本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

(本社)0774-28-2087

(携帯)080-2441-0805

第92回 クリティカルシンキング(3)〜思考を疑う(2016/09/16)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

◆クリティカルシンキング(3)〜思考を疑う

問題解決、意思決定などマネジメント作業には欠かせない思考法であるクリティカルシンキングについて、前々号では、7つの心構えについて、前号では、合理性について述べました。

 PMの道具箱(90) クリティカルシンキング(1)〜7つの心構え

 PMの道具箱(91) クリティカルシンキング(2)〜合理性を疑う


本号では、クリティカルシンキングの疑うポイントとして、内省について、取り上げます。

思考(内省)について疑うポイントは、次の5つです。

1.先入観
2.思考の深さ
3.思考の幅
4.現実からの逃避
5.思考の態度

1.先入観
クリティカルシンキングは、「正しく疑う」ことであり、考えたこと(自分の思考)を「本当にそうか?」と疑う思考法です。
自分には、論理・思考のパターンがありますが、それが、もしかすると思い込みかもと疑います。

そのためには、まず、意見と事実を区別するところから始め、意見であるならば、それを信じることができるのかどうかを確かめるために、PDCAを高速回転することで、先入観ではないことを確認します。

2.思考の深さ
なぜを5回繰り返すと、真の原因にたどり着く、とよく言われています。考えが浅いことを疑い、本質に注目し、それを深く掘り下げることで、思考を深くします。

3.思考の幅
大きく考えるか、小さく考えるか、長期的に考えるか、短期的に考えるかなど、多様な枠で思考の幅を広くします。そのためには、一旦現実から離れ、目的から考える習慣を身につけましょう。

4.現実からの逃避
出てきたアイデアが現実離れしていないかを疑います。そのために、具体例を考えます。具体例が出てこない場合は、考えが間違っていることが多いようです。
また、関係者になりきり、そのアイデアをどう思うかを考えます。

5.思考の態度
考えたことに対して、常に「根拠」を説明できるようにしておきます。
そのためには、一人ブレストが有効を言われています。

上記の内省に関するポイントを疑うことによって、これまでとは、少々、洗練された考えになる、クリティカルシンカーになるのではないでしょうか。

◆参考資料
 3分でわかるクリティカルシンキングの基本


◆クリティカルシンキング(考え抜く技術の)セミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆クリティカルシンキング〜考え抜く技術             ◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年 05月 24日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 06月 12日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
       【名古屋】2017年 06月 27日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
            名古屋国際センター(名古屋市中村区)
  講師:鈴木 道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/critical.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                           
   1.クリティカルに考えるとは
   2.ロジカルシンキング
   3.何を疑うのか(合理性)
   4.何を疑うのか(内省)
   5.クリティカルシンキングの4ステップ
   6.具体的状況におけるクリティカルシンキング演習
   7.クリティカルシンキング総合演習                  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

コンセプチュアル思考

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダー

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは