本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

【PMOコラム45】個人的関係のカレンシー(2008.02.18)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆PMOのカレンシーのポイント「個人的関係」

前回、ひとつだけカレンシーの種類を残して終わっている。最後のカレンシーは、個人的な関係に関するものだ。このカレンシーについては、コーエン&ブラッドフォードモデルでは、

感謝、当事者意識/参画意識、自己意識、安楽さ

などがあるとされている。PMOがプロジェクトマネジャーに提供できるカレンシーとしてこのカレンシーが最大のポイントになるように思う。


◆PMOには当事者意識が必要

PMOとプロジェクトマネジャーの間の関係がうまくいかない理由というのは、いろいろあるが、諸般の事情を乗り越えてよい関係を築くために一つだけ何かをするとすれば、プロジェクトの当事者意識、あるいは、プロジェクトに対する参加意識だと思う。

この点は、コンサルティングなどで機会あるごとに指摘している。しかし、いわゆる大企業でPMOにこの点を指摘すると、「役割分担」という言葉が返ってくる。つまり、自分たちはすべてのプロジェクト(マネジャー)を相手に支援業務を行っているのだから、特定のプロジェクトに深くかかわっていると自分たちの役割が果たせなくなるという反論をする人が多い。

これはある意味で妥当な言い分だと思うが、当事者意識を持たずに行う支援が本当に有効なのだろうかという疑問は残る。


◆当事者意識とは何か

たとえば、しばしば問題になる計画書を作成するタイミングなどがそうだ。顧客との関係の整理がごちゃごちゃして、計画書を書く時間がない。このときにどうするか?優等生的な対応はたとえばこうだ。

レギュレーション上も計画書はいずれつくらなくてはならないし、計画書がないと支援できない。また、プロジェクトもうまくコントロールできないだろう。だから、顧客に理解を得て、先に作ろう。顧客への説明はそちらで頼む。こちらは計画のベースデータの収集や、社内関係先の調整はする。一緒に頑張ろう。

当事者意識のある行動とは、逆の立場になったときに、自分が受け入れられる行動である。実はこの上の話は、SI企業のPMOのコンサルティングの中で実際に近い話があったのだが、詳しいことは書けないが、とてもではないが受け入れられない状況だった。


◆当事者意識は目的の共有に始まる

なぜ、こんな話になるかというと、プロジェクトマネジャーとの間でプロジェクト目的の共有ができていないのだ。プロジェクトマネジャーやプロジェクトスポンサーが何のためにこのプロジェクトをやろうとしているかわからないのだ。この事例は事情があって随意契約で受注した案件で、プロジェクト実施には先方の組織の特別な要件が絡み、それを配慮したプロジェクトの進行が不可欠だった。極論すれば、システムを収めても、先方の業務運営の要件をクリアできなければ、やらないに等しい状況だったのだが、PMOはそれを理解していなかった。

さらに、ややこしかったのは、プロジェクトの上位組織とPMOは組織的に同等な権限を持っていたことだったが、そのようなケースは余計に目的の共有が重要になる。


◆できるPMOスタッフの特徴

著者の会社はPMOのスタッフ育成というちょっと変わった事業をしていることもあって、今まで多くのPMOスタッフとお付き合いをしてきたが、プロジェクトマネジャーから信頼されているPMOスタッフは実は現場の見方をしてくれる人ではなく、当事者としてプロジェクトのことを考えてくれる人だ。

一緒にやろうというのは簡単だし、多くのPMOスタッフがこの言葉を口にする。しかし、実際に一緒にやっている、つまり、当事者意識を持っているPMOスタッフは10人に1人もいないだろう。

このカレンシーがない限り、プロジェクトマネジャーとの信頼関係の構築は難しいことを肝に銘じておく必要がある。


◆顧客(ステークホルダー)に関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ステークホルダーマネジメント〜相手の世界を理解し、信頼関係を築く◆7PDU's
  日時・場所:【東京】2017年12月12日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
           ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 07月 03日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
           大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(株式会社プロジェクトマネジメントオフィス,PMP,PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/stake20.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【カリキュラム】
1.ステークホルダーマネジメントとは何か
2.ステークホルダー分析の手法
3.ステークホルダーの期待をマネジメントする
4.ステークホルダーのプロジェクトへの協力を得る
5.ステークホルダーと交渉する
6.ステークホルダーマネジメントを計画する
7.ケース
 ・顧客とのよい関係を作る
 ・上位組織を動かす
 ・チームを結束させる
8.ステークホルダーマネジメントの難しさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは