本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第9回 第8の現場力〜曖昧力(2008.04.17)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


どちらが生産性が高くなるかは別の理由で結論が出ていない。車のモジュール化が進んでいくことにより、一人の作業者のカバーする工程が増えて、ちょうど、中間的な仕事になってしまったからだ。

◆プロジェクトマネジメントの懐

さて、実は、プロジェクトマネジメントにはWBSという興味深い概念がある。何を言っているのだと思われるかもしれないが、WBSはマネジメントとしてのコントロールとチームとしてのコントロールを両立させるために、ワークパッケージという概念を持っている。ワークパッケージの中の作業の実施と管理はワークパッケージ責任者に任せる。

WBSのワークパッケージは、ボルボのワークショップと同じ役割をしている。実は、曖昧な仕事の進め方ができるのだ。

結局のところ、曖昧さを残すことによって、メンバーのパフォーマンスを上げるということがパフォーマンスマネジメントの基本である。ここで、あいまいさを残すことと、丸投げすることは全く違うことをよく理解しておく必要がある。曖昧さを残すというのは、「意図されたあいまいさ」でなくてはならない。意図された曖昧さはチームのパフォーマンスの向上に寄与しなくてはならない。この意図されたあいまいさをどのくらい作れるかが曖昧力である。


◆意図された曖昧さとしての段階的詳細化

ずっと人の話を中心に進めてきたが、もう一つの曖昧力の例をあげよう。段階的詳細化である。

戦略ノートの148回で、延期と投機の話をした。

第148回 プロジェクトにおける延期と投機

プロジェクトの意思決定の場面で延期戦略をとりたいケースは少なくない。仮説による投機戦略はそれはそれで重要なのだが、その仮説設定が未来に対して影響を与えるケースがあるからだ。たとえば、ある技術が実現できることを前提にして、商品の仕様を決めたとする。すると、この仮説が仕様に影響を与えることになる。その技術が確立できればよいが、できずに代替技術で対応したとすれば付加価値が高いものにならない。

仮にその技術がないことを前提にすれば、もう少し、違った付加価値を検討できる可能性がある。その意味で、仕様の問題はできるだけ延期することが望ましい。プロジェクトマネジメント的にいえば、段階的詳細化を行い、技術的判断を確定させたところで検討の方法を決めるといった対応になる。

ここでも、曖昧さをうまく活用してプロジェクトを進めていくことが望まれる。このように曖昧さをうまく作り、それを活用して成果物の付加価値を高めていくことは、現場力のあるマネジャーに特有の行動だといえよう。

◆関連するセミナーを開催します
この講座は、コンセプチュアルな思考について学ぶ講座です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆コンセプチュアル思考〜見えないものに挑む思考法 ◆(7PDU's)
  日時:2017年 11月 07日(火))10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_thinking.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.思考をコンセプチュアルにする思考法
  2.思考をコンセプチュアルにする思考ツール
  3.コンセプチュアルな思考を妨げるもの
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入門編はこちらです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンセプチュアルスキル入門〜本質を見極め、行動するスキル   ◆(7PDU's)
  日時:2018年 01月 18日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)   
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_skill.htm
  主催:プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【カリキュラム】
  1.概念的に考えて、具体的な行動をする
  2.本質を見極めるスキル
  3.洞察力を高める
  4.応用力を高める
  5.コンセプチュアルが行動を変える〜ケーススタディ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは