本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第3回 プロジェクトマネジメントとは(2) (2009.05.26)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


◆プロジェクトマネジメントとは

前々回の「プロジェクトとは」では、プロジェクトの特徴について述べました。

前回では、プロジェクトの目的について述べました。

今回は、プロジェクトマネジメントについてですが、プロジェクトマネジメントでは、そもそもプロジェクトは何のためにするのか、ってところから始まります。

つまり、このプロジェクトを完遂することで、どんなメリットがあるのか、どれくらい利益が上がるのか、次にどのステップに進めるのかなど、こういう目的を達成するためにプロジェクトを行うということを明確にするところからがスタートです。

会社には事業戦略があり、その中で、たとえば、こういう製品をこのラインナップで開発・販売し、○万台の販売、○円の利益を見込みます。そして、このプロジェクトでは、ラインナップのこの部分を開発する、といった流れがあって、プロジェクトを実行しています。

このプロジェクトでは、大きな流れの中(プロジェクトの背景)の、この部分(スコープ)をこの予算、この納期(制約条件)で、プロジェクトマネジャー○○さんが、これだけの権限を持って、遂行することを、プロジェクトスポンサーが承認する文書が、『プロジェクト憲章』です。

プロジェクトにはどんなリスクがあるか、技術的な問題はないかなどを検討することで、この予算、この納期でこのスコープが完成できることを検証して、プロジェクト憲章を作成して承認されるまでが、立上げプロセスと呼ばれているプロジェクトマネジメントの最初のプロセスです。

そして、作成されたプロジェクト憲章をインプットとして、任命されたプロジェクトマネジャーが、目的を達成するため、スコープを完成させるためには、何を重視してプロジェクトを実行すべきかを決め(たとえば、QCDSの中でもっとも重要な要素は何か)、その方針を元に、計画を作成します。

プロジェクトの計画が作成されると、次は、計画にしたがってプロジェクトを実行・コントロールしていきます。実行におけるプロジェクトマネジメントとは、計画どおり実行できるように、プロジェクトマネジャーが環境を整えてあげることです。
つまり、担当者が担当部分の作業に着手できるように要員配置をしたり、チーム内のコミュニケーションがうまくいくように、雰囲気を作るといったプロセスです。

コントロールとは、計画どおり実行できているかをチェックし、差異が大きければ、何か問題が発生していないか、どのように解決すべきか、計画を変更する必要があるかなど、最初に決めた方針に従って、マネジメントを行うプロセスです。

そして、すべてのスコープが完成し、顧客に受け入れされれば、プロジェクトは終了しますが、最後にプロジェクトの記録を取りまとめ、教訓を残す作業が残っています。
これが、終結プロセスです。
プロジェクトがいつ始まりいつ終わったのかわからないのではなく、立上げプロセスでプロジェクトの開始を、終結プロセスでプロジェクトの終了を宣言することが、プロジェクトの特徴のひとつである有期性をマネジメントするためのポイントの一つになっています。

次回は、プロジェクトの計画を作成する部分について、もう少し細かい部分について述べていきます。


◆プロジェクト計画書作成のセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆プロジェクト計画書の作り方・書き方・活かし方    (7PDU's)
  日時・場所:【東京】2017年 10月 17日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 08月 28日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/plan20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】                     
 1.プロジェクト計画書作成プロセス
 2.プロジェクト計画をデザインする
 3.プロジェクト計画の骨組みを決める
 4.プロジェクト活動計画書の書き方
 5.予算計画書の書き方
 6.リスク計画書の書き方
 7.ステークホルダー計画書の書き方
 8.コミュニケーション計画書の書き方
 9.プロジェクト計画全体の整合と各計画書の調整
 10.プロジェクト計画書の使い方と段階的詳細化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは