習が難しかったです。大まかに理解はできたと思うので、エクスサイズでのトレーニングを行いたいと思います。(S 様)
  • 特に後半のエクスサイズを通して、コンセプチュアルに思考する上で何が足りなかったか、説明していただき、理解が深まりました。表面的には似たようなことを考えているつもりでも、思考の範囲や深さが違うことで本質が正しく見極められないことがよくわかりました。今後の業務に積極的に取り入れていきます。(N 様)
  • コンセプチュアルという、概念的な内容を体系的に理解できました。本質を理解し、スジのよいマネジメントをするには、スキルだけではなく、いろんな見識があることも必要と思いました。(Y 様)
  • 難しい内容を非常に理解しやすい形で、聞くことができました。「コンセプチュアルスキル」については、何も知りませんでしたが、大変重要なヒントを得ることができました。早速実践してみようと思います。(T 様)
  • コンセプチュアルスキルは、なかなか体系づけて学ぶ機会が少なく、受講できて良かったです。知識だけではなく、経験で保管することで、スキルを上げるようにしていきたいです。また、できる限りストーリーを意識して、箇条書きではない文章を作る機会を持ちたいと思います。(U 様)
  • 入門であったので、更なる研修も受けてみたい。(H 様)
  • コンセプチュアルスキルの”本質”が理解できた。演習が大変、有効。(Y 様)
  • 応用力を高めるところが、大変、参考になった。(W 様)
  • 一貫した軸があったので、最後の腹落ち感につながった。(N 様)
  • 内容が難しかったが、受講前に比べ、何が理解でき、何が理解できていないかを振り返ります。(Y 様)
  • 抽象化の実践を積み重ねて、理解を深める必要があると感じました。考え方が参考になる部分が多くありました。(T.K. 様)
  • 今まで、モヤモヤしていたモノが、つながっていく形にできるのではないか、と感じる事ができました。(Y.T. 様)
  • 研修についていくのがやっとでしたが、大変新鮮な気持ちで受講することができました。抽象化の意味あいについても理解を深めることが出来たと思います。(N.S. 様)

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

会員区分*

  PMstyle+プラチナ会員 
  PMstyle+ゴールド会員
  非会員
氏名*
会社名*
部署
役職
請求書送付先郵便番号*
請求書送付先住所* セミナー開催確定後、請求書を会社に郵送します。
請求書の送付先(会社住所)を入力してください。

お申込みの方ではない方へ請求書をお送りする場合は、お送りする方のお名前もご入力ください。
会社以外にお送りする場合は、その旨をご記入ください。
請求書の宛名*
会社名もしくは個人名を入力してください
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*  2016年10月20日(木) コンセプチュアルスキル入門 
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
  

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、メールにてお知らせし、請求書をお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

↑↑お申込み↑↑  ↓↓開催決定通知メールのご希望↓↓

開催決定通知メールを送付します

メールアドレスご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
受講申込みされた方には、開催決定次第、開催決定をメールでお知らせしますので、下記項目の入力は不要です。

E-Mail*
ご受講予定日*   2016年10月20日(木) コンセプチュアルスキル入門
備考
 

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、送信してください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

メルマガ購読

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは