本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第2回 プロジェクトマネジメントオフィスの機能体系(2008.04.10)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


前回はPMOのタイプとメリットについて述べました。これらのメリットを実現するためのPMOの機能の見方はさまざまです。これは経営組織の見方がさまざまなことと全く同じ理由です。PMstyleでは、プロジェクトマネジメントオフィスの機能を以下の5つのカテゴリーに分けて考えています。

(1)PM実行マネジメント
(2)PM基盤マネジメント
(3)リソースインテグレーション
(4)プロジェクト運営技術の支援
(5)ビジネス・アライメント

以下、それぞれのカテゴリーの機能を簡単に説明してきましょう。

(1)PM実行マネジメント
PM実行マネジメントは文字通り、組織がプロジェクトマネジメントを実行していくために必要なマネジメントで、
 ・組織としての標準プロジェクトマネジメントの手法を確立する
 ・手法に合わせたツールを整備する
 ・標準工数とメトリクスを整備する
 ・プロジェクトで得られた知見のマネジメントを行う
などを行う機能です。
ここで、マネジメントになっていることに注意してください。PMOの仕事というと支援だと思いがちですが、そんなことはありません。「マネジメント」を行うのがPMOなのです。

(2)PM基盤マネジメント
もう一つのマネジメントはプロジェクトマネジメントの基盤に対するマネジメントです。基盤という考え方は分かりにくいかもしれませんが、組織としてプロジェクトマネジメントとスムーズに運営するための、機構、仕組み、ガバナンス、設備などのマネジメントを意味しています。基盤に対するマネジメント活動としては
 ・プロジェクトガバナンスのマネジメント
 ・人や組織、プロセス成熟度のアセスメント
 ・機構や仕組みのマネジメント
 ・施設や設備のマネジメント
などが行われます。

(3)リソースインテグレーション
PMstyleでは、リソースに関する機能をすべて一つのカテゴリー、リソースインテグレーションに集めて整理していますリソースインテグレーションはプロジェクトに必要なリソースの管理、開発、準備などを行うマネジメントです。このためには
 ・リソースマネジメント
 ・トレーニングと教育
 ・キャリアマネジメント
 ・チーム形成
といったマネジメント活動が必要になります。

(4)プロジェクト運営技術の支援
この機能が唯一のプロジェクトに対する直接的な支援(マネジメント)機能です。平たくいえば、プロジェクトマネジメントの手法の適用を支援するのがこのカテゴリーです。
PMOはこのために
 ・メンタリング制度による支援
 ・計画サポート
 ・プロジェクトリカバリーの支援
 ・プロジェクト監査
などを行います。

(5)ビジネスアライメント
ビジネスアライメントも分かりにくい機能ですが、PMOが組織のマネジメントの一端を担うのであれば、何らかの形でビジネスの入りこんでいく必要があることから想定されている機能です。その入り口は
 ・プロジェクトポートフォリオマネジメント
であり、また、そのために
 ・顧客リレーションシップマネジメント
 ・ベンダーリレーションシップマネジメント
などを行う必要です。その上で、
 ・ビジネスパフォーマンスマネジメント
を行っていく必要もあります。

   
   図:PMOの機能体系

次回からは、それぞれのマネジメントについて、実際にはどのようなことをすればよいかを説明していきます。

◆関連セミナーを開催します
╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
◆事例に学ぶPMOの立上げと運営                ◆3.5PDU's 
  日時・場所:【東京】2018年 01月 31日(水) 13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 12月 19日(火) 13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
       【名古屋】2017年 08月 31日(木)13:30-17:00(13:10受付開始)
            名古屋国際センター(名古屋市中村区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/startup30.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、PMAJ共催
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  【カリキュラム】
   1.PMOの概要
   2.PMOの形態と機能の整理
   3.PMOの構築手順と計画
     (演習)PMO構築計画策定
   4.事例に見るPMOの立上げと運営のポイント
   5.PMOの成功要因
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは