本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

開催決定セミナー

顧客の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第38回 プロジェクトマネジャーを育てる(6)〜望まれるメンター像(2007.06.11)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆メンター像の前提

前回はメンタリングには

 ・人材育成を第一義とする
 ・プロジェクトマネジメントの技術支援を第一義とする

の2つのケースが考えられ、まず、ここを明確にしていかないと中途半端なものに終わってしまうという話をした。

第37回 プロジェクトマネジメントにおけるメンタリングの位置づけ

ただし、これらは、どちらかだけということではない。

人材育成を第一義だとしても、当然メンターにプロジェクト成功のためのプロジェクトマネジャーの指導という期待は大きい。逆に、プロジェクトマネジメント技術の支援を第一義としても、プロジェクトが成功すればよいという話ではない。

今回は、それぞれの目的に応じて、どのようなメンターが必要かを考えてみたい。

まず、最初にはっきりさせておきたいのは、既に述べたように、メンターというのは2つの専門性を持ったπ型人材であるということだ。ひとつの専門性は、いうまでもなく、プロジェクトマネジメントに関する専門性である。もうひとつの専門性は人材育成、あるいはメンタリングそのものに対する専門性である。この両方が必要である。


◆人材育成第一の場合にはスポンサーシップが重要

その上で、単純化すれば、人材育成が第一義の場合にはプロジェクトの場合には、ひと言でいえば、スポンサーシップに富んだ人材がメンターになることが望まれる。

第36回 メンタリングとは

で述べたが、プロジェクトマネジャーにおけるメンタリングでは、

・スポンサーシップ
・調整と保護
・チャレンジ
・ロールモデル
・受容と確認
・カウンセリング
・友好

のあたりの支援が重要になると思われる。特に、最近、プロジェクトの制約条件が厳しくなる中でプロジェクトマネジャーが苦労しているケースが多いが、そのような傾向を考えると特に、心理・社会的機能(上の項目の後ろ4つ)の重要性が高まっていると認識される。


◆プロジェクトマネジメント技術支援が第一ならコーチングが重要

次にプロジェクトマネジメントの技術支援を第一義とする場合には、

・育成とコーチング
・調整と保護
・ロールモデル

の3項目が圧倒的に重要である。本当にそのようなメンターが確保できるかどうかという現実を考えずに単純に言えば、メンティから尊敬される人が、コーチングを中心にプロジェクトマネジャーを指導し、同時に、プロジェクトスポンサーを動かして、プロジェクト環境を整えていくことができる人材が望ましい。


◆プロジェクトスポンサーに注目しよう

メンタリングをよく、ナナメの上司関係だという人がいる。つまり、プロジェクトマネジャーの人事権を持たない人が、フランクにプロジェクトマネジャーのメンタリングを実施していく。これが基本である。従って、現役のプロジェクトマネジャーよりは、第一線を離れた「できた」プロジェクトマネジャーを当てる傾向が見られるようになってきた。

しかし、複雑なプロジェクト環境の中で、こんなやり方で本当に役に立つかという議論がある。人材育成はある程度可能かもしれないが、率直に言えば、プロジェクトマネジメントの技術支援は難しいだろう。

この議論の中でひとつ抜けている視点は、プロジェクトスポンサーの存在である。プロジェクトの推進体制にもよるのだが、プロジェクトスポンサーの指導は本来、ラインとしての指導ではない。変な言い方であるが、プロジェクトスポンサーとして指導である。

実は、日本組織の中で、抜け落ちている視点はロールの視点である。ひと=ロールだと考えている人がまだ多い。だから、話がややこしくなる。

メンタリングを人事考課者(組織マネジャー、ラインマネジャー)のロールでやってもうまく行かない。これは間違いない。しかし、同じ人が、「プロジェクトスポンサー」というロールでやれば、これほど有効な方法はないだろう。

これをやろうとすると整理すべき点も覆いが、ここがプロジェクトスポンサーシップの問題として、今後、考えていかなくてはならない課題であることは間違いない。

また、メンタリングがすべての方法かどうかは分からないが、リーダーシップやコンピテンシーを持ったプロジェクトマネジャーがなかなか育たない原因のひとつは明らかに、スポンサーの指導不足にある。

プロジェクトスポンサーがメンターをやることによって、この問題の本質的解決になることが期待される。

◆関連するセミナーを開催します◆
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マネジャーのためのプロジェクト管理講座
   〜プロジェクトを通じて部門の将来を創る       ◆7PDU's 
  日時・場所:【東京】2017年 04月 18日(火)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 05月 10日(水)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】
   1.マネジャーからみたプロジェクト活動の位置づけ
   2.プロジェクトに対するマネジャーの役割と責任
   3.組織の方針をプロジェクトにより実現する
   4.管理下のすべてのプロジェクトを成功させるために
   5.現在の成果を上げながら、将来への投資をする
   6.プロジェクトに適した人材育成と風土づくり
   7.プロジェクトスポンサーシップを身につける
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

顧客の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは