本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第1回 みんな『互いに』わかっていない(2016.07.05)

インフルエンス・テクノロジーLLC  高嶋 成豪


プロジェクトの現場では、プロジェクトマネジャーがあいかわらずステークホルダーに悩まされていると感じます。

先日、とあるSI企業に伺ったとき、最初に会った30代半ばの男性は、開発のプロジェクトで営業やマーケティングのスタッフとの調整に苦労しているとつぶやき、次に話した30代前半の女性営業担当者(「私がプロマネやっています」だそうです)は、SEやマーケティングが協力してくれなくてうまくいっていないと訴え、三人目に会った40歳ぐらいの品質保証担当の男性は、営業もSEもわかっていないとぼやいていました。

3人はそれぞれ異なるプロジェクトを担当していましたが、営業、SE、スタッフの間に、越えられない溝があるかのようでした。どのような立場にいても、ステークホルダーとどうつきあっていくかは難しいことなんだな、と思います。

私は、
影響力の法則』(コーエン&ブラッドフォード著 2007年 税務経理出版)

を翻訳してから、影響力の法則を使ってステークホルダー対応に応用することを、現場のマネジャーのみなさんにアドバイスしてきました。

また逆にみなさんのお話しを伺いながら、影響力の法則をどう適用するか、私自身が学んできました。その経験から、ステークホルダーの立場をどれだけ理解しているかが、ステークホルダーとうまくつきあえるかどうかを分けていることに気づきました。

例えば、あるプロジェクトマネジャーは、忙しい時間の合間をみて、会社の研究所をしばしば訪ねていたそうです。「研究所の人たちは、自分たちの研究には誇りを持っています。でも、それが会社の役に立つのかといわれると、自信がないんですよ」と話してくれました。
彼は研究所の所長と懇意になり、いくつかの共同プロジェクトを成功させていました。

こちらもきつい立場にいますが、ステークホルダーも同じです。
部長もきつい立場にいます。社長もやはりきつい立場にいます。一般的には、上に立つほどきつい立場に立たされます。時には孤独を感じます。それゆえに、心折れそうになるわけです。
そんな立場を理解してくれる人がいたら。救われる助かると思いませんか。
一緒にやろうという/協力しようという気持ちになると思いませんか?

ここに、ステークホルダーとつきあうチャンスがあります。

そこで、ステークホルダーが置かれている立場を、少し考えてみましょう。
次回に続く

◆「影響力の法則(R)」を使ったセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「影響力の法則(R)」を活かすステークホルダーマネジメントの実践◆7PDU's
  日時:2017年08月25日(金)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:高嶋成豪(人材開発/組織開発コンサルタント。
      インフルエンス・テクノロジーLLC.マネージング・パートナー)
     鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/influence20.htm
  主催 インフルエンス・テクノロジーLLC、プロジェクトマネジメントオフィス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
 ・プロジェクトマネジメントとは
 ・プロジェクトでステークホルダーに動いてもらう
 ・ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント
 ・ステークホルダー影響グリッド
2.ステークホルダーの特定
 ・プロジェクトのパラメータ
 ・ステークホルダー・マトリクス
 ・ステークホルダー・マネジメント戦略
 ・(演習)ステークホルダー・マトリクス
3.影響力の法則(R)
 ・影響力とは何か?
 ・(演習)影響力が発揮されない問題の検討
 ・「カレンシーの交換」メカニズム
4.交換のステップ
 ・ステークホルダーの目標を把握し、カレンシーを計画するステップを学ぶ
5.交換の検討
 ・立上げ、計画、チームマネジメント、コントロール、終結の各局面を切り抜ける交換の事例を検討する
6.現実のプロジェクトの検討
 ・(演習)現実のプロジェクトの検討
   全体で2ケースを検討し、その後グループで各自のケース効果をあげるために討議する
 ・(演習・個人)ステークホルダーマネジメントの計画
7.振り返り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

高嶋 成豪    インフルエンス・テクノロジーLLC マネージング・パートナー

人材開発/組織開発コンサルタント。インフルエンス・テクノロジーLLC.マネージング・パートナー。ゼネラル・モーターズ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどで人材開発に従事。現在リーダーシップ、コミュニケーション、チームビルディング、キャリア開発のセミナーを実施し、年間約1000名の参加者にプログラムを提供している。ウィルソンラーニング・ワールドワイド社によるリーダーシッププログラム、LFG(Leading for Growth:原著はコーエン&ブラッドフォード両博士の共著“Power Up”)のマスター・トレーナー。2007年『影響力の法則 現代組織を生き抜くバイブル』(原題“Influence without Authority”)を邦訳。コーエン&ブラッドフォード両博士から指導を受け、「影響力の法則」セミナー日本語版を開発。日本で唯一の認定プロバイダー。筑波大大学院教育研究科修了 修士(カウンセリング) 日本心理学会会員 ISPI(the International Society for Performance Improvement)会員 フェリス女学院大学講師

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは