本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

PMO研修 開催決定セミナー

お客様の声  セミナーカレンダー

(本社)0774-28-2087 (携帯)080-2441-0805

第36回 プロジェクトマネジャーを育てる(4)〜メンタリングとは(2007.05.28)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆メンタリング豆知識

メンタリングはギリシャの詩人ホメロスの書いた叙事詩『オデュッセイア』に登場する老賢人「メントル」からきた言葉だといわれている。オデュッセイア王が終わりのない旅に出るにあたって、オデュッセイア王の親友メントルは、王の息子テレマコスの教育を任された。メントルは、信頼できるよき理解者・指導者・支援者としてテレコマスを立派に育て上げたことに由来していると言われている。

これに由来し、メンターは、賢明な人、信頼のおける助言者、師匠などで、一般には「成熟した年長者」をさす言葉として使わる。また、支援される側をメンティと呼ぶ。

ここで、ちょっと面白い話しがある。実際に物語に登場するメントルは、女神アテナがテレマコスの苦境で彼を導く為に姿を変えた少々役立たずの老人である。なぜ、これが上のような語源になったのかは興味深い。このあたりに、メンタリングの本質があるのではないだろうか?


◆マネジメントにおけるメンタリング

さて、マネジメントの中でのメンタリングは「個」を対象とした人材育成法として注目されている。仕事に直接関わる知識やスキルを指導するだけでなく、広い意味でメンティを支援し、メンティは仕事面でも生活面でも充実し、成長し、高い成果を出せるようになるという発想がある。

ここでポイントになるのは、『オデュッセイア』の由来にあるように、育てたのが実の親ではなく、その親友だったという点。一般的な組織では、ラインマネジャーは親的な役割を果たすが、一方で、人事権を持つために、育成される側はどうしても依存的関係になってしまう。この問題を排除できると期待されているのがメンタリングである。

それゆえに、企業における戦略実行のためのコア人材の育成・確保の手段として期待されている。

プロジェクトマネジメントにおいては、前回、述べたように、プロジェクトスポンサーがその役割を果たすべきであるが、この部分が若干、混乱している。これについては後述するとして、その前にメンタリングモデルの話をしておこう。

メンタリング・モデルはアメリカの心理学者E.K.クラムが1980年代に体系的に整理した役割モデルのひとつである。クラムはメンタリング行動を「キャリア的機能」と「心理・社会的機能」に分類した。以下にクラムのモデルを示す。

●キャリア的機能

キャリア的機能は、メンティのキャリア開発を目的とする機能であり、以下の6つの機能が含まれる。

・ビジョニング
メンタリングのゴールを明確にして、メンターとメンティが協働でビジョンを描く。

・スポンサーシップ
メンティーが社内や職場の望ましい仕事やプロジェクトに参加できるように支援する行動。

・推薦とアピール
メンティーの将来のキャリア発達の機会を向上するような仕事に推薦したり、上司にメンティーの日頃の仕事ぶりを報告したりしながら、必要に応じて上層部の人にアピールする行動

・育成とコーチング
メンターとメンティーの間で、仕事に関する知識・アイデアや情報を共有するとともに、メンティーに仕事の結果についてのフィードバックを与え、仕事の目標を達成するための戦略や手法を提案する行動

・調整と保護
メンティーを困らせている人々から守ったり、大きな失敗をしないように心配りをしたりして、メンティーの評判を脅かすような不必要なリスクを削減し、このようなリスクから守るための行動

・チャレンジ
ワンランク上の仕事をさせたり、新しい知識や技能を学ぶことができる仕事を与えたり、その仕事に取り組んだ結果や評価を伝えたりして、仕事における挑戦性を向上させる行動


●心理・社会的機能

・ロールモデル
メンティーが信頼してくれるような人物になるように、またメンティーにとって必要となる適切かつふさわしい態度や価値観を身につけさせるために必要に応じてメンターがモデルを示す行動

・受容と確認
メンティーの良いところを認めたり、共に生き、共に働く仲間として認めたりして、メンターがメンティーを一個人として尊重し、メンティーに対して無条件に肯定的な関心をもっていることを伝える行動

・カウンセリング
メンティーの精神的、心理的ストレスを軽減するために、メンティーが働く上で直面する様々な心配事や悩み事を、メンターに対してオープンに語ることができるような場や機会を提供する働きをする行動

・友好
上司と部下や、先輩と後輩といった権力や命令系統による公式的な関係ではなく、むしろ仕事上で出会ったメンターとメンティーとの間に友情や信頼に基づく相互関係を築くように働きかける行動


◆メンタリングには決まったやり方がある

今回は、豆知識だけで終わってしまった(笑)。これだけではひどいので、ちょっと長くなるが、多少、話を前に進めておく。

日本企業の中ではメンタリングは包括的な支援として捉えられることが多い。上のクラムの定義したロールモデルを見ると、確かにそういう感じである。ただ、同時に言えることは

 ある程度、流儀、作法のあるものであり、属人的に行われるものではない

ことだ。つまり、メンタリングをうまく行うためには、メンターのスキルがポイントになる。今回はここまでにする。

◆関連するセミナーを開催します◆
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マネジャーのためのプロジェクト管理講座
   〜プロジェクトを通じて部門の将来を創る       ◆7PDU's 
  日時・場所:【東京】2017年 10月 16日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 11月 16日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】
   1.マネジャーからみたプロジェクト活動の位置づけ
   2.プロジェクトに対するマネジャーの役割と責任
   3.組織の方針をプロジェクトにより実現する
   4.管理下のすべてのプロジェクトを成功させるために
   5.現在の成果を上げながら、将来への投資をする
   6.プロジェクトに適した人材育成と風土づくり
   7.プロジェクトスポンサーシップを身につける
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは