本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。


プロダクト・フューチャーセッション「よい製品とは何か?」

株式会社プロジェクトマネジメントオフィスでは、株式会社スタイリッシュ・アイデア(代表・新井 宏征)と共同で「プロダクトマネジメント」関連のセミナーを開催しています。

セミナーの参加者の方やお客さまのヒアリングをとおして、手法としてのプロダクトマネジメントだけではなく、改めて「製品」について考えてみる必要性を痛感しています。プロダクトマネジメントは顧客に価値を提供するための方法論ですが、価値を考える上で不可欠なのが、「よい製品とは何か」という問いです。

そこで今回この問題をアイキットソリューションズ代表の生島 大嗣さんをファシリテータに迎えフューチャーセッションとして考えてみたいと思います。

プロダクト・フューチャーセッション「よい製品とは何か?」

今回のフューチャーセッションでは、業種や権限の違いを超え、日々、さまざまな立場から製品や商品、サービスにかかわる参加者が集まり、日々の業務では考える機会があまりない「よい製品とは何か?」という問いについて考えてみたいと思います。「よい製品」に興味のある方の積極的なご参加をお待ちしています。

なお、東京ではこのフューチャーセッションを受け、2014年4月からは「製品」に関する勉強会を開催する予定ですが、関西でも今回のフューチャーセッションの参加者を中心にしてぜひ実現できればと思っています。一緒に活動したいという方もぜひ今回のフューチャーセッションにお集まりください。

東京開催はこちらです
ブログの関連記事はこちらです。
お申込フォームはこちらです。

プログラム

内容
1. 主催者あいさつ
2. チェックイン
3. 対話1:3-12-3ブレーンストーミング
4. 対話2:アンチプロブレム
5. チェックアウト
場所
大阪産業創造館(大阪市中央区)アクセス
日時
2014年 01月 20日(月)  19:00〜21:00(18:45受付開始)
受講料
・3,000円(税込)
※お支払にクレジットを使用することができます。
備考欄に「クレジット希望」とご記入ください。後ほど、お支払方法についてのメールをお送りします。
受講料の割引
本講座は、早割対象講座ではございません。
本講座は、複数名割引対象講座ではございません。
対象
・製品開発、サービス開発、品質管理など日々製品やサービスにかかわっている方
・製品開発、サービス開発、品質管理などの分野のマネジャーの方 
ファシリテーター
生島 大嗣(アイキットソリューションズ代表)
新井宏征(株式会社スタイリッシュ・アイデア代表取締役)
好川哲人(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表)
定員
30名(最小実施人数 10人)
応募者が10人に満たない場合には中止することがありますので、ご了承ください。
また、やむを得ずファシリテーター・プログラム等が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
主催
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、株式会社スタイリッシュ・アイデア
セミナー運営
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス(受付、受講票送付、請求、本セミナーへの問い合わせはプロジェクトマネジメントオフィスが行います)

お申込

下記項目にご入力後、送信ボタンをクリックしてください。*は必須項目です。
セミナーについてのお問い合わせはこちらからお願いします。

氏名*
会社名*
部署
役職
電話番号*
E-Mail*
ご受講日*   2014年01月20日(月)プロダクト・フューチャーセッション「よい製品とは何か?」 
備考
お支払をクレジットでされる場合は、「クレジット希望」とご記入ください。開催確定後、お支払方法に関するメールをお送りします。
 終了しました

受付後、数分後に受付確認メールが届きます。届かない場合は、申し込みメールアドレスに誤りがありますので、お手数ですが、再度、お申し込みください。

開催が決定次第、お振込先もしくはクレジットでのお支払のご案内をメールにてお送りしますので、しばらくお待ちください。中止の場合は、開催1週間までにご連絡いたします。キャンセルのお取り扱いはこちらをご覧ください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは