本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第10話:リスクインテリジェンス(2010.01.20)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆PMstyleリスクマネジメント成熟モデル

PMstyleでは、プロジェクトリスクマネジメントの5段階というモデル(PMstyleリスクマネジメント成熟度モデル)を開発し、活用しています。以下のようなモデルです。

【レベル1】場当たり
プロジェクトマネジャーが気づいた範囲でリスク対策を立てている

【レベル2】体系化
プロジェクトマネジャーがプロジェクトリスクマネジメントの手法を導入して、リスクマネジメントを行っている

レベル3:標準化
組織としてリスクマネジメント標準手法や標準リスク事象を導入し、プロジェクトマネジャーやリスクオーナーとなるメンバーが標準に則り、リスクマネジメントを行っている。

【レベル4】定着化
組織としてリスクマネジメントに取り組み、個別プロジェクトにおける失敗の経験などが標準リスク事象として反映されている

【レベル5】インテリジェンス化
プロジェクトマネジャーやリスクオーナーのリスクマインドが醸成され、リスクに対する効率的かつ、効果的な管理に向けた継続的な改善が行われている


◆リスクマネジメントのゴールは?

リスクマネジメントはプロジェクトマネジメントの中でも早くから取り組みが開始されてきた領域で、定着化に至っている組織は少なくありません。一方で、「リスクマネジメントの仕組みが重い」という意見を耳にすることも少なくありません。実際に、定着化してきた状態で「改善」として行っている施策はより仕組みを精緻化する方向のものが多いのも事実です。

そもそも、リスクマネジメントのゴールは何なのでしょうか?プロジェクトからリスクをなくして、プロジェクトを安心して実施していけることなのでしょうか?

現実にはルーティンに近い仕事をプロジェクトでやっているケースも多いので、「そうではありません」というのは乱暴すぎるかもしれません。ただ、リスクがあるからプロジェクトであり、プロジェクトでしか実現できないのでプロジェクトを実施しているプロジェクトは決して少なくないのも事実です。

つまり、リスクマネジメントの最終的な目的は、このようなプロジェクトにおいて「リスクをとりながら、プロジェクトの目的や目標を達成できる」ことです。それがレベル5です。


◆リスクマネジメントのゴール達成のための2つのポイント

このようなリスクマネジメントの最終目的を達成するには、2つのポイントがあります。一つはリスクマネジメントを効率的であり、効果的なものにすることです。残念ながら、上で触れましたように、定着化したのちの改善の方向性が、非効率になっているケースが多いのです。まず、改善の方向性を見直す必要があります。如何にすれば、リスクマネジメントが効果的になるか。PMBOK(R)などが示しているプロアクティブリスクマネジメントという考え方に反する部分もありますが、受容できるリスクを増やすというのは一つの方向性だと思われます。

ただし、受容するリスクを増やしてしまうと、プロジェクトの失敗が増えるという心配があります。そこで出てくるのがリスクマインドです。プロジェクトマネジャーやリーダーだけではなく、メンバーの一人一人がリスクに強くなることです。これが重要です。


◆リスクインテリジェンス

PMstyleリスクマネジメント成熟度モデルでは、これをインテリジェンス化と呼んでいます。

インテリジェンスはもともとは、軍事用語で、軍事や政治的な価値を有する、集められた情報をインテリジェンスと呼びます。辞書を引くと、一般用語としては、知識・技術を獲得し適応する能力、そうした能力を持つ人とあります。

ビジネスでは、ビジネスインテリジェンスという言葉がよく使われるようになってきました。BIと呼ばれますが、これはビジネス上の価値を引き出すことを目的に、業務で蓄積されたさまざまなデータを収集して分析し、誰もが均質の意志決定を行うことのできるような仕組みのことを言います。

インフォーメーションが知識であるとすれば、インテリジェンスというのは知恵・知見です。知恵というのは、判断・行動のために必要な知識です。

ここで重要なことは知識は共有できるが、知恵は共有できないということです。ある知識をどのように解釈し、どのような知恵に変えていくかは、その人のキャリアや思想、スキルに依存するからです。したがって、プロジェクトにどのようなリスクがあるかを共有し、それに対してプロジェクトマネジャーはプロジェクトマネジャーなりに、メンバーはメンバーなりに、いろいろな経験を通じて、知識を精製し、どのようなリスクに対処する知恵を身につけていきます。これがインテリジェンスです。

◆関連するセミナーを開催します
╋【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■ リスクに強いプロジェクトと組織を作る             ◆3.5PDU's
  日時・場所:【東京】2017年 12月 11日(月) 13:30-17:00(13:10受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2018年 01月 17日(水)13:30-17:00(13:10受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/risk30.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 【カリキュラム】
  1.リスクに対する正しい知識を身につける
  2.リスクモニタリングを推進する
  3.リスクの分類とパターン化
  4.プロジェクトのリスクマインドを高めるための施策
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は、PMstyleメールマガジン購読にて、最新記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは