本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第2回 2−SDLに注目! (2007.11.23)

有限会社システムマネジメントアンドコントロール 取締役 社長 野村隆昌


●今回の対象者
 今回は、割と広い範囲の人向けの記事を目指します。殆ど全てのPMPが対象となるでしょう。前回からの続きです。

●PDUsあたり、いくらなのか?
 資格取得までは会社が支援してくれるけど、維持は自分で、という方。個人事業の方。1PDU獲得にいくらかかるのか?は、非常に気になるところです。
 あるいは法人の教育担当の方も、3年60PDUs獲得全体で、いくらかかるのか?というのは、課題になっているかもしれません。

 このPDUあたりの金額というのは、本連載の根本的なテーマですが、ここで、必ず同時に考えて欲しい事があります。それは、

 【本当に自分に必要なセミナーなのかどうか?】

です。PMPとしてセミナーに出席する事の意味は、自分と周囲の行動を変える何かを掴むこと、です。「へぇ〜」で終わってしまう程度ではダメです。

例えば2日間、12PDUs、\12,000は安い!かもしれません。しかし、2日間を通じて、自分の行動をかえる何かを掴めないのであれば、それは、自分にとって必要なセミナーではなかった、ということになります。家でドラッカーでも読んでいたほうが、マシ、ということになります。

そうでなくとも、前回お話しした通り、「将来の、理想的な自分の姿」からの現時点への逆算において、意味がなければ、意味がないのです。全ての行動は、将来の理想的な自分の姿を原点にすべきです。

でも、本を読んでいるだけではPDUsの獲得にならないではないか!という方。もちろん読んだだけではどうしようもなりませんが、しかし、PDUsの獲得につなげることはできます。

●Cat.2 Self-Directed Learning Activities(以下、2-SDL)
CCRサイクルあたり最大15PDUsまで獲得可能という制限がありますが、「自己学習」1時間あたり1PDUを獲得できます。しかし、ダラダラと本を読めば良いのか?というと、そういうわけではありません。

まず、目的を決めます。その目的によって、自分のプロジェクトマネジメント力を高まるのか、明確にします。そのためには、自分のプロジェクトマネジメントコンピテンシーに対する分析が必要になります。基準はやはり、「将来の、理想的な自分の姿」です。なるべく具体的に、達成すべき目標を定義します。

次に、目的を達成するための活動を定義します。2-SDLは本を読むだけではなく、様々なドキュメントや教材の視聴、同僚、クライアント、専門家とのディスカッションやコーチングセッションなども申請可能です。広い意味での自己学習活動が申請に使うことができます。

PMIは、この2-SDLについて、CCRハンドブックに、詳細な、申請フォームを準備しています。上記、目的と活動(活動時間)は、申請フォームに記述すべき事柄です。

さて、具体的に行きましょう。目的を【コストコントロールの精度向上のための粒度設定のための、プロジェクトに対する原価管理適用の検討】などとします。

活動としては、
 社内PMOに所属するコストコントロールの専門家とのディスカッション1時間
 スポンサーとのネットワーキングによるディスカッション1時間
 経理部の同僚とのディスカッション1時間
 原価管理入門通読6時間
 現状分析と資料作成6時間
のようになります。

割と簡単に、費用は書籍代ということになりますが、経理部の同僚から借りれば、0円、です。

 どうでしょう?2-SDLは、極めて安価かつ、意味のあるPDUs習得が可能なのです。目的も自分で定義していますから、最もコストパフォーマンスの高いPDUsの獲得、ということになるのではないでしょうか?

著者紹介

野村 隆昌

有限会社システムマネジメントアンドコントロール 取締役 社長
1993年 秋田大学鉱山学部卒業後、大手ゼネコンに入社
プロジェクトマネジメントを軸に、新規事業のコンサルティング、事業撤退のコンサルティング、PMP試験対策関連のセミナーを提供。現在の興味は、「個人が個人に変化を起こす」こと、「人間の行動」、「脳の機能」。
PMP (米国PMI 認定プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、PM養成マガジン購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは