本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第10回 プロジェクト目標マネジメント(アーンドバリューマネジメント)(2013.02.23)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代


◆プロジェクト目標マネジメント(アーンドバリューマネジメント)

「P2M(プロジェクト&プログラムマネジメント)早わかり」の10回目です。
前回は、プロジェクト目標マネジメントのQCDS(品質、コスト、タイム、スコープ)のコストマネジメントについて、PMBOK(R)と比較しながら書きました。
今回は、アーンドバリューマネジメントです。

アーンドバリューマネジメント(Earned Value Management)は、PMBOK(R)の中ではタイム知識エリアとコスト知識エリア双方の監視・コントロールプロセス群で取り上げられ、ツールの説明としてはコスト知識エリアにて書かれています。
このことからも、タイム、コスト双方の進捗を測定するツールだということがわかりますが、進捗はタイムだけではなく、コストとともに判断しましょうねと言う点から、アーンドバリューの取り上げられ方が年々、大きくなっている理由でもあります。

それでは、どのように測定するのかを簡単にみてみましょう。

アーンドバリューマネジメントでは、スコープ、コスト、スケジュールの測定結果を統合して判断するために、3つの指標を使います。

・プランド・バリュー(PV):アクティビティやWBSの構成要素ごとの予算を時系列に積み上げた金額であり、グラフ化した曲線をPMB(パフォーマンス測定ベースライン)と呼びます

・アーンド・バリュー(EV):すでに完了した作業の価値であり、PMに対して、どの程度完了しているのかを表します。これは、スコープとスケジュールの測定結果となります

・実コスト(AC):実際に使った金額であり、コストの測定結果です

この3つの指標からスケジュール、コストの進捗を判断します。

・スケジュール差異(SV)=EV−PV:負の値であれば、遅れています
・コスト差異(CV)=EV−AC:負の値であれば、予算超過です

・スケジュール効率(SPI)=EV/PV:1より小さければ遅れています
・コスト効率(CPI)=EV/AC:1より小さければ予算超過です

また、アーンドバリューはこのままの調子でいけば、という仮定において、完成時総コスト(EAC)を予測をすることができます。

EAC=(BAC(完成時総予算)ーEV)/CPI + AC
     −−−−−−−−−−−−−−
     ここが残りは今までの調子で進みますという計算の部分


これまでは、CPIの示す数値の通りの進捗だけれど、これからは元の計画通りの進捗ですという楽観的な場合は、

EAC=AC + BACーEV
         −−−−−−ここが残りは計画通り進みますという計算の部分

このように計算式に違いはありますが、
「このまま行けば、約○%予算オーバーです」

などと主観的な予測ではなく、理論的な計算式で完成時総コストを予測することができますので、プロジェクトの今後の方針を決めるうえで、大変便利な指標となっています。

◆プログラムの関連セミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆プログラム&プロジェクトによる課題解決の進め方        ◆7PDU's
  日時:2017年 06月 06日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
  場所:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:好川哲人(エムアンドティ・コンサルティング)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/initiative.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【カリキュラム】
   1.プロジェクトによる価値創造のためのマネジメントとは
   2.プロジェクト・イニシアチブの実践
   (1)プロジェクト・イニシアチブの構想と計画
   (2)ポートフォリオによるインパクトのデザイン
   (3)プログラムによるインパクトのマネジメント
   (4)価値を創造する個別プロジェクトの構想、計画、マネジメント
   3.プロジェクト・イニシアチブの構想演習
   4.プロジェクトによる価値創造の実際
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

コンセプチュアル思考

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは