本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第13回 PMOの設立(5)〜PMOの戦略性とは何か(2)(2006.07.10)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


前回は戦略的PMOとはどのようなものかを説明した。その中で、ビジョンとミッションの重要性を述べた。

◆前回の復習

 PMOの戦略性とは何か(1)

今回は、戦略的PMOとはどのような活動をするかを説明する。まず、前回提示した戦略性の定義

「主体的立場」に立つ時に、環境を広い視野のものに認識し、「長期的な目的と成果」の観点に立って「システム的」に対処しようとする意識と行動の形成のスタイル

をもう一度、思い出していただきたい。前回述べたようにキーワードは3つ

 主体性、目的と成果、システム

の3つである。


◆プロジェクトトラブルへの戦略的対応

この点を踏まえて、一つの例を上げて、戦略的な活動のイメージを示す。例にしたいのは、プロジェクトのトラブルへの対応である。実際に、トラブルプロジェクトが多く、その対応としてPMOを設置に踏み切る企業は今でも少なくない。また、日本ではPMOの3大機能といわれるのは「標準化」、「トラブル対応」、「プロジェクトマネジャー育成」であることから考えても一般的なパターンだと思われる。問題はその方法である。

この問題に対して、PMOにプロジェクトマネジャーを置き、プロジェクトレスキューに入る支援形態を思い描く組織は多い。どれだけ実現できているかを別にすればそれを実行している企業も結構ある。少なくとも、プロジェクトマネジャーの派遣までは及ばなくても、プロジェクトマネジメント技術支援スタッフ、技術支援スタッフ、調達支援スタッフなどをプロジェクトに投入し、問題解決に当たっているPMOは多い。

このような支援を見ていると確かに目の前のプロジェクトの問題に対してはある程度有効な支援になっているのだが、PMOとして手がけなくてはならないトラブルの数はあまりにも多く、PMOのスタッフ数には限りがあり、それゆえに、モグラ叩き的対応になっているケースが多い。


◆トラブル支援はモグラ叩きでいいのか?

このような活動はプロジェクトのトラブルへの支援を第一義としているのだからそれでよいという考え方もあるだろう。しかし、PMOの側の要員数の制約などで個別のプロジェクトに対して十分な支援が出てきていないのであれば、話は変わってくる。つまり、問題解決をしているとはいえないからだ。そこで、PMOの要員を増やし、トラブルへの対処を手厚くしようといった議論になる。

このような考え方、展開は戦略的であるとはいえない。いくつか欠けている点がある。まずは主体性。PMOの要員を増やせと言い出したところで、主体的な問題解決を放棄している。戦略的であるためには、あくまでも「自分でコントロール」できる(「自分でできる」ではない)範囲で問題解決策を求める必要がある。また、プロジェクトをアセスメントし、その結果に基づき、支援要員を投入するといったやり方がシステム的かという議論もあるだろう。


◆リカバリー支援の目的は救済か

そもそも、リカバリーに対してPMOが支援する目的は「そのプロジェクトの救済」かという議論もある。そのプロジェクトが救済されなくてはならないことは事実であるが、それはプロジェクト自身の役割である。PMOの役割はプロジェクト自身が立ち直ることを支援することであり、PMOとしての目的は、プロジェクト失敗率の低減、プロジェクトマネジャーの育成といったところではないかと思う。


◆トラブル時にPMOが解決すべき問題

そのように考えると、トラブルが発生しているという状況において、PMOとして解決しなくてはならない問題は

 ・プロジェクトマネジメントの蹉跌
 ・プロジェクトマネジャーの未熟さ
 ・プロジェクトの外部環境の問題

といった中にあることが多い。プロジェクトの状況そのものの問題が優先されるケースは稀だと思われる。

むしろ、PMOが支援するときに重要な視座は、そのプロジェクトの期間、あるいは、組織の中で、同じ問題を再発しないような形で支援することである。

そこで、そのような中にある問題の本質を見極め、それに対処していく。これは、
 リカバリーアセスメント
  →リカバリーソリューションパッケージ
   →リカバリー

と進めていく「リカバリーマネジメント」そのものである。その結果として、たとえ、要員支援というソリューションになったとしても、このようなプロセスを踏んでいること自体が重要であり、それが戦略的アプローチそのものである。

※リカバリーマネジメントについては、以下を参照。

 PMO進化論(7) プロジェクト運営技術支援〜プロジェクトリカバリー(1)
 PMO進化論(8) プロジェクト運営技術支援〜プロジェクトリカバリー(2)
 PMO進化論(9) プロジェクト運営技術支援〜プロジェクトリカバリー(3)

◆関連するセミナーを開催します
╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 ■ リカバリーマネジメント                 ◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2018年 03月 02日(金)  13:30-17:00(13:10受付開始) 
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/recovery30.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 【カリキュラム】
1.プロジェクトリカバリーマネジメントの考え方と概要
2.アセスメントと問題の見極め
3.問題からのリカバリーソリューション
4.プロジェクトリカバリープロセスの構築
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは