本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

No30. 人的資源計画の要求スキル分析《一般》(2015.08.28)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木道代


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

【目的】プロジェクトに必要なスキルを決定し、メンバーを人選する

【用途】プロジェクトの計画作成時に適切なメンバー編成を行う

【効用】プロジェクトに必要な、経験や熟練レベルを含んだスキル一覧が完成する

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

◆スキル一覧を完成する

スキル分析は、人的資源計画時に必要な作業であり、WBSから作成されるアクティビティ定義(作業の一覧表のことです)のそれぞれの項目について、オーナー(作業主体者)と作業内容にコミットしたメンバーを決定する際に行います。

そして、RAM(Responsibility Assignment Matrix)に、

R(Responsible:作業責任)
A(Accountable:説明責任)
C(Consulted:相談対応)
I(Informed:情報提供)

のぞれぞれの責任を誰が持っているのかということを記載します。

RAMは、マトリクス(縦:アクティビティ、横:チームメンバー、各セルに責任の記号を記載)として作成しますので、RACIチャートとも呼ばれています。

RAMについては、こちらのコラムもご覧ください。

PMstyle Kit   No13. レスポンシビリティを委ねる

PMstyle考
   第8話:責任を明確にするということ

   第9話:アカウンタビリティを高めるために

インターパーソナルスキル・エンジン
 第10回 チームマネジメントとチームビルティング(2)
    〜チームビルディングへのアプローチ


スキル分析では、それらの作業責任者(担当者)を決めるためには、アクティビティ完了のために必要なスキルや経験(バックグラウンド)を、例えば、下記の項目について、リストアップします。

・特定エリアの知識
・ツールや手法についての熟練レベル
・コミュニケーション力や(主に外国語の)言語能力
・特定分野の経験の量と質

人的資源計画では、作成したスキル一覧表をもとに、作業担当者を各アクティビティに割り当てていきます。

もし、必要なスキルレベルに達していない場合は、そのギャップを認識しておき、スキルアップのためのトレーニングを計画に盛り込むことや、そのアクティビティはリスキーである認識や、適切な担当者がいない場合は、ジェネラリストを配置するなどについてを検討し、人的資源計画を作成します。


◆関連セミナーを開催します
スキルを考えて、リソースを複数のプロジェクトで調整するためのマネジメントを考えるセミナーを開催します。
╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 ◆マルチプロジェクトマネジメント          ◆3.5PDU's
  日時・場所:東京:2017年 06月 28日(水) 13:30-17:00(13:10受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        大阪:2017年 07月 04日(火) 13:30-17:00(13:10受付開始)
           大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/multi_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
   1.マルチプロジェクトのマネジメント手法の概要
   2.プロジェクト計画
   3.プロジェクトのアライメントと起動
   4.マルチプロジェクトの実行マネジメント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは