本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMO研修 開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第90話:ナレッジからデザインへ(2014/09/25)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆経営はデザインそのものである

PMスタイル考で以前デザインについて書いたのが、2年くらい前です。

【PMスタイル考】第53話:プロジェクトのコンセプトとデザイン

この2年間の間に、デザイン思考という言葉がずいぶん普及してきて、同時にデザイ
ンが経営との関係で語られることが増えてきました。そこで、久しぶりにデザインに
ついて考えてみたいと思います。

最近、タイトルが印象に残った本に、博報堂コンサルティングの書いた「経営はデザ
インそのものである」という本があります。内容はイマイチなのですが、意図は十分
に共感できました。まさに、そういう時代なのだと思います。


◆デザインのさまざまな意味

デザインというのは多義な言葉です。まず、この点を整理しておきましょう。デザイ
ンという言葉のもっとも具体的な意味は、

設計を行う際の形態、特に図案や模様を計画、規定すること

と意味だと思われます。この場合、図案や模様は工学的なものだけではなく、芸術、
美術的な意味も含んでいます。日本語でデザインという場合にはこの意味で使うこと
が多く、設計、意匠と呼ばれることもあります。たとえば、コップをデザインすると
か、画面をデザインするという風に使うわけです(この定義は、計画という言葉にも
いろいろな意味があるのでちょっと複雑です)。

もう少し、抽象的な意味としては

人間の行為をより良いかたちで適えるための「計画」

という定義もあります。この場合、人間の行為には一般的に目的があり、それを良い
形で叶える計画がデザインだという考え方です。

たとえば、プログラムやプロジェクトをデザインするとは、プロジェクトの目的をよ
い形で適えるための計画を意味しています。

さらに抽象化すると、こんな定義もあります。

デザインとは、創造的な活動であり、その目的はモノやプロセス、サービス、サービ
スシステムのライフサイクル全体にわたる多面的なクオリティを確立すること

これは、国際工業デザイン協議会のデザインの定義ですが、こうなってくると、人間
の行うほとんどの活動はデザインということになるのでしょう。

このようにデザインという言葉は多義的に使われます。英語のスピーチを聞いていて
、「ほ~、これもデザインというか」と気づかされることがよくあります。実感とし
てその範囲がだんだん広がっているように感じます。


◆デザイン思考

このような中で出てきたのが、デザインファームを名乗る米国・IDEOによるデザ
イン思考という概念です。

デザイン思考で考えるデザインが上に紹介した定義と一線を画しているのは、問題解
決の活動であることを明確にしたことです。デザインにより、問題の解決に役に立つ
製品や行動を生み出すことがデザイン思考だというわけです。これは非常に受け入れ
やすい考え方です。

ただし、問題解決がデザインの定義だというのが限定的すぎるかもしれません。デザ
インが行われるのはイノベーションのように問題解決だけではなく、創造的な活動で
もあるからです。たとえば、スマートフォンは何か問題解決をするために生み出され
たというより、スマートフォンが新しいライフスタイルを作り上げたという方が適切
です。

デザインが経営そのものだと考えられるようになってきたのは、スマートフォンのよ
うにデザインを通じて、問題解決に有効な製品や行動を生み出すことだけではなく、
さらにその先に「何か」を創り出すからです。


◆デザインは変化をもたらすもの

米国で体験デザインの会社を経営するマリア・ジュディースとデザインリサーチの会
社を経営するクリストファー・アイアランドは、「Rise of DEO : Leadership by de
sign」(邦訳「CEOからDEOへ - 「デザインするリーダー」になる方法」)という本の
中で、「何か」はそれらの製品や行動が作り出す「変化」だと言っています。

確かに、デザインが変化を生み出しているだというのは納得ができる話です。かつて、
デザインは商品の差別化のための手段でした。デザインによって、商品は姿・形を変
えていきました。

さらに、デザインの対象は目に見えない機能になり、デザインが機能を変えていくよ
うになりました。また、同じく目に見えない組織もデザインの対象になり、デザイン
が組織を変えていきました。

さらに、デザインの対象は人間の行為にまで及ぶようになってきています。インスト
ラクションのデザイン、サービスのデザインなどがそうです。また、コミュニケーシ
ョンのデザインが組織コミュニケーションを変え、組織を変えるにようになってきま
した。

このようなデザインによる変化の総体が経営であるというのは非常に説得力のある指
摘だといえます。


◆デザインがリーダーの必須スキルになってきた

このようにデザインの概念が広がってくると同時に、リーダーはデザインが必須スキ
ルになってきます。PMstyleでは5年くらい前からプロジェクトリーダーのデザインス
キルに注目し、デザインスキルを向上する支援する活動をしています。

プロジェクトに限れば、プロジェクトマネジメントがデザインのフレームワークにも
なっていますので、デザインスキルがプロジェクトマネジメントスキルを向上させる
という関係にありました。

しかし、今、起こっていることは、経営スキルそのものにデザインスキルが必要だと
いう現象です。上で紹介したマリア・ジュディースたちはデザインに基づくリーダー
シップを提唱しています。そして、そのようなリーダーシップを身につけ、経営に関
わる問題をデザインの問題だと捉え、イマジネーションと科学的手法で解決できると
考えるリーダー、DEO(デザイン・エグゼクティブ・オフィサー)を社会が求めて
いると指摘しています。

◆ナレッジからデザインへ

50年前に、ピーター・ドラッカーはこれからはナレッジワーカーの時代だとし、マ
ネジャーの役割は部下の一人一人が自立して考えるようにしていくことだとしました。

そして、ナレッジワーカーの時代は終わったと指摘したのが、ダニエル・ピンクです。
ダニエル・ピンクはこれからの時代は、ハイコンセプト・ハイタッチの時代だと言っ
ています。

この時代のワーカーは「デザインワーカー」だといえるのかもしれません。そして、
リーダーはデザイン思考で組織やプロジェクトを動かすリーダーでなくてはならない。
そのような人材になる方法をマリア・ジュディースたちは教えてくれているのです。

デザイン思考を身につけましょう!


【参考文献】
マリア・ジュディース、クリストファー・アイアランド(坂東智子訳)
CEOからDEOへ - 「デザインするリーダー」になる方法」、ビー・エヌ・エヌ新社(2014)


◆デザイン思考の関連セミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆プログラム&プロジェクトによる課題解決の進め方        ◆7PDU's
  日時:2017年 06月 06日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/initiative.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】
   1.プロジェクトによる価値創造のためのマネジメントとは
   2.プロジェクト・イニシアチブの実践
   (1)プロジェクト・イニシアチブの構想と計画
   (2)ポートフォリオによるインパクトのデザイン
   (3)プログラムによるインパクトのマネジメント
   (4)価値を創造する個別プロジェクトの構想、計画、マネジメント
   3.プロジェクト・イニシアチブの構想演習
   4.プロジェクトによる価値創造の実際
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PMstyleメールマガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは