本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMO研修 開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805


コンセプチュアルリーダー養成講座(全6回)東京開催 

今年度のコンセプチュアルリーダー養成講座は、基本編と応用編に分けて開催します。

まず、基本編では、コンセプチュアルリーダーが必要とするコンセプチュアルスキルの基本として、

・本質を見極める
・コンセプトを作る
・問題解決を創造的に行う

の3つのテーマを取り上げます。そして、応用編ではコンセプチュアルスキルを応用したコンセプチュアルリーダーの活動として、

・生産性向上への応用
・統合による対立解消への応用
・コミュニケーションへの応用

の3つを取り上げます。

いずれもそれなりにできることですが、コンセプチュアルスキルによって、より高いクオリティで実現することを目指します。

詳細はプログラムの紹介をご覧ください。

時間は、それぞれのテーマごとに、夜間(19:00−21:30)の2.5時間です。

受講は、

・セッションごと
・基本編/応用編
・一括

のいずれかで可能です。ご希望の単位でお申込みください(受講方法によって、1回の受講料が異なりますので、ご注意ください)。

各セミナーの受講者には2.5PDU/回、発行します。

ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。

プログラム

基本編
第1回
2015年7月01日(水)
テーマ】仕事の本質を見極め、目標を決める
カリキュラム
 ・(講義)本質とは何か
 ・(講義)本質の見極め方
 ・(エクスサイズ)自分の仕事の本質を見極める
 ・(講義)本質を反映した目標を決める
 ・(エクスサイズ)本質を目標で表現する(本質目標を定める)
 ・(講義)時間軸や抽象レベルを変えて目標を評価する
 ・(エクスサイズ)目標を評価する
コンセプチュアルスキルの学習テーマ
 本質を見極めるスキル(5つの軸)
基本編
第2回
2015年7月15日(水)
テーマ】本質目標を実現するコンセプトを作る
カリキュラム
 ・(講義)コンセプトとは何か
 ・(講義)目標を実現するコンセプトを作る
 ・(エクスサイズ)自分の仕事の目標を実現する方法のコンセプトを考える
 ・(講義)よいコンセプトの条件
 ・(エクスサイズ)コンセプトの評価
 ・(講義)コンセプトを実現する
 ・(エクスサイズ)コンセプトの実現プランを作る
コンセプチュアルスキルの学習テーマ
 アウトプットのコンセプトを作る(大局と分析)
基本編
第3回
2015年7月29日(水)
テーマ】本質的な問題を見極め、創造的な解決方法を考える
カリキュラム
 ・(講義)観察から状況や問題を洞察し、表現する
 ・(グループワーク)観察から状況を洞察する
 ・(講義)問題現象から問題を抽出する
 ・(エクスサイズ)問題現象を抽象化する
 ・(講義)問題解決策を考え、具体的な解決案を作る
 ・(エクスサイズ)抽象的に問題解決策を考え、解決し、具体的な解決案を作る
 ・(講義)具体案を検証、修正し、効果を高めていく
 ・(ロールプレイ)問題解決において部下を指導する
コンセプチュアルスキルの学習テーマ
 データや観察から洞察し、本質的な問題を見極める(主観と客観)
 抽象的に考え、具体的に行動する(抽象と具象)
応用編
第1回
2015年9月02日(水)
テーマ】直観を効果的に活用し、生産性を向上させる
カリキュラム
 ・(講義)直観と直感
 ・(講義)直観で無駄な選択肢を排除し、意思決定をシンプルにする
 ・(エクスサイズ)直観を使った意思決定を行う
 ・(講義)直観と論理をどのように関係させるか
 ・(講義)生産性を向上させる仮説検証の方法
 ・(エクスサイズ)論理と直観を統合する
 ・(グループワーク)直観で生産性を上げる方法
コンセプチュアルスキルの学習テーマ
 直観を活かし、俊敏な意思決定をする(直観と論理)
応用編
第2回
2015年9月16日(水)
テーマ】対立を統合する
カリキュラム
 ・(講義)統合による対立の解消
 ・(講義)統合のための視野の取り方
 ・(エクスサイズ)統合思考の本質をつかむ
 ・(講義)抽象化レベルを上げて、本質に利害関係を統合する。
 ・(グループワーク)対立する利害関係から本質を見つけ、統合する
 ・(講義)統合された利害関係に基づく具体的な提案を示す
 ・(グループワーク)提案を示し、同意を得る
コンセプチュアルスキルの学習テーマ
 利害関係を統合し、互恵関係を作る(長期と短期)
応用編
第3回
2015年9月30日(水)
テーマ】コンセプチュアルスキルを活かしたコミュニケーション
カリキュラム
・(講義)コンセプチュアルスキルでコミュニケーションが改善される
・(講義)質の高いコミュニケーションに不可欠な構造化
・(エクスサイズ)コミュニケーションの構造化
・(講義)コンセプチュアルスキルを活かした交渉の進め方
・(エクスサイズ)構造的な交渉
・(講義)本質を外さないコミュニケーション
・(ロールプレイ)共感を得るコミュニケーション
コンセプチュアルスキルの学習テーマ
コンセプチュアルコミュニケーションスキル(5つの軸)
形態の説明
・(講義):テキストに基づいて講師が受講生と対話をしながら、話をしていきます。
・(エクスサイズ):個人ワークです。基本的に自分の仕事や活動が対象になります。
・(グループワーク):講師が準備したケース(事例)に基づき、グループでワークをします。
・(ロールプレイ):グループでのロールプレイを行います。
期間
基本編:2015年7月1日(水),15日(水),29日(水) 19:00-21:30
応用編:2015年9月2日(水),16日(水),30日(水) 19:00-21:30
場所
ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区) アクセス  
受講料
・6回セットの一括お申込: 30,000円(税別)
・基本編または応用編のお申込: 18,000円(税別)
・各回のお申込: 7,000円(税別)/回
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
※早割について
早割対象講座ではございません。
対象
業務リーダー、プロジェクトリーダー、技術リーダー、チームリーダー 
講師
好川哲人(エムアンドティコンサルティング代表)
定員
10名(最小実施人数 6人)
応募者が6人に満たない場合には中止することがありますので、ご了解ください。
また、やむを得ず会場・講師・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、有限会社エムアンドティ
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

氏名*
会社名*
部署
役職
電話番号*
E-Mail*
ご受講コース* 一括申込」、「基本編申込」、「応用編申込」、「セッションごと申込」のどちらかを選択してください。
  コンセプチュアルリーダー養成講座(一括申込
  コンセプチュアルリーダー養成講座(基本編申込
  コンセプチュアルリーダー養成講座(応用編申込
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  コンセプチュアルリーダー養成講座(セッションごと申込
  以下の中から申込する回を選択してください
   基本編第1回 仕事の本質を見極め、目標を決める(2015年7月01日:水)
   基本編第2回 目標を実現する仕組みを作る(2015年7月15日:水)
   基本編第3回 データや観察から洞察し、問題を見極める(2015年7月29日:水)
   応用編第1回 創造的なアイデアを出し、行動に落とす(2015年9月02日:水)
   応用編第2回 対立を統合する(2015年9月16日:水)
   応用編第3回 コンセプチュアルスキルを活かしたコミュニケーション(2015年9月30日:水)
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
 申込受付は終了しました

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、お振込先もしくはクレジットでのお支払のご案内をメールにてお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは