本文へスキップ

イノベーション実践、コンセプチュアルスキル、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、PMOについての最先端の情報、研修、セミナー、コンサルティングをお届けします。

第34回 プロジェクトマネジャーを育てる(2)(2007.03.26)

プロジェクトマネジメントオフィス 好川 哲人


◆はじめに

前回はとっかかりとして、プロジェクトマネジャーの育成にはプロジェクトスポンサーのコミットメントが不可欠であり、プロジェクトマネジメントの制度の中にそれを明確な形で入れるべきだという話をした。

第33回 プロジェクトマネジャーを育てる(1)

◆人材に関するラインとプロジェクトの役割分担

今回は、少し、違う視点からこの問題を考えてみる。マトリクス組織によるプロジェクトの運用のステレオタイプに

 縦串(ライン):人材育成、キャリアマネジメント
 横串(プロジェクト):人材活用

というのがある。つまり、ラインが日常業務を通じて人材を育成し、特別な業務であるプロジェクトに供給するというモデルである。ところが最近はこの図式が非常に書きにくくなっている。


◆ある編集長の話

話は変わる。先日、ある出版社の出版マネジャーの方と会食をしたときに

書籍が売れなくなってきているのでとにかく点数を出して売り上げを稼ぐしかない。そのためには従来以上の数の編集者が必要なのだが、儲かっていないので人は増やせない。結局、一人が月1冊とか、10年前だと信じられないようなペースで編集を担当している。一方で、どこの出版社も利益の源泉になっているのは、「一本被り」になっているベストセラーだ。ベストセラーを作るにはコンテンツだけではだめで、コンテクスト(事業的な仕掛けといったような意味)が必要。これは決してビギナーズラックのような偶発的なものではできない。このように整理すると、利益を上げるには人材育成が必要なのだが、月1冊、カストリ本を作らせていたのではとっても育成はできない。何か、よい知恵はないだろうか?

という相談を受けた(カストリ本というのはこの編集長の表現をそのまま引用しています。書籍を上梓されている読者の方がいらっしゃれば申し訳ありません。決して悪意はありません)。


◆多様化と一本被りが求めるもの

この問題は出版業界だけの問題かというと決してそんなことはない。業界によって背景は異なるが、この多様化と一本被りという現象が起っている業界は多い。たとえば、ドラッグストアにいくと昔よりはるかに多くの薬が並んでいる。日雑ではライフサイクルが短くなって、ラインナップが増えていっている。家電ではニーズが多様化し、ラインナップが増えている。商品数が増えれば、多くの開発リーダーの数が必要になる。

消費財がどのような動向になれば、設備投資は小口化し、回数を重ねる傾向が出てくる。その傾向が顕著なのが、IT投資だ。投資は小口化し、分散化している。このため、SI企業では、以前と較べて多数のプロジェクトマネジャーが必要になっている。収益的にはこのような小さなプロジェクトを如何に効率よく行い、利益を積み上げていく必要がある半面で、数十億の規模のプロジェクトを確実に実施しなくてはトータルの利益が出ない現実もある。

これは、出版業界の構造とまったく同じだ。


◆あるSI企業の話

さて話が大きく脱線してしまったが、このような経営環境の中では、ラインが人を育て、プロジェクトが使うという構図は、プロジェクトマネジャー、エンジニアとも難しくなってきている。以前、ある中堅SI企業は、3年間プロジェクトでプロジェクトマネジメントをすると、2年間、ラインでプログラムマネジメントをするような仕組みを作っていたが、プロジェクトマネジャー数の不足でこの仕組みが崩壊してしまった。結果として、組織としてはプログラムマネジメントの部分に十分な人材を当てることができず、また、プロジェクトの成功率も下がった。

ある意味で、請負企業の悲哀のような話であるが、この中で、如何に人を育てるかというのは比較的一般的な課題だといえる。脱線が長くなってしまったので、今回はこれで終わりにし、続きは次回にしたい。

◆関連するセミナーを開催します◆
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マネジャーのためのプロジェクト管理講座
   〜プロジェクトを通じて部門の将来を創る       ◆7PDU's 
  日時・場所:【東京】2017年 10月 16日(月)10:00-18:00(9:40受付開始)
            ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
        【大阪】2017年 11月 16日(木)10:00-18:00(9:40受付開始)
            大阪市中央公会堂(大阪市北区)
  講師:鈴木道代(プロジェクトマネジメントオフィス、PMP、PMS)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/pm_managers.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス、共催:PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】
   1.マネジャーからみたプロジェクト活動の位置づけ
   2.プロジェクトに対するマネジャーの役割と責任
   3.組織の方針をプロジェクトにより実現する
   4.管理下のすべてのプロジェクトを成功させるために
   5.現在の成果を上げながら、将来への投資をする
   6.プロジェクトに適した人材育成と風土づくり
   7.プロジェクトスポンサーシップを身につける
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

著者紹介

好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
15年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介

本連載は終了していますが、プロジェクト&イノベーション購読にて、最新の関連記事を読むことができます。

コンサルティングメニュー紹介

PMOコンサルティング、PMOアウトソーシングサービス、人材マネジメントサービスなど、御社に最適のコンサルティングをご提案させていただきます。まずは、お問合せください。

コンセプチュアルスキル診断

サイト内検索

お薦めする書籍

メルマガ購読

公開セミナー(カテゴリー別)
日付順  カレンダ

お客様の声(掲載をご許可いただいた受講者の方のアンケート結果)

すべてのセミナーが企業研修に対応できます。お問合せください。

ブログ

PMstyleプロデューサー

プロジェクト・イニシアチブ

Facebook

Facebook

Twitter

PMコンピテンシーとは