本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第84回 Tチャート(2):バランス感のある意思決定をする(2016/05/13)

プロジェクトマネジメントオフィス 鈴木 道代
  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

82回では、Tチャートというツールを使った、バランス感のある意思決定について述べました。

  第82回 Tチャート:バランス感のある意思決定をする

Tチャートとは、T型の線を引き、最上段に二つの標題を書くスペースを取り、アイデアを二つの欄に分けて整理します。
たとえば、顧客から、仕様追加の要求があり、仕様追加するかどうかの意思決定をする場合、議論すべきポイントを縦の項目に記載し、そのポイントに対して、仕様追加する場合としない場合に分けて、記入していきます。

そして、もう少し深く考えるために、長期的/短期的の軸からも考えてみましょう。
以下は、サンプルです。

─────────────┬──────┬───────────────
仕様追加しない      │      │仕様追加する
─────────────┼──────┼───────────────
短期:満足しない     │顧客の満足 │短期:当面、満足する
長期:仕様以外でのフォロー│      │長期:再度変心する可能性あり
   が必要       │      │
─────────────┼──────┼───────────────
短期:予定通りに完了   │スケジュール│短期:現在の納期では不可能、顧客
             │      │   は遅れても良いと言っている
長期:遅延の可能性もある │      │長期:担当者Aには次のプロジェク
             │      │   トがある
─────────────┼──────┼───────────────
短期:問題なし機能品質は、│品質    │短期:機能品質は向上する
   基準内       │      │
長期:問題なし      │      │長期:潜在バグ増加の可能性あり
─────────────┼──────┼───────────────
短期:問題なし      │コスト   │短期:コストは計画よりオーバー
             │      │   増額は期待できない
長期:問題なし      │      │長期:次プロジェクトに期待
─────────────┼──────┼───────────────
短期:開発中止の可能性  │リスク   │短期:スケジュール、コストに関
             │      │   するリスク増大
長期:顧客の隠れた不満が │      │長期:スコープクリープの可能性
   爆発する可能性   │      │
─────────────┴──────┴───────────────

同様に、主観的/客観的、直観的/論理的などの軸にて考えることで、さらに、バランス感のあるTチャートを使った意思決定となります。

このような考え方のトレーニングとして、例えば、お昼ごはんを何にするかを決める際に、使ってみましょう。

1.縦軸を考える:健康、お財布の中身、お昼の時間、暑いから外に出たくないなど
2.横軸を決める:中華ランチ、そば(2者択一ではない場合は、横に展開する)
3.各ポイント(縦軸)について、長期的/短期的、主観的/客観的、直観的/論理的にも考える

ぜひ、試してみてください。

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ステークホルダーマネジメント〜相手の世界を理解し、信頼関係を築く◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年12月12日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 01月 22日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
2.ステークホルダー分析の手法
3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
5.ステークホルダーと交渉する
6.ステークホルダーマネジメントを計画する
7.ケース
 ・顧客とのよい関係を作る
 ・上位組織を動かす
 ・チームを結束させる
8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

鈴木道代、PMP、PMS
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス、PMstyleプランナー
神戸大学工学部卒業後、アパレル企業の情報システム部に所属し、データベース管理者、システムエンジニア、リーダーとして社内システムの開発・マネジメントに携わる。
その後、独立し、小規模のシステム開発プロジェクトを受託し、プロジェクトマネジメントや開発マネジメントを担当する。
2004年、PMPを取得し、株式会社プロジェクトマネジメントオフィスにて、プロジェクトマネジメントのコンサルティング、研修講師、セミナー講師を担当する。2010年、PMS取得。

メルマガ紹介

本連載は、PM養成マガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは